bg
HOME » 必要書類

中古車売却時に必要な書類と売却の流れ

中古車を売却したいと思っても、どこにお願いするか、必要な書類はどのくらいあるのか。不安なことばかりです。ディーラーに足元を見られやしないか、販売店では安く買い取られるのではないかといった不安も募ってきます。 しかし、中古車を専門としたネット上のサービスを利用することでこのような心配は打ち消されていきます。ここでは、「中古車を売却するときに必要な書類と売却までの流れや、売却する時期について」紹介していきます。自分の愛車が安く買い取られてしまうことのないよう、ネット上のサービスを有効活用して有意義なカーライフを楽しみましょう。

住民票は中古車売却時には必須!

車を売却する際、なぜ住民票が必要なのでしょうか。 先に回答してしまうと、基本的に住民票は必要ありません。しかし、なぜ住民票が必要といわれているのでしょうか。その理由とは、「売却をする本人の住所と氏名の確認をするため」です。車の売却時に本人の住所や名前を確認するには「印鑑証明」のみでも十分に足りるのです。しかし、車のような動産を取引する際に本人確認の意味を込めて住民票が必要になってくるのです。また、「車検証に記載の住所と名前が印鑑証明の従者や名前と異なっている場合」住民票は必須になってきます。つまり、引っ越しをした後に住所変更をした場合住民票が必須となってくるのです。

軽自動車の中古車売却時は何か変わる?

軽自動車の場合に必要な書類は以下のように変わってきます。

  • 車検証
  • 自動車納税証明書
  • リサイクル券
  • 自動車検査記入申請書(使用者の押印または署名が必要です)

普通自動車と必要な書類が異なってくるので、十分注意して書類を用意しましょう。特に、「軽自動車の場合必要な書類に自動車検査記入申請書があります」が、この書類には使用者の押印または署名が必要なので、記入漏れの内容に十分に注意しましょう。

印鑑証明も中古車売却には必要

印鑑の所有者が本人であることを証明する書類です。この書類は名義変更時に使用します。個人の場合は市区町村で、法人の場合は法務局で印鑑登録をすると取得することが可能です。 「中古車を売却する際に必要」ですから、忘れずに取得するようにしましょう。

中古車売却に必要なもの一覧

さまざまなパターンで見ていきましょう。

  • 査定に出すだけの場合に必要な書類
    車検証(もし、紛失してしまった場合は運輸支局にて再交付してもらってください。 再交付の方法は後で記述します)
  • 契約時に必要な書類
    車検証
    自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)
    印鑑証明書
    実印
    自動車納税証明書
    委任状
    譲渡証明書
    リサイクル券
  • その他該当する場合
    車検証域際の住所と現住所が違う場合
    住民票
    住所変更が複数回ある場合
    住民票の除票または戸籍の附票
    結婚などで姓が変更になっている場合
    戸籍謄本

このように自分が該当する場合に必要な書類が異なってきますので、チェックしながら「書類の整備漏れや記入漏れがないよう注意」しましょう。中古車の売却が完全に終了するまで、書類のチェックを忘れずに行いましょう。

実際の中古車売却の流れ

それでは、実際に車を「売却する場合の流れ」について紹介していきましょう。

  • 車の売却のみの場合
    ネットの無料買い取り一括査定を利用する。最低でも3社以上に査定を依頼する。一番高い金額を提示した会社に依頼する。
  • 新車に乗り換える場合
    購入する新車を決める。ネットの無料買い取り一括査定を利用する。ある程度の愛車の相場を知ったうえで、ディーラーと交渉する。下取りと買い取り価格を比較し高く提示した方に依頼する。
  • 中古車に乗り換える場合
    購入する中古車を決める。ネットの無料買い取り一括査定を利用する。ある程度の愛車の相場を知ったうえで購入する販売店と交渉する。下取り価格と買い取り価格を比較し高いほうに依頼する。
  • 友人や親族から譲り受ける場合
    名義変更の手続きをする。ネットの無料買い取り一括査定を利用する。最低でも3社以上に査定を依頼する。一番査定価格が高い会社に依頼する。

このように中古車の売却方法によって、方法が異なります。自分がどの方法で中古車を売却したいのか十分に把握したうえで、売却の流れを意識して売却方法を選択するようにしましょう。

前述したとおり、新車に乗り換える場合には、下取りに出すか、買い取りをしてもらうか悩むところですが、場合によっては、下取りに出すより買い取り専門の会社にお願いした方が高値で買い取ってもらえることがありますので、新車に乗り換える場合は、下取り価格と買い取り価格の双方で価格を出してもらい比較検討することも必要です。

このように、「新車に乗り換えるので、下取り価格を出してもらうだけではなく買い取り専門店にも

相談してみるという手間をかけることで、中古車の買い取り価格が高くなる可能性がある」ので、

比較検討をする事を強くお勧めします。

特に、査定をしてもらうときには、ネットの無料買い取り一括査定しっかりと利用して、最低3社以上に査定を依頼し、最高値で買い取ってもらえる会社に買い取りを依頼するようにしましょう。中古車を高く買い取ってもらうためには手間をかけることも必要なのかもしれません。