猫はダイエットが苦手!?オススメのダイエットフード5選!

猫は肥満体型になってしまうと、なかなか元に戻すことが困難になってしまいます。飼い主さんが日々、接していて何となく太ってきたかも?と感じる時がダイエットのはじめ時だと知っておいてください。今回は猫のダイエット向けのキャットフード情報をまとめてみましたので参考にしてみてください。

猫の肥満はどのようにチェックする?

飼い主さんが簡単に、猫の体型をチェックする方法があります。まずは猫を真上から観察してみてください。あまりにも痩せすぎている猫はウエスト部分にくびれが、くっきりとできていますその上、胸骨がゴツゴツとした感じになっているのがわかります。これがやせ気味、もしくはやせ過ぎの猫ろ

太っているとウエスト部分は全く感知できずおなか回りもポッテリとした感じになります。酷く太ってしまうとお腹が歩くたびに揺れるような感じになってしまいます。ここまでの肥満体型になる前に飼い主さんが気づいてあげることが何よりも肝心なのです。

やせ過ぎている場合には栄養を見直す

肋骨が浮き出ているような場合には、かなりのやせ過ぎということになります。その上、真横から観察すると骨の凸凹がはっきりとわかるような場合にも、栄養不良を疑います。お腹が薄いというのは、標準体型よりもやせている場合の状態です。要注意です。

太っている場合には触ってもわかりにくい

肋骨に触れないという時点で、かなり皮下脂肪が溜まっていると判断できます。お腹が垂れ下がってくると、ますます肥満傾向が強まっている証拠です。樽のような体型になる前にダイエットを始めるべきでしょう。

猫はダイエットを始める前に対策を行うべき!

猫は子猫時代から1年をかけて大人の猫までの体型に駆け足で成長するものです。つまり1歳時の体格や体重が適正体重の目安になるのです。ここを覚えておくと、適正体重に迷うことはなくなります。1歳時の愛猫のスタイルはまだ脂肪もついておらず、すっきりとしているはずです。ここを理想形としてください。適正体重を定めた状態で、そこから無駄な脂肪がつき始めると肥満に近づいてしまいます。

1歳時点の体重から10%も体重が増加している場合には、すでに肥満予備軍だと思っておください。いわゆる肥満猫になってからはダイエットがかなり大変であることも、事前にしっておくと食生活などにも事前の配慮が出来るのです。 こまめに体型チェックをして獣医さんにも健診の折には、体格チェックをしてもらってください。そこで、肥満体型がその予備軍なのかを判断してもらい早めの対策を練る他ありません。

飼い主さんが肥満への危機感を持つこと

猫にダイエットをさせないといけない!という状況になったときには、真っ先に飼い主の意識を変える必要があります。何よりも愛猫が肥満になることでどのような健康リスクが高まるのかを冷静に知ることが大切です。一緒に住んでいる家族にも共通の認識をしてもらえるようにしてください。せっかくダイエットフードに切り替えて努力をしようとしていても、おやつを与えてしまう家族が居るのは本末転倒です。

〇過剰な体重のために関節に負担がかかりやすくなる
〇太り始めると身が重くなり動きづらくなる
〇体重が急激に増加することで糖尿病にかかりやすくなる
〇心臓への負担が急激に増える
〇尿路感染症にかかりやすくなる

これらの危機感を家族全員で共通の認識として掲げておく必要があります。猫の健康のためにできることを一つずつ行うことは一つの愛情表現です。

可愛いからこそ制限をする必要がある

可愛く甘えてくる姿に根負けして、ついついおやつを与えてしまうのは飼い主さんであれば仕方のないことです。それでも、健康リスクを高めてしまうきっかけになることを強く認識すれば、控えるようにもなれるはずです。結果的に、飼い主の方が適正体重への認識を強く持つことで、愛猫を肥満が原因でかかりやすくなり病気から救えることにもなるのです。このあたりの認識をしっかりと持ち合わせることで、未然に防げる病気も多いのです。そこを強く認識すれば愛猫のダイエットの必要性についても新たな決意を持てるようになるのです。

肥満になったらまずはキャットフードでダイエット

猫は油断をするとついつい食べ過ぎる傾向があります。猫の食欲に任せて際限なくキャットフードを与え続けると、すぐに肥満になります。食事制限ほど辛いものはありません。いくら肥満傾向があるからといって、急に大幅な食事制限を行うことは、体調を崩すきっかけにもなります。それよりもダイエット用に特化したキャットフードに変えるなど、飼い主さんとしてもいろいろと工夫をしてみてください。

一番大切なことは、正しい給餌量を守るということです。それ以上のキャットフードを与えることは必ず肥満を招くきっかけになります。無理な制限をしても、猫に何のダイエット意識もないわけですので、効果を得ることは困難なのです。

猫が運動するためには、自然に動ける環境を作ることが大切

自宅の中にも運動量が自然に増えるような簡単なアクティビティを準備するなど工夫をしてあげてください。猫はトンネル遊びが大好きです。猫用のトンネルおもちゃなども、ペットショップで探すことができますので、肥満かな?と思う前に自宅でも気軽に遊べるグッズを早めに用意しておくとなにかと便利です。 猫が効率よくダイエットをするための運動でオススメなのは上下に移動しながら行う運動です。キャットタワーを準備して、自由に上下運動が行える環境を与えてあげましょう。そうすると猫は本能に従って日々、スムーズな運動ができるようになるのです。

オススメのダイエットキャットフード5選

ダイエットフードを選ぶ前にまずは基本的な知識をしっかりと確認をしておいてください。猫のダイエットフードに必要なものは低脂肪で低カロリーであることが第一です。そして低炭水化物で体重管理機能があるキャットフードを選ぶようにしてください。その中でも評判の良いキャットフードをご紹介します。

ナチュラルバランスキャットフード

原材料はチキンの乾燥肉です。タンパク質と脂肪をダイエット用にバランスよく配合しています。美味しくそして体重管理も兼ねているキャットフードとしては優秀な商品です。100グラムあたり309キロカロリーです。

モグニャン

猫に必要な高たんぱく質配合で低脂肪を実現させてキャットフードです。栄養バランスが良いので食べながら効率よく痩せることが実現できるキャットフードです。グレインフリーであることも、愛猫のために良いフードと言えます。100グラムあたり354キロカロリーです。

ナウフレッシュ

主原料が七面鳥になっていて食いつきの良さが評判のキャットフードです。肥満猫のために配合されたココナツ油やタンパク質や脂質のバランス配合で、適正な体重管理に役立ちます。100グラムあたり357キロカロリーです。

シンプリ―

主原料がお魚重視という猫には最適のダイエットフードです。100グラム当たりの380カロリーです。

ナチュラルチョイス

価格がとても財布に優しいのが評判のキャットフードです。嗜好性と消化性が高く最初に試してみたいダイエットフードです。主原料はサーモン、ダックの2種類から選べます。100グラムあたり380キロカロリーです。

まとめ

猫がダイエットフードを食べることでストレスを感じるようでは何の意味もありません。それよりも、美味しく健全な体調管理を行いながら体重も減量できることが一番の目標です。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です