猫には穀物フリーキャットフードが合っている?オススメ4選!

最近のキャットフードには「グレインフリー」という表記のあるものが増えてきました。これは穀類を使っていないという目印になります。では猫にとって穀類はどのような影響を及ぼすのでしょうか?今回は穀物不使用のキャットフードについての情報をあつめてみました。

穀物フリーキャットフードとは?

穀類によってアレルギー反応を起こす猫が近年増えているようです。そこで小麦アレルギーなどを最小限に留めるためにも、穀類を含まないキャットフードの開発が各メーカーで進んでいます。猫にとって穀類は消化吸収の際に、困難な素材です。それを考え合わせるとキャットフードの中に含まれていない方が、より栄養を吸収しやすく大腸が短く、盲腸もほとんどない猫には安全というのが、穀類不使用のキャットフードの考え方です。

穀類というのは、キャットフードに使われやすい素材としては小麦、大麦、米、玄米そしてトウモロコシを指します。結構このような素材を含んでいるキャッツとフードは多いのです。あえてそこを排除してグレインフリーのキャットフードを選ぶことには大きな意味があるのです。猫側の消化吸収を最優先したときには、穀類が使われていない方が安全とも言えるわけです。

どうして穀類をキャットフードに使うのか?

穀類には豊富な食物繊維が含まれています。つまり腸内環境を常に良い状態にするためには、食物繊維を摂取する方が良い、という考え方に基づいているのです。猫は毛玉を食べるという習性を持っています。これを便に排出させるためにも、食物繊維は欠かせないものということが理由の一つです。

もう一つは、穀類の原材料のコストはかなり低く安定してコスパの良いキャットフードを製造できるという利点に目を付けたからです。穀類を多く含んでいるキャットフードが作られる背景にはこの事情がありました。あくまでも人間側の利益を追求した結果の製造方法です。猫の体のことを本当に考えるのであれば、穀類は不必要なのでは?という究極の考え方を支持する飼い主さんも最近は増えてきました。

猫は穀物を消化するのが苦手

穀類が含まれているキャットフードを与えるときに、一番の心配は穀類をうまく消化できるのかどうか?という点になります。それならば、あえて消化が困難な穀類を使わないキャットフードの方が安全と言えるのではないでしょうか?食物繊維はイモ類などでも十分に補えるからです。穀類を消化することが苦手な猫にとって、グレインフリーのキャットフードは体に優しいものです。

その上、アレルギー反応を起こしにくいという利点もあります。これらを優先して考えるとあえて穀類を使っているキャットフードには魅力を感じなくなるのは当たり前のことなのです。

安い穀物フリーのキャットフードに注意

安価な原材料を使うことでコスパの良いキャットフードを製造できるということがあります。そこで、ホームセンターなどで販売されているキャットフードを気軽に購入してしまう飼い主さんもいるのです。ただ、穀類には糖質が多く含まれているという懸念があります。つまり猫にも多い糖尿病の発症リスクを高めてしまうという報告もあるのです。その上、室内で過ごす猫の場合には、肥満傾向になりやすい場合もあります。

穀類の多いキャットフードを食べ続けていると、消化器官に徐々に負担がかかり始めます。炭水化物をエネルギーに代えられない体質があるからです。猫の体の構造上、穀類は決してプラスにならないことを最初から飼い主さんの知識として持ち合わせていることで、選ばずに済むという場合もあるのです。

価格の安い業務用キャットフードの落とし穴とは?

業務用のキャットフードは当然のことながら穀類を多く含んでいるものがほとんどです。価格帯にしても、1キロあたり1000円程度のコストで購入することが可能です。そもそも、安価なキャットフードの場合には大袋に入って販売されていることがほとんどです。つまり、普通の家庭猫に与える場合には、すぐに酸化してしまい賞味期限が近づいてしまうという懸念もあります。

消化器官の弱い猫にとって、穀類を多く使っているキャットフードは体の負担を増やすばかりです。一度でも下痢を起こすような場合には即座に、グレインフリーのキャットフードに変更するなど飼い主側の配慮が必要になります。

穀物フリーキャットフードを選ぶメリット

まずは便秘解消のために穀類以外の繊維質を豊富に含むキャットフードが多いことに注目してください。そして穀物アレルギーを回避することはできます。ひょけいな脂肪を多くつけずに適正体重を維持するためにも効果的だと言われるのがグレインフリーのキャットフードです。猫の消化不良を改善して、消化吸収を高めるためにも穀類フリーのキャットフードはかなり有効なのです。

そもそも、野生の猫は穀類を食べる習性がありません。肉食中心の食生活を送るためにも、グレインフリーで豊富なたんぱく質を含むキャットフードを摂取することには多くのメリットがあるのです。肥満の予防や毛艶の良さなどが際立つのも、穀類不使用のキャットフードを食べるメリットなのです。

猫の体に与える負担を軽減する

イネ科の穀類は特に猫の体質に合いません。キャットフードからこれらの食材を多く取り込むことで、消火器を酷使することになり、いずれ劣化させてしまう恐れもあるのです。それによって嘔吐や下痢の症状が頻繁に起きやすくなるのは、猫にとっては最大のデメリットです。

オススメ穀物フリーキャットフード

ジウィピーク・・生肉(内臓肉)にこだわって自然の状態にできるだけ近づけたキャットフードです。消化率が95%という吸収の良さが最大の特徴です。一度に与える量は少なめでも満足感のあるキャットフードとして注目されています。

〇ハッピーキャット・・ヒューマングレードにこだわった製法で作られているキャットフードです。厳選された肉や魚以外にも、ハーブやリンゴなどが効率よく配合されています。亜麻の種の中には。オメガ3.オメガ6脂肪酸が含まれ絵います。これによって免疫機能が保たれるという利点があります。

〇カナガン・動物性たんぱく質を多く含む原材料に加えて豆類を一切使用しないというこだわりの配合になっています。猫が本来求める栄養素だけを厳選しています。高タンパク、低炭水化物レシピを徹底したレシピは多くの飼い主さんに支持されています。

〇ロニーキャットフード・・肉類が66%という原材料が使われているキャットフードです。栄養素の損失の多い乾燥肉を使わないというこだわりがあります。そして34種類の野菜とハーブ、フルーツが一緒に配合されています。

まとめ

グレインフリーのキャットフードを選ぶ際には、肉類の割合に注意をしてください。出来るだけ動物性たんぱく質を豊富に含んだものを選びましょう。そして穀類を排除した代わりにどのような栄養素が配合されているのか?と言うことにも着目してください。食物繊維はどのような食材でカバーしているのか?ということも大切な部分です。猫に長生きをしてもらいたいという願いは、飼い主さんであればみんな同じです。まずは身近な食生活を見直すことで。猫の生活を向上させることから考えてみるのも有意義なことなのです。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です