オススメのコスパが良いキャットフードとコスパ良く買う方法

安心で安いキャットフードというのは、消費者側から見れば理想に近いものです。現在、市場に出回っている多くのキャットフードの中でコスパの良いもいのはどの程度あるのでしょうか?特に多頭飼いの場合には、キャットフードのコスパについては、家計に直接かかわるものです。1日当たりの消費量なども考え合わせて出来るだけコスパの良いキャットフードを探したいものです。

コスパが良いキャットフードとは?

コスパが良いというだけでは愛猫に与える際には、不安要素が残ってしまいます。そこでコスパもよく主原料が肉であることをボーダーラインとして、選ぶことをおすすめします。大容量なのにコスパが良いというのは大変魅力的です。ただ、コスパだけを追求してしまうと市販のキャットフードには危険な原材料と言われるものが、まだまだ多く使われていることがわかります。そこを飼い主さんがきちんと見分けて安くても良いと思えるキャットフードを選べるかどうか?ということにすべてはかかっていると言えるのです。

安く健康維持もかなうということは、飼い主さんにとっては一番望ましいことです。ただ、安いだけのキャットフードにはいろんな不安要素があることだけは忘れないでください。例えば穀類を多く使うことで「かさ」を増している場合緒多くあります。原材料の質にこだわると、絶対にコスパの良いものは作り切れません。その上、人工添加物を使用することで体への影響も懸念されます。7

コスパが良いキャットフードの懸念材料とは?

安いキャットフードは物理的に穀類を使わざるを得ません。その分、肉の量を減らすことが出来るからです。ここがコストを最小限に抑えるポイントなのです。しかしながら、それは猫の健康に照らし合わせると適正なことかどうか?と悩ましい部分でもあるのです。肉類のコストを落とすことで、消費者側にとっては安価なキャットフードは手に入りやすくなります。そこに豊富な動物性たんぱく質を求めた場合には、なかなかコスパの良いキャットフードにたどり着けない場合も多いのです。

やはり猫の健康育成に悪い影響を与えかねない食材や原材料を多く使っているペットフードは排除すべきです。そのようなキャットフードを全面的に受け入れられないというのは、愛猫家としては当然の感情です。そこで大事なのは、飼い主さんが安全なキャットフードをいかに見抜けるかどうか?ということです。

キャットフードの安全基準とは?

キャットフードにも安全基準が設けられています。例えば原価を抑えるためにと、食用では考えられないような品質の悪い原材料を使っている場合には、っとても、安全基準を満たしているとは言い難いわけです。具体的に言えば安全基準を満たさないキャットフードには、「4Dミート」が使われている可能性が高いのです。耳馴染みのない言葉だと思いますが。人が食べられないレベルの肉を、猫に食べさせるかどうか?と考えれば答えは簡単に出てくるのです。

死んだ肉、死にかけた肉、病気の肉、障害の肉などを使ったキャットフードの安全性はどうなのか?ということが安全基準では問われるわけです。これらの肉類は高熱加熱をすることで、安全に食べられる状態にできることは現在わかっています。ただ、生の新鮮肉と比べるとビタミンやミネラル要素には格段の差が出てしまうのは仕方のないことなのです。

原則4Dミート不使用のものを選ぶべき

いくらコスパを追求するからといって、どんな原材料を使っていても安ければ良いと考えるのはあまりに安直です。基本的に1カ月1万円程度の経費をキャットフー度に見込めると3匹程度の猫を養うことは容易です。この時にコスパの良い安全なキャットフードをいかに選ぶのかがポイントになってきます。

コスパが良いオススメキャットフード

安心で安いキャットフード探す場合にも、主原料、容量、着色料無添加という部分だけにはこだわっておいてください。国内で販売されているコスパが良いキャットフードの中にも、こだわりの商品はたくさんあります。

〇コストコ カークランド

コストコに行くのは、コスパの良いキャットフードを買うため!という飼い主さんも多いようです。こちらのキャットフードは11キロ程度の大容量でも2000円程度で購入できるという格安キャットフードです。1キロあたりに換算すると340円程度ということで多頭飼いの飼い主さんにも人気のキャットフードです。主原料の方は鶏肉で穀類が使われているのですが白米、玄米というアレルギーが出にくいタイプの穀類が選ばれているのも特徴です。そのうえ着色料無添加ですので、人気の秘密はその部分にもあるようです。

〇ファインペッツ

ファインペッツの場合には、最初の購入時には1キロ当たり720円で購入できるという特典があります。その後は。1キロ当たり通常2300円台のコスパになります。この程度のコストであれば猫の頭数にもよりますが、十分に経費がかけられるという場合にはオススメ出来るキャットフードです。

原材料としては新鮮なアヒル肉とニシンを使っています。穀類は大麦と白米を使用していますが比較的アレルギーが起きにくいタイプの食材なので安心です。ヒューマングレードの原材料のみを使用しているコスパの良いキャットフードの中では優良なものだと言えます。

〇ファーストチョイス

原材料には鶏肉が使われていて玄米、コーンが使用されています。酸化防止剤にはビタミンEが使われていて着色料と保存料は不使用です。1.6キロ当たりに換算すると1082円というコスパです。安いキャットフードですが、猫に多い下部尿路病を防ぐためにもマグネシウムの配合を調節している点は評価できます。

コスパ良くキャットフードを買う方法

コストコのように会員性の大型スーパーに行く方法や、ネット通販などを駆使して少しでも多くの情報を事前に収集し安全でコスパの良いものを購入できるように、飼い主さんが工夫をすることが大事です。

猫に長生きしてほしいならばコスパのことは考えない

コスパのことだけを考えると簡単に購入できるものが第一です。それでも長い目で見た時に愛猫の健康維持のために何を選べるのか?ということは重要なことです。例えば日本と海外のペットフードの安全基準を比べた場合にもわかりますが。イギリスやドイツ、アメリカの方がずっと動物愛護の精神に長けています。当然のことながらキャットフードに関する安全基準も高めになっていると言えるのす。厳しい品質基準を通過したものです。それだけ安全性の高いペットフードであると言えるのです。コスパだけを考えると、キャットフードの選択肢も狭まるのですが、愛猫の長生きという視点で考えたときには、原材料や品質を重要視することが肝心になります。猫は肉食動物であることを第一に考えて基本的にはグレインフリーのキャットフードを選ぶことが第一選択になるのは、愛猫家の中では今では当たり前の常識になっているようです。

まとめ

キャットフードの選び方が猫の寿命を決めるわけではありません。総合的に考えて生活習慣や持病の有無などが最終的にはかかわってきます。それでも、日々の生活の中で、飼い主さんがキャットフードを厳選するということはとても重要なことであり、猫にとっても直接口にするものだけに重要なポイントになることは間違いないのです。安全なキャットフードをコスパ良く購入する手段としては、直接店舗に出向く方法と、インターネット通販を利用することなどを駆使して、飼い主さんが自分の目で確かめて購入することが一番の方法です。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です