多頭飼いにオススメキャットフードは?飼い主の悩みを解消!

多頭飼いともなると、キャットフードのコスパには悩むものです。それでも1頭1頭が大切な家族です。出来るだけ原材料や添加物混入に対して、妥協はしたくない!それでもコスパが納得できるものを手に入れたいという切実な飼い主さんの悩みを解消できるようなキャットフードをご紹介していきます。

猫・多頭飼いをしている飼い主の悩み

多頭で飼育することで猫社会がその家の中で構築されています。遊び仲間にも互いに恵まれて自宅で猫同士のやり取りを通じて社会性も育ちます。そう考えるとメリットの方が多いようにも思えます。ただ、どうしても飼い主さんの頭を悩ませるのが、飼育費用に関してのことが一番です。つまりキャットフードにコストがかかり過ぎると家計を圧迫するという実情です。これが多頭飼いをしている飼い主さんの中で一番の悩みです。

食事時間のやり取りや、トイレの数など飼い主さんが最初に思い描くような状況とは徐々に変わってくるのが当たり前です。それでも、多頭飼いを選んだ以上、それぞれの猫に責任を持って接する必要があるのです。猫の頭数が増えるたびにキャットフードのコストを気にするようであれば、多頭飼いはその時点で頭数を増やさないようにすることが賢明です。

頭数が増えるほど考えるべき・キャットフードのコスパ

猫の種類や体質によっては、その猫に合うキャットフードを与える必要性も生じてきます。毛玉を食べてしまうような猫や太り気味の猫が同じようなキャットフードを食べることはオススメできません。最近増えている猫がアレルギー反応を示す場合には、そのアレルギー対策用のキャットフードが必要になるのです。そこには猫の好みの問題も入ってきますので、一概にすべての猫にコスパの良いフードを与えられるかどうか?という問題もあります。

それでも全般的にその飼い主さんも工夫をしてキャットフードを購入して、どの猫に対しても愛情を持って接しておられます。まずは、全年齢対応のキャットフードを基本にしたキャットフード選びをしてみてください。この場合には年齢が違っていても同じものを与えることが可能になります。少々大容量であっつても多頭飼いの場合には、あっという間になくなってしまうものです。

多頭の中に問題が出た猫に関しては適時対応

オールステージ用のキャットフードをそのまま与える場合や、消化に問題がある猫には少しふやかして与えるなど、キャットフードを有効に利用しながら少しだけ手を掛けることで、対応できる場合も多いのです。そうすることで、多頭飼いでも、キャットフード選びに悩む必要はなくなります。3頭以上にもなあると個々にフードに対応するのは物理的も困難になってきます。経費の面でも圧倒的にコストがかかります。それを考えると全年齢対応のフード選びに精を出して慣れてもらえればそれに越したことはありません。

多頭飼いでキャットフード代を節約する方法

いかに多頭飼い用のキャットフードを安く手に入れるのか?が節約につながります。但し質をそれほど落としたくないという思いは飼い主さんの心情であることはよくある状況です。それでも多頭飼いで十分なご飯を与えるということを考えたときには品質と価格のバランスで、一部分は目をつぶらないといけないこともあります。

そこは、多頭飼いをしている飼い主さんであれば日常的なことではないでしょうか?原材料や原産国などを限定してしまうと、なかなかコスパの良いキャットフードに出会える可能性は低くなります。そこをうまく飼い主さんの中ですり合わせることが肝心になってきます。

多頭飼いで別のキャットフードを与えないといけない場合の食事方法

多頭飼いをしている時に、万が一、1頭だけが病気をしたという場合を想定してみてください。キャットフードの与え方にも工夫が必要になります。投薬をしながらの食事については、面倒でもまずはその猫だけを他の部屋に隔離して飼育するほかありません。部屋数に問題がある場合には、専用のゲージの中で過ごさせて食事も個室で与えるようにしてください。そうすることで、横取りをされることもありません。

病気以外でも、ダイエットなどの理由でキャットフードの種類が違う場合にもそれを食べる対象の猫だけを別の場所で食事を摂らせることは徹底してください。かわいそう、という感情はそこには必要ありません。それよりも感染を防ぐことや、病気や事情を抱えている猫が別のキャットフードを完食することの方が肝心です。そのためにも多頭飼いの飼い主さんほど、ワクチンをきちんと受けさせる必要があるのです。

病気の可能性のある猫は別の容器で食べさせる

少しでも病気の可能性がある場合には同じ皿から食事を摂らせるのは危険です。感染を広げてしまう場合もあるのでそこは割り切って接してください。多頭飼いでも、基本的に食事はそれぞれ個室に入って食べるか、飼い主さんが食事中は見守るなどの配慮が必要です。

犬との多頭飼いの場合の食事方法

犬と猫とでは習性が大幅に違います。猫は孤独が好きでも犬は常に群れで過ごすことを求めているのです。食事の時の習性にも差があります。犬は目の前にあるフードを一気に食べようとします。猫はゆっくりとよそ見をしながら遊び食べをする傾向があるのです。同じスペースで食べさせるのは、リスクを伴いますので、基本的に、犬猫は別のスペースで食事を摂らせるようにしてください。お互いが相手の餌を狙ってしまう場合も考えられます。

犬がキャットフードを食べることには健康的に問題も生じます。最初から猫と犬は別物と考えて食事内容についてもきっちりと分けて考える必要があります。与える時間帯を少しずつずらすなど、気を付けるべき点です。日常を過ごすスペースも犬猫とでは別にした方が留守番時などでは安全性が高まります。お互いを傷つけるような環境にならないようにするのも、犬猫を同居させる飼い主さんの管理の問題になります。

多頭飼いにオススメのキャットフード

どの猫にも健康状態を一番に配慮するのは当たり前のことです。そしてコスパも良く安全性が高いものであれば多頭飼いの飼い主さんには最適なキャットフードと言えるのではないでしょうか。コスパだけを重要視してしまうと安全性に問題が生じてしまいます。原材料の質と栄養バランスをよく考えて選んでください。そして全年齢用であることも、多頭飼いには外せないポイントです。

食いつきが良くもしも食べなかった場合には返金制度のあるキャットフードを選ぶと、多頭飼いの場合には無駄が生じず安心です。添加物についても必ずチェックをして危険なものは排除しましょう。

〇モグニャンキャットフード

イギリスで生産されている安心安全のキャットフードです。なにより品質管理に厳しいイギリスの審査をパスして販売されている商品ですので信頼性も高いのです。原材料は白身魚が60%以上を占めています。そのほかには、サツマイモやひよこ豆などが配合されていてひまわりオイルやクランベリーなども効率よく配合されているキャットフードです。多頭飼いにオススメの理由としてはモグニャンは子猫からシニア期までの猫に対応したオールマイティさを持ち合わせているからです。

タンパク質が30%を占めていますので、安心して与えられます。その上グレインフリーです。三袋同時に購入すると送料が無料になるなど、購入方法によっては節約にもなります。定期購入を申し込んでも初回で食いつきが悪い場合には、解約できるという気軽さも魅力です。

〇ファインペッツキャットフード

国内産のペットフードで品質も高くリーズナブルな価格が魅力的なキャットフードです。原材料はアヒル肉とニシンが中心になっています。しかも、ヒューマングレードの現材料を使っています。子猫からシニア期までの全年齢対応ですので多頭飼いには最適なキャットフードです。ファインペッツは高いタンパクで高脂肪、高いカロリーが特徴のキャットフードです。年齢や栄養状態によって飼い主さんの方で食べる量を加減することで、栄養状態を保つことが可能になります。

まとめ

多頭飼いの場合には、キャットフードの需要が多く、すべての猫に対応できるような機能的なものが必要となります。コスパが良く栄養素もしっかり摂取できるという点から飼い主さんの目で確かなキャットフードを選んであげてください。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です