キャットフードはグレインフリー!?その理由は猫との相性!

健康的なキャットフードを選ぼうとすると「グレインフリー」という言葉を聞くようになります。

グレインフリーとは穀物不使用という意味です。どうして健康的なキャットフードは穀物不使用が良いのか?

そして猫にどのようなメリットをもたらしてくれるのか?今回はこの辺りをまとめましたので一緒に見ていきましょう。

グレインフリーとは?

グレインフリーには、穀物不使用、タンパク質が主原料などの概要があります。一つずつ見ていきましょう。

穀物が使われていない

野生の猫は小動物を食べており、その修正は少なからず現在の飼い猫にも受け継がれています。そのため、猫は肉食動物です。

本来、キャットフードはそれにならって肉のみで作るのが理想なのですが、安価なキャットフードは制作費を削減するために、とうもろこしなどの穀物を使用しています。

猫は、穀物類を消化しにくい腸内環境なので、穀物類は適していません。そのため、グレインフリーのキャットフードが理想なのです。

ちなみに、キャットフードは豆類やじゃがいも、さつまいもがよく含まれていますが、これらの食材は穀物ではありません。

肉や魚が主原料

グレインフリーのキャットフードは、主原料のほとんどが肉と魚です。これは、キャットフードの成分表示を見れば上位に鳥や魚が多く書かれているので、理解できます。

猫は肉食動物なだけあって、動物性タンパク質を好んでいるため、穀物類中心の植物性タンパク質を多く含んでいるキャットフードよりも健康的で食いつきが良いのです。

ちなみに、乾燥肉よりも生肉の方が食いつきが良いので、飼い猫の好みに合わせて選んでください。

ヒューマングレード、オーガニック、無添加

グレインフリーで作られたキャットフードは素材にこだわっている傾向が強いため、使用している素材は人間が食べてもOKなヒューマングレード&オーガニックです。

発がん性やアレルギーを引き起こすリスクがある合成酸化防止剤や保存料も使用していないため、無添加なのも特徴として挙げられます。

グレインフリーキャットフードのメリット

グレインフリーのキャットフードは、以下のようなメリットがあります。

猫の体に合っている

前述しているように、猫は肉食動物のため動物性タンパク質を好んでおり、穀物には興味を示しません。

穀物は猫が消化しにくい食材なのでそもそも不向きです。しかし、安価なキャットフードには穀物が利用されているため猫の体には会っていません。

グレインフリーなら主原料がほとんど肉なので、猫の体に合った食事が取れるのです。

猫の食いつきが良い

グレインフリーのキャットフードは、パッケージを開封した瞬間の肉の香りが強く、猫の食欲を誘います。

夏バテや体調不良で食欲が低下している猫でも食いつきが良く、健康をキープできるのです。

アレルギーを起こしにくい

穀物をたくさん食べた猫は、下痢や嘔吐をすることがあります。

着色料や香料などの化学物質を含んでいるキャットフードを大量に食べた場合も同様です。場合によってはアレルギーを引き起こす場合もあります。

グレインフリーのキャットフードは、猫にとって有害な物質を含んでいるケースが少ないため、安心して与えられるのです。

グレインフリーキャットフードのデメリット

グレインフリーのキャットフードは、メリットばかりではありません。以下のようなデメリットもあります。

高価

グレインフリーのキャットフードにあげられるデメリットはただ一つ。それは値段が高いということです。

オーガニックやヒューマングレードの肉や魚を贅沢に使っている訳あり、高価な買い物とになります。

一般的なキャットフードと比較すると数千円高いです。

コンビニやスーパー、ホームセンターなどで売られているケースが少ないため、購入する際はペットショップやネット通販を使用することになります。

ネット通販だと、定期購入で割引してくれるコースがあるので、積極的に利用したいところです。

シニア猫と子猫ほどグレインフリー

シニア猫と子猫は腸環境が弱いため、たとえうっかりであっても穀物は与えるべきではありません。

そのため、シニア猫と子猫ほどグレインフリーのキャットフードを与えるべきなのです。

その際は、ライフステージごとに分別されているキャットフードを選んでください。

子猫用、アダルト猫用、シニア猫用のように利用目的が分かれているキャットフードを選べば、より安全に食事させることができます。

おすすめグレインフリーキャットフード

以下に紹介するキャットフードは、グレインフリーとして定評が高いです。グレインフリーのキャットフードを試したことのない飼い主は、ここから始めてみてはいかがでしょうか?

オリジン

グレインフリーのキャットフードとして様々な賞を受賞をしています。全てのライフステージに対応するため、リピート率が高いです。

魚や七面鳥、鶏肉を主原料にしており、原料の90%が肉でできています。猫の本能をくすぐる高タンパク質なので食いつきが良いです。

使用している主原料は、アメリカ農務省やカナダ政府の厳格な基準をクリアしているため高品質となっています。

アカナ

カナダ産の肉やフルーツ、野菜を使用しています。全ての食材がヒューマングレードです。

75%ほどの肉の配合率なので高タンパク質の部類に入り、猫の食欲をそそります。

使用している添加物は、銅、亜鉛、コリンとなっており、必要最低限。発がん性やアレルギーを引き起こすような有害物質は含まれていません。

モグニャン

63%程の白身魚を原材料にしています。動物猫にアレルギーがある猫でも安心して食せるキャットフードです。

利用している食材は、欧州ペットフード工業会連合の基準をクリアしているので安心感もあります。

一粒のサイズが小さく作られており、子猫にも与えやすいため、初めて与えるグレインフリーとしても人気です。

カナガン

平飼いされたイギリスのチキン肉を使ったキャットフードです。70%ほどの動物性タンパク質を誇っています。

製品パッケージには、原材料の調達先や調達日時、生産日が記されているため、品質の高さに自信をうかがわせるキャットフードです。

ニュートロ

グレインフリーのキャットフードの中では比較的安価なので継続しやすいのが魅力です。

ダックとサーモンを使用した2種類の味があるため、猫の食いつきに合わせて好みな方を選べるパフォーマンスの良さも魅力となっています。

粒形が飲み込みやすい楕円形なので、シニア猫や子猫にもおすすめです。

ワールドレシピ

子猫~シニアまで様々なラインナップが用意されており、ライフステージに合わせた食材選びがなされています。

子猫用は42%以上のタンパク質、成猫用は40%以上のタンパク質です。もちろん、科学由来は使っておらず、グレインフリーとなっています。

ヤラー

オランダのSkalとスウェーデンのKRAVというオーガニック認証団体から承認を受けており、原材料の96%がオーガニック素材です。

主原料には、猫の食いつきが良いオーガニックチキンを豊富に使っています。

ピュリナワン

グレインフリーのキャットフードの中では、比較的安価です。

食感の違う2種類のキャットフードを用意しているため、猫の食いつきに合わせて好きな方を選ぶことができます。

小分けのパッケージになっているため、酸化防止剤などの添加物を使わなくても鮮度を維持できるのが魅力です。

まとめ

今回は、グレインフリーのキャットフードに焦点を当てましたが、いかがでしたでしょうか?

猫にとってどれだけ重要な概要なのかが分かったと思います。

キャットフードを購入する際に、生肉使用の有無はチェックしていても、穀物の有無はチェックしていない飼い主が意外と多いです。

ぜひ、これを機に見直してみてください。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です