猫がおやつさえ食べない時は病気?好み?わがまま?対処法!

猫はおやつが大好きです。止めないと永遠に食べ続けて、肥満や栄養過多、栄養不足になってしまうぐらいよく食い付きます。

しかしそんなおやつでさえ食べなくなってしまう時があるのです。それどころか主食のキャットフードの食いつきもいまいち…。

こういう時は病気やわがままの可能性が高いです。どのような対処法を取れば良いのか紹介します。

1.おやつを好まない猫もいる?

冒頭で記したように基本的には、猫はおやつが大好きです。キャットフードそっちのけで、おやつしか口にしなくなることもあります。

しかし、中にはおやつを好まない猫もいるのです。「そんな猫いるの?」と思う飼い主もいるかもしれませんが、猫は嗜好が強い動物なので、珍しいことではありません。

最初から、おやつを「プイッ」としてしまう場合は、病気ではないので心配しなくて大丈夫です。

2.猫がご飯を食べなくなる理由

わがまま、体調不良。猫がご飯を食べなくなる理由は、以下が考えられます。

わがまま

猫は、とってもわがままな動物です。

・味に飽きた
・この香りは好きじゃない
・飼い主の手からじゃないと食べたくない
・今は気分じゃない

様々なわがままでご飯を食べなくなることは珍しいことではありません。

そんな状態が続いてしまうと栄養不足になるため、猫の好みに合わせてしまいがちですが、甘やかすのはナンセンス。

ますますわがままになって特定の状態じゃないとご飯を食べなくなります。

猫の嗜好にある程度合わせてつつ、少しずつ本来の状態に戻していってください。

例えば、

・ウェットフードしか食べないのであれば、ドライフードと混ぜて与える。少しずつドライフードの量を増やしていく

・猫の好みに合わせつつ、栄養バランスの取れたキャットフードに変更する

・餌皿にキャットフードを入れて置き、飼い主が見ていないところで与える

などの方法が考えられます。わがまま放題させるのは良くないので、ある程度のしつけはしっかりしておきましょう。

体調不良

体調不良が原因で、ご飯を食べないことも多いです。人間も体調不良になると食欲が落ちますが、それは猫も同じ…。

食欲不振の体調不良は、以下が考えられます。

・インフルエンザ
・風邪
・胃腸炎
・下痢
・膀胱炎

これらの病気は、猫がよくかかるので、珍しい症状ではありません。

1日2日で回復すれば過剰な心配は要りませんが、3日以上経って食欲も体調も回復しないのであれば、動物病院に連れて行ってください。

3.猫が好き嫌いでご飯を食べないときの対処法

猫がわがままや好き嫌いでご飯を食べない時は、以下に挙げる対処法を試してみてください。

ご飯を変えてあげる

キャットフードと一言で言っても

・ドライフード
・ウエットフード
・パウチフード

など様々あります。普段与えているキャットフードと違う種類に変更すると、よく食いつくことが多いです。

または、

・主原料が動物肉
・主原料が魚肉
・国産品
・外国製品

などの違いを意識すると食いつきが変わることもあります。

ペットフードやふりかけで工夫する

ご飯を食いつかなくなる例でよくあるのが、「一時的にウエットフードにしたらドライフードを食べなくなった」ということです。

ウェットフードは猫の本能が好む生肉の食感に近いため、その味を覚えると、ドライフードを好まなくなることがあります。

だからといって、ウエットフードのみを与え続けるのは良くありません。

ドライフードは総合栄養食として販売されている一方、ウェットフードは補助食として販売されているため、ウェットフードばかり与えていると栄養不足になります。

ドライフードに少しウエットフードを混ぜて、だんだんドライフードに移行していきましょう。

あるいは、ドライフードに猫用のふりかけをかけるのもおすすめです。いつもと違った風味と味がすることで、食いつくことがあります。

ふやかしてあげる

ドライキャットフードをお湯でふやかすと、ウエットフードに近い食感になるため、食いつくことがあります。

ふやかす際は、必ず一食ぶんだけにしてください。ふやかしたキャットフードは品質が長持ちしないので、作り置きは厳禁です。

ふやかすお湯は、ぬるま湯を使いましょう。ネットを使うと火傷してしまいます。

それだけではなく、キャットフードに含まれている栄養が、熱で破壊されてしまうリスクもあるのです。

ふやかした際のぬるま湯は捨てずに一緒に飲ませてください。キャットフードの栄養がお湯に逃げているからです。

4.猫がおやつさえ食べないとき

キャットフードを食べずに、おやつばかり食べてしまうのはよくあること。しかし、おやつさえ食べてくれない場合も…。何が原因なんでしょうか?

おやつに飽きている

いつも同じおやつばかり与えていませんか?もしそうだとしたらそのおやつに飽きている可能性が高いです。

別のおやつに変更して様子を見てみましょう。市販のおやつに食いつかない場合は、手作りしてみるのもおすすめです。

一番簡単なのは、ささみ肉を使った手作りジャーキー。ささみ肉の筋を取って、細く裂いた後に、150°ほどのオーブンで30分ほど焼くと完成です。

出来立てのおやつは、市販のおやつよりも香りが立つため、食いつくことがあります。

病気の可能性

前日している通り、病気になると食欲不振になります。

小腹が空いた時に欲するおやつさえ食べなくなった時は、体調不良の可能性が高いです。その際は、すぐ動物病院へ連れて行きましょう。

5.猫がご飯を全然食べてくれない時は病気かも?

前述したように「これって病気かも?」と思った時は、動物病院に連れて行き、療法食を取り入れる必要があります。

療法食の注意

療法食とは、病院食のようなものです。

療法食は、一般のキャットフードで販売されているので、病院に行かなくても与えることはできます。

しかし、飼い主の独断で購入しないでください。

療法食は、

・風邪
・腹痛
・虫歯

など、目的別に合わせて販売されています。正しい症状に見合った療法食を選ばないと、与え続けても意味はないのです。

必ず、獣医師の指示に従って適切な療法食を与えてください。

アレルギーの場合は除去食を取り入れる

キャットフードに利用されている原料が原因でアレルギー反応を起こしている場合は、除去食を取り入れる必要があります。

除去食とは、減量を必要最小限にした食事のことです。

・鶏肉
・魚肉
・豚肉
・牛肉
・穀物
・卵

一般的なキャットフードに含まれている原料をできるだけ排除して与えた時に、アレルギー反応が起こらないことを確認します。

除去食を実施してアレルギー反応が起こらなくなったからといって、その食事を続けているわけではありません。

アレルギー反応を起こしていた時の食事の原料に、少しずつ戻さなければならないのです。

このような行いをすることで、どの原料がアレルギーの原因になっていたのか把握します。

これは、慎重さが求められる作業なので、飼い主の独断で行ってはいけません。

必ず、動物病院に相談して、獣医師の指導のもと行ってください。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか?猫が、本来大好きなはずのおやつを食いつかない時は、今回紹介した概要が考えられます。

おやつだけではなく、主食のキャットフードに食いつかない場合も同様です。

そのような場合は、飼い主が独断で判断せずに、必ず動物病院に相談してください。

早めに対処すれば、早期解決できる問題です。栄養不足や病気の進行に繋がる前に対応してあげましょう!

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です