bg
HOME » トラブル » 中古車売却時に起こりがちなトラブルの事例とその対処法

中古車売却時に起こりがちなトラブルの事例とその対処法

車の売却時にトラブルに遭いたくないものです。しかし、現実にトラブルが起こってしまう場合もあります。そのようなときにも慌てないように、今回紹介するトラブルの事例と対処法をしっかりと熟読して対応できるようにしておきましょう。

中古車売却前に知っておきたい「瑕疵担保責任」

瑕疵担保責任とは何でしょうか。この瑕疵担保責任は、民法570条に明記されています。「売買の目的物に隠れた瑕疵があった時は、第566条の規定を準用する。ただし、強制競売の場合はこの限りではない」とあります。しかし、これだけ見ても、第566条の規定を準用する。とあるので、こちらも見てみましょう。

「売買の目的物が地上権、永小作健、地役権、留置権または、質権の目的である場合において買主がこれを知らず、かつ、その他円に契約をした目的を達することができないときは、買主は契約の解除をすることができる。この場合において契約の解除をすることができないときは、損害倍層の請求のみをすることができる」といったことが記載されています。

簡単にまとめると、隠れた瑕疵(パッと見ただけではわからない欠点)があった場合、売主は過失の有無にかかわらずに買主に対して責任を負わなければいけないということです。しかも、買主がこの欠点を知らなかった場合、1年以内であれば契約の解除ができます。また、「契約の解除ができなかった場合には、損害請求をすることができる」のです。

中古車売却トラブルの対処法

最近増えてきているトラブルとしては、「中古車の売却後の解約金に対するトラブル」です。中古車の買い取り店によっては、次のオーナーが決まっている場合が多いので、契約を解除したいと申し出ると、違約金としてキャンセル料金10万円以上の解約金を提示される場合もありますので注意しましょう。対処法としては、車を売却する際は、キャンセルをする気持ちはないかを冷静に判断することです。

他にも査定時のトラブルとして、査定士が見た状態によって査定額が変わってきます。そのため、電話やメールで査定額を概算査定してもらった額と違うといったトラブルになりかねません。あくまでも査定士が見た時の査定額が実際の買い取り額になるので、メールや電話による査定額は目安として考えるようにしましょう。

中古車売却トラブルの事例

必要書類や車の引き渡しが終了した後に、「車に不具合が見つかったので査定額通りの金額を払えないといって減額請求してくる場合」があります。売却後によくあるトラブルの事例と解決方法をあるケースを参考に一部抜粋してご紹介します。

事例:

中古車を購入した時に、同時に現在使っている自動車を下取りにしました。後日、中古車を購入した販売店からその中古車に「修復歴」があったと連絡がありました。経緯を聞くと、査定ミスのため、オートオークションで修復歴があることが判明したということです。販売店からは下取り車から減額させてほしいと申し出がありました。この場合はどのように対処するべきでしょうか。

確かに車両の売買に限らず売買契約には瑕疵担保責任があります。「隠れた瑕疵」が後日発覚した場合は損害賠償及び契約解除を求めることができます。販売店は瑕疵担保責任に基づき、下取りにした自動車を減額対象にしたいと求めて来たわけです。

しかし、このケースでは販売店の立場は自動車を扱う上ではプロであり、通常の注意を怠らなければ容易に問題点を発見することが出来たと判断出来ます。

つまり相談者に瑕疵担保責任を求められないということになります。さらには修復歴について仮に錯誤があったとしても、やはり販売店側の「見落とし」が過失ととられる可能性が高く、いずれにしても認められないケースだと考えられます。

このような事例の場合のキーワードは「隠れた瑕疵」です。不具合や欠陥があった場合は隠さずに査定士に相談することで、このようなトラブルを未然に防ぐことができます。

中古車売却トラブルの相談はどこにすればいい?

もし、不当な主張や納得がいかない契約になってしまった場合は、売却代金の返金をしてもらい、契約事態を無効にできないか考えてみることです。しかし、言いなりになってしまうとかなりの損をすることになるので、返金額がかなり目減りする可能性もあります。悪質な場合は、「近くの警察や国民生活センター」に相談するといいでしょう。

中古車売却時の契約はハッキリさせる

契約書を交わすときには、サインや捺印をする前に契約書の詳細な個所にもしっかりと目を通すことです。売買契約書で最低限チェックしておくべき点は以下の通りです。

「・買い取り後の減額請求項目の有無
・キャンセルした場合料金がかかるかどうか。」

以上の2点です。悪質な車買い取り業者に当たらないためにも一般社団法人自動車公正取引協議会に、トラブルの事例が掲載されているので、参考にしながら中古車売却時にトラブルに巻き込まれないよう、契約書を詳しいところまで熟読してからサインや捺印をするようにしてください。

また、事前にトラブルに合わないためにも、JADRIには厳しい審査に合格した買い取り業者が何社か登録されています。このJADRIに加入している買い取り業者なら事前にトラブルを避けることが可能になります。