キャットフードの安い店はどこ?おすすめはネットショップ!

大切な飼い猫の健康を維持するためには、たとえ高額でも栄養価の高いキャットフードを購入したいところです。

しかし、安く購入できるに越したことはありません。

なるべく質の良いキャットフードを安く購入するためには、どんな店を利用すれば良いのでしょうか?

キャットフードを購入できる場所

キャットフードを購入できる場所は、

・ネットショップ
・ホームセンター
・ペットショップ
・コンビニ

などが挙げられます。

結論から言えば、どの場所で購入しても構いませんが、それぞれにメリットとデメリットがあるので、理解した上で利用したいところです。

ネットショップで購入するメリット・デメリット

配送、格安、直接見れない。ネットショップでの購入は、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット1、配送してくれるので楽

大容量のキャットフードは、3kg~5kgあります。小さいキャットフードも大量に買いだめすると結構な重さです。

店頭でこのような買い物をすると、自宅に持ち帰るのに苦労しますが、ネットショップなら楽チン!

夏場は、キャットフードを持ち帰るだけで汗だくだくになりますが、配送してもらえば涼しい思いができますよ。

メリット2、格安で購入することができる

ネットショップのキャットフードは、多くの場合、価格ダウンしています。

単品買いだと定価販売でも、まとめ買いで割り引いてくれる場合や定期購入て割引してくれる場合も多いです。

また、初めて購入するお客様に限って割引価格になったり、特別価格でサンプルを販売しているケースもあります。

デメリット1、実際に商品を見ることができない

安売りされているキャットフードは、賞味期限が近かったり、パッケージが破損している場合があります。

店頭で購入なら、このような概要をチェックできますが、ネットショップはチェックできないため、うっかり購入しがちです。

ネットショップでキャットフードを購入する際は、返品の有無も確認してください。

品質の悪いキャットフードを返品しようとしても、受け付けていないネットショップも多いです。

デメリット2、知識がないと良い商品がわからない

猫に適したキャットフードは

・高タンパク質
・無添加
・ヒューマングレードの原材料
・穀物不使用

などが理想とされています。

このような知識がある飼い主なら、サイト記載の商品情報を見ただけで品質を判断できますが、実際は知識のない飼い主が多いです。

キャットフードを毎回ネットショップで購入しているそこのあなた!与えているキャットフードは、本当に品質が良いものですか?

ホームセンターで購入するメリット・デメリット

豊富な種類、特注、安い。ホームセンターで購入すると、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット1、豊富な種類の商品から探すことができる

ホームセンターは、ペットコーナーのスペースを広く設けているため、様々なメーカーのキャットフードが置かれています。

ドライフード、ウェットフードの加工法や食感のバリエーションも広いです。

メリット2、多頭買い用など特注商品も探すことができる

多頭飼いしている場合は、猫の年齢や好みに合わせて、キャットフードを分ける必要があります。

それらを個別に購入するのは面倒ですが、ホームセンターなら多頭飼い用の特注商品を買えば済むのです。

メリット3、安い

ホームセンターで売られているキャットフードは、特売品が多いです。

お近くにあるホームセンターのチラシやホームページをこまめにチェックしておいてください。

格安購入できるチャンスがあるかもしれません。

デメリット1、量が多く何が良いかわからない

品揃えのがメリットである一方で、「どれを購入すれば良いのかわからない」というデメリットもあります。

新米の飼い主や与えるキャットフードが定まっていない飼い主は、困ってしまうかもしれません。

デメリット2、大量に購入すると持ち帰りが大変

ホームセンターのキャットフードは安売りされていることが多いため、買いだめには便利ですが、持ち帰る方法を考えておかないと大変な思いをします。

ペットショップで購入するメリット・デメリット

信頼、高額、品揃え、etc。ペットショップで購入すると、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット1、信頼できる商品から探すことができる

ペットショップは、厳選した商品だけを販売しています。日本よりも厳しい基準で製造されている海外のキャットフードを探すことも可能です。

メリット2、店員さんから教えてもらえる

ペットショップで働いている店員はキャットフードの知識に長けているため、キャットフードの知識がない飼い主でも相談しながら購入できます。

ホームセンターでも店員と会話しながら購入することはできますが、ホームセンターはペット専門店ではないため、働いている店員がキャットフードに詳しいとは限りません。

デメリット1、高額

ペットショップは専門性が高いだけあり、品揃えは上質で、値段も高いです。

デメリット2、品揃えが悪い

ペットショップは猫以外のペットアイテムも販売しているため、キャットフードだけで販売スペースを取るわけにはいきません。

質は高くても、品揃えはイマイチです。

コンビニで購入するメリット・デメリット

24時間、高額、etc。コンビニで購入すると次のようなメリットとデメリットがあります。

メリット1、24時間購入できる

コンビニのメリットは、24時間購入できるということです。何かしらの理由でキャットフードを切らしてしまった時に役に立ちます。

ドライフードとウェットフードの両方を取り揃えている場合もあるため、猫の趣向に合わせて選べるのもメリットです。

デメリット1、高額

コンビニは、基本的に全ての商品が定価販売です。ネットショップやホームセンターに比べると高額になるのは否めません。

デメリット2、品揃えが悪い

一昔前に比べると、コンビニのキャットフードの品揃えは良くなりました。しかし、ホームセンターやペットショップに比べると品揃えが悪いのは否めません。

あくまでも、コンビニでの購入は臨時利用と考えるのが良さそうです。

オススメのキャットフード購入場所

前述したように、キャットフードの購入場所は様々考えられます。その中で特にお勧めの購入場所は、ペットショップとネットショップです。

ペットショップ

専門の知識を持ったスタッフに、オススメのキャットフード教えてもらえるメリットは大きいです。

スタッフと仲良くなっておけば、何かしらのサービスをしてもらえる可能性もあります。

ペットショップに並んでいるキャットフードはどれも品質が高いため、安全性を重視する上でも大切な購入場所です。

ネットショップ

格安でキャットフードを購入したいならネットショップに軍配が上がります。

まとめ買いしても自宅まで配送してくれるため、持ち運ぶ手間がかからないのも魅力です。

定期購入便に加入すれば、コンスタントに自宅配送してくれるため、忙しい人に便利な点も見逃せません。

今のご時世、ネットショップで購入できない商品はないため、店頭で販売されていない外国製キャットフードも購入できるのも魅力です。

まとめ

今回紹介したように、キャットフードの購入場所は様々考えられます。

それぞれの購入方法にメリットとデメリットがあるため、いくつかの購入方法を同時活用するのが良さそうです。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です