1日のキャットフードの量はどのくらい?猫に合った計算方法

猫の体重や年齢によって、1日に与えるべきキャットフードの量は違います。

しかし、なんとなく「これくらいかな?」という感覚で与えている飼い主が多いようです。

適量を与えないと太りすぎたり、栄養が足りなかったりするので気を付けなければなりません。

猫は1日の餌の量を調整してあげなければいけない

1日に与えるべきキャットフードの量は、1日に消費するカロリーをもとに計算しなければなりません。

食べ過ぎは厳禁です。常時食べられるような状況は避けるようにしましょう。

猫に合わせて必要量だけ与える

猫は一匹一匹年齢や体重が違うため、消費するカロリーの量が違います。そのため、猫それぞれに合わせて必要な量だけ与えなければなりません。

量の計算方法や与え方のコツは、後ほど説明します。

食事の回数

食事の回数は、成猫と子猫で変わります。

成猫

1日2食もあれば十分です。獣医師と相談しながら決まった時間に適量を与える「定時給餌法」を選択しましょう。

子猫

子猫は消化器官が未熟なので、一度に多くのキャットフードを食べることができません。

そのため、猫が好きなタイミングで餌を食べられる「自由採食給餌法」を選びましょう。

しかし、キャットフードを1日放置するのは良くありません。特にウエットフードは厳禁です。

餌皿にドライフードをこまめに少量補充してください。食べ残している時は与え過ぎなので、調整しましょう。

年齢と体重で必要なカロリーを計算する

猫に合った適切なキャットフード量与えるためには、カロリー計算が必要です。以下のステップを踏んでください。

①安静時の猫に必要なカロリーを算出

安静時の猫が1日に必要とするカロリーは

「30×愛猫の体重+70」

で出ます。仮に、体重が4kgなら

30×4Kg+70=190kcal

です。

②年齢に合わせた数値を掛け算する

①で算出したカロリーに、以下を参考にした数値を掛け算します。

・1歳未満..2.5
・1歳以上で未去勢未避妊…1.4
・1歳以上で去勢避妊済み…1.2
・妊娠中…1.6~2.0
・授乳中…2~6
・健康な猫…1.6
・肥満…1.0
・ダイエット中…0.8
・増量中…1.2~1.4
・シニア猫…1.1~1.6
・治療中…1.0

仮に、①の猫が「1歳以上、去勢避妊手術済み」の場合は、①の190kcalに1.2を掛け算して

190×1.2=228kcal

が、1日に摂取するカロリーです。

③与える量を計算

1食で与えるキャットフードの量は、利用しているキャットフードによって違います。なぜなら、商品によって100gあたりのカロリーが違うからです。

仮に、100gで360kcalのキャットフードなら、②で算出したカロリー228kcalを360kcalで割り算します。

そして、100gを掛け算すれば、1日の量がわかるのです。

つまり、1歳以上で去勢避妊済みなら

228÷360×100=63g

となります。

猫にあったカロリー分をカップで測って与えましょう

以下の計算式を参考に、それぞれの猫に見合ったカロリーを計量カップで測って与えてください。

成猫

生後1年で成猫です。1回あたりの食事の量は以下を参考にしてください。

・体重~2.5kg、、、~44g
・体重2.5~3.5kg、、、44~57g
・体重3.5~5kg、、、57~74g
・体重5~6.5kg、、、74~90g
・体重6.5~8kg、、、90~105g
・体重8~10kg、、、105~124g

子猫

生後2ヶ月くらいから、子猫用のキャットフードに切り替えます。与える1日の量は、以下を参考にしてください。

・1~2ヶ月、、、26~53g
・2~4ヶ月、、、44~74g
・4~6ヶ月、、、60~86g
・6~9ヶ月、、、59~90g
・9~12ヶ月、、、80~117g

シニア猫

7歳を超えるとシニア猫です。与える1日の量は以下を参考にしてください

・体重~2.5kg、、、~40g
・体重2.5~3.5kg、、、40~52g
・体重3.5~5kg、、、52~68g
・体重5~6.5kg、、、68~80g
・体重6.5~8kg、、、80~96g
・体重8~10kg、、、96~114g

肥満猫

肥満の場合は、1日に摂取するカロリーが消費するカロリーよりも少ないのが理想です。

目標体重×35kcalくらいが、1日の目安となっています。

妊娠猫

妊娠中は、普段よりも高カロリーである必要があります。

そのため、高カロリーのキャットフードに変えるか、いつもより多めに与えてください。

出産後の1日あたりのカロリー目安は、生まれた子猫の数にもよるので一概には言えませんが、日常より多めに取るのが通常です。

授乳期間が終わったら、少しずつ減らします。適量は、獣医師と相談して決めましょう。

最も大きい猫『メインクーン』の必要カロリー

メインクーンは、一番サイズが大きい猫種で、体調~1m、体重~9kgまで成長します。与えるカロリーは多めです。

メインクーンの子猫の食事量は?

子猫の間は、その他の猫種とあまり変わらない食事量で大丈夫です。子猫のペースで食べれるように、一食あたりの量を小分けにして、自由採食給餌法を取りましょう。

成猫

体格や体重を見ながら1年を目安に、量を切り替えます。

体重1Kgあたり70kcalです。成長に個体差が出るので、こまめに体重を記録しておきましょう。

老猫

8年あたりからシニアになります。体格が大きくても少ししか食べない猫もいるため、調整が難しい時期です。

動物病院で相談しながら摂取量を決めましょう。

水分量

食事は、水分量も大切です。猫に見合った1日の水分量はどれぐらいなのでしょうか?

50ml/体重1kg

50ml/体重1kgを目安に1日の水分量を算出します。4kgの猫の場合は、200mlということです。

授乳・多尿・下痢・嘔吐・体温の時は多めに

下痢や嘔吐、腎臓病や尿路結石、膀胱炎や尿道炎。

これらの病気は水を飲めばある程度改善出来るので、多めに与えてください。

また、授乳中や多尿中も多めに水を与えましょう。多くの水分が体から失われていくため、こまめな水分補給が必要です。

ウェットフードで対策もできる

水分補給を効率よく行うためには、ウエットフードがおすすめです。ただし、食べ過ぎは禁物。カロリー計算して適切な量を与えましょう。

多頭飼いの場合

多頭飼いの場合は、部屋を分けてご飯を上げるなどの工夫をしてください。

そうでないと、せっかくカロリー計算しても、他の猫のぶんまで食べてしまいます。

おすすめキャットフード

次にあげるキャットフードは、品質や栄養価の高さに定評があります。

カナガン

グルテン、ミール、穀物などを使用していないため安全性が高く、栄養バランスも良しです。

原料の生産地や使っている部位まで細かく表示しています。

オリジン

太りすぎな猫にオススメです。GI値にこだわって作られているため、低糖質となっています。

日本よりもキャットフードの基準が厳しいアメリカの栄養学に基づいているため、栄養価の高さにも定評ありです。

アカナ

七面鳥や高級魚をたっぷりと使用しており、猫が好む動物性タンパク質が豊富!

ブルーベリーやラベンダーなどのミネラル類も含まれているため、毛の美しさなどもキープできます。

モグニャン

カロリーが低い白身魚を主原料にしているため、ダイエットに最適です。

サツマイモやイモ類などを含んでいるので、腸内環境の改善に役立つ食物繊維も含んでいます。

ファインペット

タンパク質、脂質、炭水化物、ミネラルがまんべんなく含まれており、栄養バランスが高いです。

100gあたり420kcalなので、よく動く成猫にオススメとなっています。

ロイヤルカナン

ロイヤルカナンは、動物病院も推奨しているくらい栄養価が高いです。

世界最大手のメーカーでもあるため、信頼の高さにも定評があります。

まとめ

今回は、猫の1日の食事量に焦点を当てましたがいかがでしたでしょうか?

朝昼晩となんとなくの配分で与えていた人も多いと思いますが、明確な適量があるのが分かったと思います。

飼い猫の健康をキープするためにも、今日から与える量を考え直してみましょう。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です