キャットフードの原料は魚がおすすめ?その理由とメリット!

大きなポイントです。チキンも、魚肉も、良質な動物性タンパク質をとることができますが、チキンの場合は魚肉に比べて脂肪分やカロリーが多いという違いがあります。 家の中で生活している飼い猫にとっては、脂肪分の多い食事は時に注意が必要です。年をとって運動量の低下が見られる猫や、肥満が気になる猫ならなおさら、魚肉メインのキャットフードの方が健康に役立つかもしれません。

魚肉を使用したキャットフードの注意点

キャットフードで魚が使われているものはとても多いですよね。メーカーや価格なども様々です。猫の体のことを考えて、魚肉メインのものを選ぶのであれば、以下の3つのポイントにも着目してみましょう。

グレインフリーであること

グレインとは、穀物のことです。キャットフードに含まれるトウモロコシなどの穀物は、アレルギーの原因になることもあります。また、加工が不十分だったり、大量に摂取すると消化不良を招くこともあるようです。特に、安価なキャットフードにはかさ増しのために穀物が多く含まれている可能性もあるため、注意が必要です。 穀物がすべて猫の体にとって悪いわけではなく、きちんと加工されて少量であれば問題ないという意見もあるため、必ずしもフリーにこだわる必要はないかもしれませんが、できれば避けておきたいところです。

無添加であること

良質の原料のみで作られたキャットフードであれば、添加物を加える必要性はありません。着色料や香料、うまみ調味料といった人工添加物がたくさん含まれた食事は、人間にとってもよくないとされるように、猫にとっても同じことが言えます。

合成酸化防止剤が不使用であること

キャットフードの劣化を防ぐためには、酸化防止剤は不可欠と言われています。猫の体のことを考えるのであれば、ハーブなど天然の成分で作られた酸化防止剤にこだわりたいですね。

キャットフードの原料でオススメの魚

魚がメインのキャットフードに使われている、魚の種類にも着目してみましょう。

マグロ

マグロのキャットフード、よく見かけますよね。マグロは高タンパク・低脂肪・低カロリーの魚です。必須アミノ酸やビタミンが多く、丈夫な歯や骨つくりに役立つマグネシウムやリンも豊富です。

カツオ

こちらも高タンパク・低脂肪・低カロリーの魚です。カルシウムや鉄分、セレンが多く含まれています。

サケ

高タンパクで、マグロやカツオに比べると脂肪分が多い魚です。魚に含まれるDHAが豊富で、アレルギーのリスクが少ないことから、療養食用のフードにもよく使われています。

魚肉を使用したオススメのキャットフード

それでは、たくさんあるキャットフードのなかで、特におすすめのものをピックアップしてご紹介します。

モグニャン

主原料の白身魚が含まれる割合は63%を占め、その他の原料にもとことんこだわって作られています。低脂肪・高タンパクでありながら、栄養は十分に含まれており、安心して与えることができます。猫が喜ぶ味にもこだわっているようで、おいしくて消化しやすい点も特徴です。人工添加物や穀物は一切含まれていません。

シンプリー

主原料は骨抜き生サーモンで、その他にはニシンやマス、乾燥白身魚といった魚肉が使われています。その割合は、なんと73%。生サーモンには、オメガ3脂肪酸が豊富で、健康にも役立つことが知られています。

アカナ

ニシンやイワシ、カレイといった魚が原料になっており、魚肉が占める割合は75%にものぼります。魚肉の割合の高さでいえば、キャットフードの中でもトップクラスではないでしょうか。もともと猫が食べてきた自然に近い食事を意識して作られているようで、穀物や人工添加物は使用されていません。

クプレラ

ギンヒラスやシロギス、マダイなどが使われています。腸内環境をととのえて、スムーズな排便を促してくれるそう。

アーガイルディッシュ

サワラやアミキリといった魚が使われていますが、主原料はカンガルー肉です。魚肉メインではありませんが、オーガニックの原料にこだわっている点が特徴です。なお、玄米も含まれているため、穀物アレルギーの猫には注意が必要です。

ピュリナ グレインフリー

主原料は白身魚です。カルシウムとリンのバランスにこだわって作られており、尿路疾患が気になる猫におすすめだそう。食感の違いを楽しみながら食べられる点も特徴です。

まとめ

今回は、魚を使用したキャットフードの特徴やメリットについてご紹介しました。日本の家のなかで暮らす猫にとっては、高タンパクで低脂肪の魚肉が健康にも良いことがわかりました。

できる限り、体にやさしい食事を与えたいと考える人は、魚肉メインという点だけではなく、添加物や合成酸化防止剤の使用の有無もチェックしておきたいですね。

消化しやすくアレルギーを発症しにくい食事を探したい、ダイエットしながらおいしくゴハンを食べさせたい、年をとった猫でも食べやすいものを選びたいという飼い主さんには特におすすめです。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です