ヒューマングレードのキャットフードは絶対に安心なのか!?

「愛猫に与えるキャットフードは健康志向でありたい」

すべての飼い主がこのような思いを持ち、キャットフードを選んでいると思います。

品質の良いキャットフードを選ぶ意識を持つと「ヒューマングレード」というワードをよく見かけるはずです。

ヒューマングレードは、「人間が口にする食材と同等レベル」という意味を持っています。

1.ヒューマングレードとは

冒頭でも少し説明しましたが、ヒューマングレードの意味をもう少し深掘りしたいと思います。

人間と同等レベルの

ヒューマンレベルは「人間と同等レベルの食材」という意味です。

人間が口にしても問題のない食材を原料にしています。

明確な基準はない

ヒューマングレードは、法律や公的機関で定義されているわけではなく、メーカーの自主判断で表記されています。

食用として人間が食べることができるという意味ではない

ヒューマングレードの食材を使っているからといって、人間が口にできるレベルを保証しているわけではありません。

メーカーによっては、人間が食べない廃棄予定の原料を利用して「ヒューマングレード」と表記している場合もあるのです。

2.ヒューマングレードのメリット

添加物、グレインフリー。ヒューマングレードのキャットフードを選ぶと、以下のようなメリットを得ることができます。

添加物による健康被害を減らすことができる

安売りされているキャットフードは、着色料や香料などの添加物を利用しています。

添加物を使えば、猫好みの匂いを容易に発することができ、食いつきの良さをアピールできるからです。

しかし、このようなキャットフードは発がん性リスクがあるため、与えるべきではありません。

その一方、ヒューマングレードのキャットフードは、無添加で作られているケースが多いため、猫の体をいたわれるです。

高品質な原材料のキャットフードを与えることができる

前述している通り、ヒューマングレードは、人間レベルの食材であることを100%約束しているものではありません。

しかし、多くの場合は高品質の材料を利用しているため信頼は高いです。高品質の原材料を見極める目安になります。

グレインフリー

グレインフリーは、穀物不使用を示しています。

猫の腸内環境は穀物を消化しにくい作りになっているため、穀物を与えると消化不良を起こします。

ヒューマングレードのキャットフードは、穀物を使用していないケースが多いため、安心して与えられるのです。

3.ヒューマングレードだから必ずしも安心ではない

冒頭の方でも記したように、ヒューマングレードは100%安全を証明するものではありません。その概要に、もう少し迫りたいと思います。

ヒューマングレードで製品の質は保証されていない

ヒューマングレードを証明する定義や公的機関はありません。多くの場合、製造メーカーが自社判断しているだけです。

製品の質を確認したい場合は、メーカーホームページをチェックしてください。原材料の品質に自信を持っているメーカーは、

・原材料の品
・製造工場
・衛生管理
・添加物の有無

などを詳細に記しています。

本物のヒューマングレードはかなり稀

ヒューマングレードと謳っていながら、廃棄寸前の原材料を使っているケースもあるため、本物のヒューマングレードは稀です。

なぜそのようなレベルの原材料を使用しているのか?その答えは、「安く作れて利益が出るから」に他なりません。

4.おすすめヒューマングレードのキャットフード

前述したような説明からすると、

「結局のところヒューマングレードって安全なの?」
「安心できるヒューマングレードのキャットフードはどれ?」

と思う飼い主が多いと思います。そのような飼い主は、以下に紹介するキャットフードを選んでみてください。

どのキャットフードも品質の高いヒューマングレードとなっており、多くのリピーターを生み出しています。

モグニャン

モグニャンは、96%の白身魚を主原料に作られています。白身魚は猫が好む食材の代表例です。

高タンパク質となっており、開封した瞬間に白身魚の香りが漂います。猫の食いつきが良いため、食欲不振の猫の食欲改善にもおすすめです。

その他の食材にはさつまいもなどの食物繊維を作用。穀物を使用していないグレインフリーなので消化の良さにも定評があります。

モグニャンで採用されている原材料は、欧州ペットフード工業会連合の厳しいテストをクリア済みです。

製造工場では、スペクトラム機器を利用して品質クオリティを再チェックしているため、品質の高さは折り紙付となっています。

モグニャンは一粒あたりのサイズが小さいため、子猫に与えるキャットフードとしても最適です。

低カロリーに作られており、ダイエット中の肥満猫にオススメな点も注目されています。

モグニャンは、初回購入限定価格のキャンペーンを行っているため、試しやすいのも嬉しいポイントです。

シンプリー

モグニャン同様、欧州ペットフード工業会連合のテストをクリアした高品質な食材を主原料にしています。

主原料は

・生サーモン
・生マス
・乾燥サーモン
・ニシン
・白身魚

などの魚が中心です。

シンプリーのキャットフードは、一粒一粒を独自開発のフレーバーソースでコーティングしており、猫好みの匂いを発しています。

食いつきが良く、食欲不信の猫の食欲改善にもおすすめです。

低カロリー高タンパクなので太りにくいのもポイント!これらの点を踏まえると、モグニャンの概要に似ています。

カナガン

イギリス発祥のキャットフードなのですが、日本でも人気を誇っており、多くのリピーターを生み出しています。

主原料は、厳選された新鮮な生肉60%で、猫の体作りを支えるにふさわしい高タンパク質です。

グレインフリーになっているため、猫の消化不良を引き起こす穀物類は使われておりません。

このような概要は、その他のキャットフードでもよく見られますが、カナガンは栄養バランスの良さにも定評があります。

・チキン
・さつまいも
・海藻
・クランベリー

などの原料も使っており、

・タンパク質
・リン
・ミネラル
・ビタミンC

などの栄養をバランスよく配合。

栄養の配合は専属の管理士が行なっているため総合栄養食として高いポテンシャルを誇っています。

先着1000名で、1食100円でお試し購入できるキャンペーンがある点にも注目です!

5.逆にヒューマングレードではない良質キャットフードもある

ヒューマングレード=良質という捉え方ができる一方で、ヒューマングレードではなくても良質なキャットフードもあります。

それは、原料がミートバイプロダクツミール(肉副産物)のキャットフードです。

ミートバイプロダクツミールは、肉以外の部分をレンダリングした原材料を示します。

肉副産物は、本来人間が好んで食べるものではありません。しかし、多くの栄養を含んでいることで知られています。

メーカーからすると、製造費用を削減できるメリットもあるため、ヒューマングレードじゃなくても、キャットフードには積極的に使われているのです。

ヒューマングレードのキャットフードは品質が高い一方で、価格が高い傾向にあります。

「ちょっと高くて購入できない」という場合に検討してみてはいかがでしょうか?

6.まとめ

今回は、ヒューマングレードに焦点を当てましたがいかが、でしたでしょうか。

ヒューマングレードのキャットフードは、原材料にこだわっていることがわかりましたね。

しかし、その一方で100%安全ではないこともわかりました。

キャットフードを購入する際は、「ヒューマングレード」という言葉を一つのキーワード程度に捉えて、慎重に選びましょう。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です