キャットフードが原因でアレルギーかも!?3つの対策方法!

人間が食物アレルギーになるように、猫も食物アレルギーになります。

放っておくと、持病になったり、最悪死に至る可能性も指定できません。

飼い猫の健康を保つためにも、どのようなアレルギーが現れるのか勉強しましょう。

猫にはどのようなアレルギーがある?

猫がかかるアレルギーは

・食物アレルギー
・ノミ
・ハウスダスト
・寄生虫

などがあります。次の章で詳しい概要を見ていきましょう。

猫の食物アレルギーの症状

前述したアレルギーの症状を詳しく見ていきます。

ノミ

ノミが原因で、ノミアレルギー性皮膚炎を引き起こします。強い痒みを引き起こし、痒みをかく際に脱毛する可能性も高いです。

ハウスダスト

ハウスダストが原因で、アトピー性皮膚炎を引き起こす場合があります。ただし、先天性のアトピーの場合も多いです。

主な症状は痒みですが、進行が進むと皮膚感染症を引き起こします。脱毛に繋がる場合も多いです。

食物アレルギー

食物アレルギーは、食事に含まれる原料が体に合わない時に発症します。

猫が食物アレルギーを起こしやすい原料は後に後述しますが、ざっとあげると

・牛肉
・乳製品
・穀類

などです。食物アレルギーになると

・掻く
・噛む
・皮膚疾患
・消化器系疾患

などを発症します。

寄生虫

先ほど紹介したノミも寄生虫の1種です。その他には、アブや蚊が唾液を注入することが原因で、アレルギーを引き起こす場合があります。

主な症状は、

・皮膚炎
・痒み

などです。

猫のアレルギーの原因

猫のアレルギーの原因の1つに「アレルゲン」というものがあります。アレルゲンは、アレルギー反応を引き起こす物質のことです。

猫のアレルギー反応を引き起こすアレルゲンにはどのようなものがあるのか?チェックしていきましょう。

最もアレルゲンのなりやすいのは「肉」

最も猫のアレルゲンになりやすいのは、肉類です。

以下に挙げる肉が含まれているキャットフードは、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。

・牛肉
・魚肉
・鶏肉
・ラム肉
・乳製品

肉によるアレルギー反応はタンパク質によって引き起こされるケースが多いです(必ずアレルギー反応が起こるわけではありません)。

そのため、治療には、これらの肉原料を避けた鴨肉や鹿肉など、普通のペットフードには使われていないタンパク質を除去食として使用しています。

除去食は、市販の療法食を使うか手作りするのが通常です。どちらの方法を取るにせよ、動物病院で判断を仰いでください。

その他のアレルゲン

前述した食材以外には、以下に挙げる食材がアレルゲンになる可能性が高いです。

・乳製品
・卵
・小麦
・大麦
・コーングルテン
・豚肉
・羊肉

これらの原料を口にしたら、必ずアレルギー反応が起こるわけではありません。

それでも心配な場合は、これらの原料ができるだけ使われていないキャットフードを選んでください。

アレルゲンになりにくいのは?

アレルゲンになりにくい原料はお米です。今さっき、アレルゲンになりにくい原料として小麦や大麦を紹介しました。

同じ仲間では?と思われがちですが、お米は別物です。

アレルギーを軽減するためには炭水化物が大切なので、お米は、療法食でもよく使われています。

猫のアレルギーの対処法

飼い猫にアレルギー反応が出た場合は、既にあげる対処法を取ってください。

アレルギー症状が現れたらまず動物病院へ

アレルギー反応のある猫をそのままにしておくと、持病につながったり、最悪の場合死に至る可能性があります。

アレルギー反応が出たら、まずは動物病院に連れて行きましょう。医師の指示に従って、対処して下さい。

アレルギーの原因を対策する3つの方法

アレルギー反応を軽減するためには、アレルギーの原因を突き止める必要があります。

以下に紹介する方法を試して、早めに対策してください。

①ペットフードを変えて症状が発生した場合、変更があった原材料をアレルゲンと疑う

ペットフードを変更したタイミングでアレルギーが発症した場合は、ペットフードに含まれている原材料に原因がある可能性が高いです。

今まで与えていたキャットフードの原料と変更後のキャットフードの原料を照らし合わせて、どのような違いがあるのかチェックしましょう。

②キャットフードに含まれる原材料の種類を減らす

前述しているように、アレルゲンになる可能性がある原材料は沢山あります。

可能性のある原材料を多く含んでいるキャットフードだと、どの原料がアレルギーの原因になっているのかわかりません。

出来る限り可能性のある原材料を減らして、除去食を与えてください。それでアレルギーが改善するのであれば成功です。

しかし、ここで終わりではありません。少しずつ原材料を戻して、以前の食事に近づけます。

なぜこのようなことをするかというと、アレルギーの発症を再確認して、どの原材料が原因になっているのか確認しなければならないからです。

またアレルギーを再発しなければいけないのは、猫がかわいそうですが、原因を追求しなければならないので仕方がありません。

原因を追究できれば、その後は気持ちよくキャットフードを与えることができるので根気強く付き合ってください。

なお、この作業を飼い主の独断で行うのは危険です。必ず動物病院に行き、医師の指導のもと行なってください。

③血液検査を行う

動物病院に行くと、アレルゲンの原因を追求するための血液検査を受けることができます。

100種類ほどの細かい項目で検査をしてアレルゲンの原因を突き止めるのですが、必ずしもを突き止められるとは限りません。

あくまでも、検査結果は参考程度にとどめてください。

ちなみに、血液検査は2万円ほどかかります。これは最低料金です。検査する項目数が多いほど高額になります。

項目数が増えるほどアレルゲンを追求しやすくなりますが、料金が上がるのはネック…。

獣医師やお財布事情とよく相談して決めましょう。

アレルギーを確認する上での注意

人間のアレルギーは比較的早く表に現れるため、異変に気付きやすいです。その一方、猫のアレルギーはゆっくり現れます。

アレルギー反応になるべく早く気付いてあげられるように、日頃からよく観察しておきましょう。

猫のアレルギーの予防法

猫のアレルギーの予防法は、次に上げる方法があります。

低アレルギーのキャットフードを選ぶ

アレルギー専用食を試してみる
アレルギー治療専用のキャットフードがあるので試してみてください。

低アレルギーのキャットフードを2ヶ月ほど与えてアレルギーが軽減されるのであれば、食事がアレルギーの原因である証明になります。

早期解決に繋がるので、ぜひお試しください。

グルテンフリー、無添加のキャットフードを選ぶ

添加物が原因でアレルギー反応を引き起こす場合も多いため、無添加のキャットフードを選んでください。

小麦がアレルギーを引き起こすこともあるので、穀物を一切使用していないグルテンフリーのキャットフードもオススメです。

そもそも、小麦は猫の消化不良を引き起こすします、添加物は発がん性リスクが報告されており、猫に与えるべき原料ではありません。

タンパク質の種類が少ないキャットフードを選ぶ

猫は動物肉を好むため、タンパク質は重要です。

しかし、前述しているように様々な肉が原因でアレルギーを引き起こす可能性も否定できません。

そのため、タンパク質の種類を限定しているキャットフードを与えるとアレルギーの予防につながります。

主に、アレルギー専用食を与えれば問題ありません。

まとめ

今回は、猫のアレルギー反応に焦点を当てましたがいかがでしたでしょうか?

身近に潜む概要に、アレルギーの原因が潜んでいることがわかりましたね。

今この記事を読んでいるあなたが飼っている猫が健康だったとしても、いつアレルギー反応を引き起こすかわかりません。

これを機に対策を考えておきましょう。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です