大粒のキャットフードは猫に良いの?メリットとデメリット!

キャットフードは、大粒のものと小粒のものがあります。

小粒のキャットフードは、食べやすそうな感じがして、猫にとって良さそうなイメージがありますよね?

では、大粒のキャットフードはどうなのでしょう。

喉に詰まらせて危険そうなイメージもありますが、実はそうとも限りません。

そこで今回は、大粒のキャットフードのメリットやデメリットをまとめてみました。

大粒のキャットフードのメリット

飲み込み防止、咀嚼力。大粒のキャットフードには、次に挙げるようなメリットがあります。

噛まずに飲み込んでしまうことを防ぐ

基本的に猫は、餌を噛まずに丸呑みする習性があります。猫は消化器官が弱い動物なので、噛んでから飲み込んだ方が健康的です。

大粒のキャットフードは、噛まないと飲み込みづらくなるため、丸呑みを防止できます。

顎の筋肉の衰えを防ぐ

小粒やキャットフードや柔らかいキャットフードばかり与えていると、顎の筋肉が衰えます。

咀嚼力が弱くなると、慣れない餌を食べる時に苦戦することになり、丸呑みしてしまうかもしれません。

噛むことが好きな猫に合う

前述したように猫は餌を丸呑みする習性がありますが、噛むことが好きな猫もいます。

キャットフードは、猫の趣味趣向に合わせて選ぶのも大切なので、噛むのが好きな猫には、大粒のキャットフードを与えた方が良いのです。

大粒のキャットフードのデメリット

食べづらい、子猫。大粒のキャットフードのデメリットは次に挙げるようなものです。

食べづらい

極端に大粒のキャットフードは、成猫であっても食べづらいです。

食べづらい食事を続けていても餌を残すだけなので、栄養不足や食欲不振になります。

細かく砕いたり、お湯でふやかすなどをして与えてください。

子猫の口には合わない

子猫は口が小さいため、大粒のキャットフードを口に入れることができないので、子猫用のキャットフードを選んでください。

離乳食前後の子猫は、まだ歯が生えそろっていないため、硬いキャットフードを噛むことができません。

歯が生えそろっていたとしても咀嚼力が弱いので、上手に噛むことはできないでしょう。

子猫にキャットフードを与えるときは、砕いてから、お湯やミルクでふやかすことをオススメします。

小型猫に合わない

・ミヌエット
・マンチカン
・シンガプーラ
・スキフトイボブテイル
・ラムキン

これらの小型猫は、成猫であっても口が小さいため、大粒のキャットフードを上手に食べることができません。

そのまま与え続けると吐き戻しや栄養不足の原因になるため、小さいキャットフードを与えてください。

大きいキャットフードしかない場合は、砕いたり、ふやかすなどして与えましょう。

ただし、全ての小型猫が食べやすいキャットフードを好むわけではなく、大粒をガリガリ食べたい猫もいます。

飼い猫の趣味嗜好に合わせて、適切なキャットフードを選んでください。

大粒でオススメのキャットフード

カナガン、ジャガー。以下に紹介するキャットフードは、大粒で人気が高いです。

栄養価も高いため、健康志向の猫にもオススメできます。

カナガン

カナガンは、

・タンパク質
・ビタミン
・リン
・セレン
・食物繊維
・ミネラル
・ヨウ素
・ビタミンC

など、多くの栄養素を配合しているキャットフードです。

メーカー専属の栄養士による配合になっているため、バランスの良さに定評があります。

カナガンが利用している原材料は、人間が食べられる「ヒューマングレード」なので、お子様が口に入れても心配いらない点にも注目です。

ただし、口に入れてしまった場合は、念のため医師に診察してもらってください。

ジャガー

チキンや鴨肉、サーモンやマスなどを主原料にしているキャットフードです。

猫が好む動物性タンパク質を多く含んでいるため、食いつきの良さに定評があります。

ジャガーのキャットフードは、マルベリーや朝鮮人参も配合しているため、美容効果や漢方効果を期待出来るのも魅力です。

採用されている食材は、ヒューマングレードだけを採用。メーカーが起用する専任スタッフが、厳しい管理を行う徹底ぶりを見せています。

シンプリー

シンプリーのキャットフードは、粒が大きく作られており、その1粒1粒が独自のフレーバーソースでコーティングされています。

このフレーバーソースは、

・白身魚
・ニシン
・乾燥サーモン
・生マス
・生サーモン

などで作られたものです。

パッケージを開封した瞬間に、新鮮な食材を使用していることが分かる濃厚な香りが漂います。

食欲不振の猫などに与えると良好な食いつきを見せるでしょう

シンプリーは、イギリスのメーカーです。イギリスには、ペットフードの安全基準を定める「欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)」という組織があります。

シンプリーのキャットフードは、その基準をクリアした上で製造されているため、品質クオリティが高いのです。

成長途上の猫にも安心して与えられます。

オリジン

オリジンのキャットフードは、低糖質で作られており、GI直にこだわりを見せています。肥満気味の猫にオススメです。

動物病院でもプッシュされることがあるくらい栄養価が高い点にも注目が集まっています。

シンプリーのキャットフードは、アメリカの製造です。アメリカは、日本よりもペットフード作りの基準が厳しいため、「国産じゃないと心配…」という飼い主にもオススメできます。

レガリア

レガリアのキャットフードは、日本国産品です。

前述したように、ペットフード作りの基準は、日本よりも海外の方が進んでいます。

その常識がある上で、「世界一の品質」を目指して開発されました。

穀物は、猫の消化不良を引き起こすため、本来はキャットフードに入れるべき減量ではありません。

しかし、カサ増し目的で導入しているキャットフードが多いです。

その一方、レガリアは国産のキャットフードで初めて「グレインフリー(穀物不使用)」を実現させました。

発がん性リスクが報告されている着色料や香料などの添加物も一切利用しておらず、「ヒューマングレード」です。

主原料には、粉末肉ではなく、生肉を採用しています。野生の猫が本能として好む原料なので、良好な食い付きです。

獣医師監修のもと、日本の飼い猫に適したヒューマングレード素材&栄養バランスにこだわっている点も注目となっています。

大粒を食べてくれないので余ってしまった…

「大粒のキャットフードがなかなか食べてくれないので余ってしまった…」。

こういう時は、せっかく買ったキャットフードがもったいないですよね…。でも捨てる必要はありません。

余ったキャットフードは、小さく砕くと食べてくれることがあります。それでも食べない場合は、ふやかしてください。

ふやかすと、猫が本来好む生肉のような食感を演出できるため、食いつきが良くなることがあります。

それでも食いつきが悪い場合は、キャットフードの味や匂いが嗜好に合っていないのかもしれません。

そういう時は、キャットフードの買い替えを検討してください。

ウェットタイプなら断然大粒がおすすめ

大粒でできているウェットタイプのキャットフードがあります。

このタイプのキャットフードはとても柔らかく作られているため、大きくても食べやすいです。

水分量を多く含んでいるので、なかなか水を飲まない猫の水分不足を回避する役割もあります。

まとめ

今回は、大粒のキャットフードに焦点を当てましたが、いかがでしたでしょうか?

メリットもありましたが、デメリットがあることも分かりましたね。

メリットとデメリットの双方を理解すれば、大粒のキャットフードがNGというわけではありません。

飼い猫の趣向やサイズ、体調なども考慮しらがら、適切な与え方をしてください。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です