高カロリーキャットフードで太った?猫の適正カロリーとは?

「うちの猫ちょっと太ってきたかも?」。このように思ったらキャットフードのカロリーを見直してみてください。

太らないようにするためには、飼い猫に見合ったカロリー計算をしなければならないのですが、できていない飼い主が意外と多いようです。

猫が太った原因は高カロリーキャットフード!?

成猫の場合、

・3.5kg未満…痩せている
・3~5kg…標準
・5kg以上…肥満

という体重が、おおよその目安になります。もし、自分の飼い猫が肥満傾向にあるなら、キャットフードのカロリーを見直してください。

外で放し飼いが当たり前だった一昔前とは違い、室内飼いが当たり前になった現代において、猫の運動不足は深刻です。

与えすぎているつもりはないのに、肥満になってしまうことがあります。

キャットフードは、種類によってカロリーが全然違います

市販されているキャットフードのカロリーは種類によって全然違います。

一般的には、

・100g…300kcal~400kcal

です。350kcal~は高カロリーだと言われているため、高カロリー気味のキャットフードが多く販売されています。

ちなみに、ドライフードよりウェットフードの方がカロリーが高いです。それについては後述します。

体重×80kcalは高カロリー!?

与えるべき適切な餌の量は、「体重×80kcal」という触れ込みをインターネットでよく見かけます。

放し飼いしていた昔の飼い猫ならこれでも良かったかもしれないですが、室内飼いの現代猫にとっては高カロリーかもしれません。

猫に与える餌の量は、

・ライフステージ(年齢)
・運動量
・飼育環境

なども考慮しなければいけないため、単純計算で導き出せるものではないのです。

「体重×80kcal」は、おおよその目安として捉えておいてください。

猫が必要なエネルギーの基準

・NRC(米国学術研究会議)
・一般社団法人ペットフード協会
・各社ペットフードメーカー

を例に、猫が必要なエネルギーのおおよその手順を比較してみましょう。

NRC(米国学術研究会議)基準

・4kgの成猫…1日250kcal

一般社団法人ペットフード協会基準

・10週…250kcal
・20週…250kcal
・30週…250kcal
・40週…250kcal

各社ペットフードメーカー基準

有名ペットフードメーカーを一部抜粋します。

・ピュリナワン…330kcal
・サイエンスダイエット…416kcal
・グレインフリー…368kcal
・ニュートロナチュラル…308kcal
・カナガン…390kcal

いかがでしょうか?このように見てみると、随分差があることが分かりますね。

つまり、常識とされているカロリーや商品表示されているカロリーを真に受けてはいけません。

それぞれの飼い猫に見合ったカロリーを把握しなければならないのです。

適正カロリーのキャットフードを選ぶ時の注意点

適正カロリーのキャットフードを選びたい時は、以下のポイントを意識してください。

キャットフードごとに搾取カロリーが違う

キャットフードのパッケージには摂取カロリーが書かれています。

しかし、全てのキャットフードが同じ表記ではありません。複数のキャットフードを比較して、選んでみてください。

表示カロリーが高いから高カロリーとは限らない

子猫には、高カロリーなキャットフードを与えて、成長を促さなければいけません。

生後6ヶ月くらいから成長が緩やかになるので、カロリーを減らしていきます。

これを考えると、表示カロリーが高いからといって、必ずしも高カロリーとは言い切れません。

キャットフードは、飼い猫のライフステージも考慮して選んでください。

ウェットキャットフードは太りやすい

ウェットフードは、生肉をそのまま生かした加工になっているため、高たんぱく好カロリーです。

「食いつきが良い!うちの子とフードが好きなのね」と与えすぎる飼い主が多いですが、ドライフードよりも太りやすいので主食にするのはオススメできません。

オススメのダイエットキャットフード

次に挙げるキャットフードは、ダイエットにおすすめです。

カナガン

日本よりもペットフード基準が厳しいイギリスで作られたキャットフードです。

主原料は、

・タンパク質の生肉
・食物繊維のさつまいも
・ミネラルの海藻
・ビタミンCのクランベリー

などを配合。

これらの栄養は、メーカー専属の栄養管理士が配合しているため、総合栄養食として評価が高いです。

カナガンは、お試しキャンペーンを行っているため、格安で試せるのもポイントとなっています。

モグニャン

動物肉を主原料にしているキャットフードが多い中で、モグニャンは白身魚を主原料にしています。

主原料の96%が白身魚だけありヘルシーで、ダイエット猫におすすめです。

穀物を使用していない一方で、食物繊維を豊富に含んでいるため、消化不良を引き起こしにくい点も◎。

モグニャンは、日本よりもペットフード基準が厳しい欧州のテストをクリアしているため、品質の高さにも定評があります。

モグニャンは、1粒が小さく作られているので、子猫用のキャットフードにもぴったりです。

シンプリー

シンプリーは、前述したモグニャン同様に、欧州のペットフード基準をクリアしているため高品質です。

魚を主原料にしており、

・生サーモン
・生マス
・乾燥サーモン
・ニシン
・白身魚

様々な魚種をブレンド。低カロリー&高タンパクで、身体作りをサポートします。

粒を濃厚なフレーバーソースで絡めているため、飽きにくい点も魅力です。

ジャガー

主原料の80%以上がお腹に優しい動物性タンパク質なので消化が良いです。

・チキン
・鴨肉
・サーモン
・マス

などが主原料になっており、肉と魚の栄養の良いとこ取り!高タンパク質が猫の筋肉増強をサポートして、脂肪燃焼を促します。

これらにプラスして注目なのは、マルベリーを配合している点です。

マルベリーは美容効果が高く、毛を美しくすることで知られています。美人猫を目指すなら外せないキャットフードです。

クプレラ

クプレラは、オーストラリア産のキャットフードです。全ライフステージで利用できます。

注目ポイントは、非加熱配合です。

・消化酵素
・マルチビタミン
・プロバイオティクス
・必須アミノ酸

などは、加熱すると栄養が壊れます。それを回避するために、非加熱配合で栄養を閉じ込めているのです。

グレインフリーなので、消化不良を引き起こさない点も◎。

ピュリナグレインフリー

ネーミングを見てわかるとおり、グレインフリーに注力しているキャットフードです。

食感が異なるキャットフードを複数リリースしているため、飼い猫の嗜好に合わせて選べます。

1食ごと小分けでパッケージされており、毎回新鮮な餌やりができる点も◎。長期保存にオススメです。

適正カロリーの相談場所は?

動物病院や専門ペットショップに相談することをオススメします。飼い猫を健康的にダイエットさせるためには、

・体重に見合ったエサ量
・運動
・キャットフード選び

などを徹底追求しなければいけません。これらの判断を飼い主だけでするのは難しいです。

独断すると、糖尿病などにつながる恐れもあるので、必ず動物病院や専門ペットショップに相談しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はキャットフードのカロリーやダイエットなどに焦点を当てました。

室内飼いが当たり前になった現代において、飼い猫の肥満は、どこの家庭でも起こり得ることです。

「うちの子は大丈夫」とタカをくくっていると、糖尿病などの病気に発展する可能性もゼロではありません。

今一度、カロリーを見直してみてはいかがでしょう?

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です