健康的なキャットフードは!?うんちでわかる猫の健康状態!

皆さんは、猫が健康に過ごすために必要な栄養がどんなものか知っていますか?タンパク質、ビタミン。

なんとなく分かっていても、ちゃんと把握している飼い主が少ないと思います。

必要な栄養が不足すると、うんちの状態が変わったり、病気になりやすくなるので注意です。

猫が健康に過ごすには?

運動、ストレス、栄養、。猫が健康に過ごすためには、以下のような条件が最低限必要です。

キャットフードの栄養バランス

やはり、健康の基本は食事。キャットフードの栄養バランスは最も重要と言えます。

現代は、猫がわざわざネズミを追いかける時代ではありませんが、猫は、本来肉食動物です。

肉(タンパク質)を食べてこそ生きていける動物なので、キャットフードに含まれている肉の品質は重要です。

その他には、消化を促す食物繊維や毛並みの美しさをキープするビタミンやミネラルも必要になります。

そして、猫の消化不調を促す穀物は含まれるべきではありません。

ちなみに、栄養価が高いのはウエットフードではなくドライフードです。

ドライフードは「総合栄養食」として作られている一方で、ウェットフードは「補助食」として作られています。

適度な運動

外で飼育するのが当たり前だった昔とは違い、現代の猫は室内飼育が当たり前なので、運動不足が深刻です。

適度な運動をさせないと、栄養バランスの高い食事もカロリーの与えすぎになってしまいます。

ストレスケア

人間は、ストレスを抱えすぎると体調を崩したり脱毛になったりしますが、それは猫も例外ではありません。

急な引っ越し、ペットが増える、etc。猫はちょっとした変化でストレスを抱えるので、注意深く観察してください。

キャットフードの栄養バランスの重要性

以下に挙げる栄養は、猫が健康に生活するために必要な栄養です。

キャットフードを購入する際は、パッケージ裏面で、これらの栄養が含まれているか確認してください。

・タンパク質
・炭水化物
・脂肪
・カルシウム
・リン
・マグネシウム

これらの栄養が

・タンパク質35%、脂質20%、炭水化物5%
・カルシウム:リン:マグネシウム=1.2:1:0.08

に近いバランス含まれていると理想的です。

猫にとって最も重要な栄養はタンパク質

前述したように、猫は様々な栄養が必要ですが、最も重要な栄養はたんぱく質です。

タンパク質を積極的に摂取しておかないと、以下の病気にかかりやすくなります。

・糖尿病
・心臓病
・肝疾患
・癌
・腎臓病

これらの病気は、一度発症すると進行するスピードが速くなり、命の危機も…。

特に、肝疾患と癌は発症するとタンパク質の吸収を制限してしまうため、気を付けなければなりません。

「最近体調が悪いかも…」と感じたら、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

猫の健康状態はうんちでわかる?

「栄養や病気の重要性はわかったけど、どうやって健康状態は把握すれば良いかがわからない」。

今、このように思っている人が多いことでしょう。猫の健康は、うんちの状態である程度把握できます。

健康なうんち

健康的なうんちは、キャットフードの原料の匂いがします。キャットフードが健康的に消化されている証拠です。

見た目で言うと、艶があってベタつきがありません。コロコロしておらず長いです。

匂いの少ないコロコロうんち

原料の匂いがほとんどせず、コロコロのうんちが出る場合は、以下の状態が考えられます。

・水分の不足
・食物繊維の不足
・腸機能の低下
・加齢による腸機能の低下

動物病院に連れて行き、診察してもらってください。

健康的なうんちはキャットフード

健康的なうんちを出すためにおすすめのキャットフードは「グレインフリー(穀物不使用)」です。

穀物は、猫が消化しにくい原料なので、キャットフードに含まれているべきではありません。

しかし、経費削減でキャットフードを作れるため、利用されているケースが多いです。

栄養バランスに気を使った健康キャットフード

以下に紹介するキャットフードは、栄養バランスが高くて健康志向です。飼い猫の体調がそぐわない時に与えてみてください。

あるいは、体調を崩さないための予防として与えるのもオススメです。

モグニャン

モグニャンは、ヘルシー志向のキャットフードです。主原料の60%が白身魚なので、高タンパクでありながらも低脂肪となっています。

さつまいもの食物繊維が消化を促してくれるためうんちの出も良好。便秘解消にもおすすめです。

モグニャンは、猫が消化を苦手としている穀物を含んでいないため、お腹に優しい開発になっています。

モグニャンを利用したことない人は、公式サイトで購入してください。初回購入者限定で割引販売するキャンペーンを行っています。

まずはお試しで与えてみて、飼い猫にマッチするようなら継続利用すれば良いでしょう。

カナガンキャットフード

日本で人気があるイギリスのキャットフードです。海外は日本よりも厳しい基準でキャットフードを作っています。

そのため、カナガンキャットフードは動物病院が推奨することもあるくらい安全性が高いです。

・チキン
・さつまいも
・海藻
・クランベリー

など、多くの栄養を含んでおり、総合栄養食としてのポテンシャルは言うことなし。

この中で主原料となっているのは、生肉60%です。粉末肉ではなく生肉を利用しているため、高タンパクとなっています。

カナガンキャットフードはグレインフリーなので、穀物は不使用。消化不良を起こしにくくなっています。

カナガンキャットフードは、1食100円で購入できるお試しキャンペーンがあるので、まだ利用したことのない人はご検討ください。

シンプリー

日本で人気の高い欧州のキャットフードです。シンプリーのキャットフードは、1粒ごとに旨味とフレーバーが凝縮されているため、食いつきの良さに定評があります。

凝縮されている旨みの秘訣は、主原料の魚です。

・生サーモン
・生マス
・乾燥サーモン
・ニシン
・白身魚

など様々な業種を利用しています。

主原料のほとんどが魚なので、高タンパク質なのに低カロリー。ダイエット中の猫に最適なキャットフードとなっています。

ファインペッツ

一般的なキャットフードは、品質保持を目的に酸化防止剤や防腐剤を含んでいます。これは、猫の健康を考えると良い成分ではありません。

ファインペッツは、これらの成分を含んでいませんが、常温で最長3ヶ月保存できます。

キャットフードを絶やさずストックしておきたいご家庭にオススメです。

主原料には、

・オランダ産ニシン
・フランス産アヒル肉

を採用。これらはアレルギーリスクが低い原料です。

ピュリナグレインフリー

少量の小分けパッケージになっているため、1食ごとの保存が可能です。毎回、開封したての新鮮な食事を与えたいご家庭にオススメとなっています。

グレインフリーに注力しており、消化不良を引き起こす穀物類を一切排除しているため、便秘になりにくいです。

グレインフリーのキャットフードは高価なものばかりですが、ピュリナグレインフリーは比較的安価なので、リピートしやすくなっています。

ジャガー

動物性たんぱく質に注力しているキャットフードです。

・チキン
・鴨肉
・サーモン
・マス

など、動物と魚をバランスよく配合しています。さらに、朝鮮人参もプラスしているため、漢方効果も期待できるのです。

採用されているこれらの食材は、人間が食べるに値する「ヒューマングレード」だけを採用。食材の品質は、折り紙付きとなっています。

まとめ

今回は、猫に必要な栄養やうんちからわかる健康状態に焦点を当てましたが、いかがでしたでしょうか?

一昔前の猫と現代の猫では、育て方の概念が違っています。今一度勉強しなおして、適切な飼育方法を再確認しましょう。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です