添加物は本当に危険なのか?オススメ無添加キャットフード!

「添加物=危険」というイメージを持っている人が多いと思いますが、添加物が含まれているキャットフードは多く存在しています。

本当に添加物が危険なら、添加物を使用しているキャットフードが溢れているわけがありません。

添加物って本当に危険なのでしょうか?添加物が含まれている理由などに焦点を当てつつ、紐解いていきましょう。

キャットフードに含まれる添加物の役割

品質保持、栄養調整、etc。添加物が含まれている理由は、以下のようになっています。

品質保持

添加物を含んでいないキャットフードは健康志向が強い一方、品質保持しにくいデメリットはあります。

品質が落ちたキャットフードもうっかり与えてしまうと体調を崩す恐れがあるため、品質保持の目的で添加物が含まれているのです。

栄養バランスの調整

キャットフードに含まれている原料は、熱を与えると加工中に栄養が破壊されるます。

それを防ぐために添加物を使って栄養を保持するのです。こうすることで、総合栄養食として出来の良いキャットフードを作ることができます。

味を良くする

添加物が入っていないキャットフードは、品質劣化のスピードが早くて、風味も落ちます。

それだと猫が食いついてくれないため、味をキープするために添加物が使われているのです。

こうすることで食欲不振の猫もキャットフードに興味を示すようになり、栄養不足を解消できます。

見た目をきれいにする着色料

着色料は、キャットフードの見た目を綺麗にするために使われています。

綺麗にすることで猫も興味を示しますし、飼い主からの印象も良くなるのです。

キャットフードに利用されている原料は、時期によって色が変化することがあるため、常に一定の色を保つために、調整剤として利用されている側面もあります。

猫にとって危険な添加物

猫にとって危険な添加物は、以下に挙げるものです。これらの添加物を日常的に摂取すると

・ガン
・肝機能障害
・アレルギー
・腫瘍
・免疫低下
・染色体異常
・下痢

などを引き起こす恐れがあります。

保湿剤

キャットフードの水分活性を抑えて、微生物の発生を防ぐのが目的です。

膨張剤

キャットフードにふっくら感を出すために利用されています。膨張剤を使うと食感が良くなるため、猫がよく食いつくのです。

栄養添加物

栄養添加物は、栄養バランスを定着させるために利用されています。主に

・ビタミン
・ミネラル
・アミノ酸

などの補強と定着が目的です。

pH調整剤

キャットフードを酸性に調整するために使われています。酸性にすると微生物の発生を抑えることができるのです。

酸化防止剤

キャットフードの酸化を防いで、味や香り、栄養の劣化を防ぐのが目的です。

保存料

細菌やカビの発生を防ぐために利用されています。主に、ウエットフードで利用されている添加物です。

発色剤

キャットフードが美味しそうに見えるための添加物です。食品添加物として容認されている発色を目指します。

着色料

こちらも発色剤と同じく、キャットフードが美味しそうに見えるために利用する添加物です。

増粘安定剤

ウエットフードに使用されることが多い添加物です。水分と油の分離を抑えて、なめらかな食感を出すために使用されています。

乳化剤

こちらもウエットフードによく利用されている添加物です。水と油、固体と液体などを定着させるために利用されています。

添加物が含まれない無添加キャットフードとは?

無添加とオーガニックの意味って、皆さんちゃんとわかってますか?一緒にされがちですが、実は違います。

無添加のキャットフードの概念とは、一体何なんでしょうか?

無添加キャットフード

無添加は、「一部の危険な添加物を使用していない」という概念があります。

「一部」というところがポイントで、100%添加物不使用を証明するものではありません。

無添加とオーガニックの違い

混合されがちな無添加とオーガニックは、以下のような違いがあります。

・無添加…生産済みの物に加工していない
・オーガニック…生産の段階から加工していない

つまり、オーガニックは原料の段階から何も手を加えておらず「ネイチャー志向」が強いということです。

おすすめの無添加キャットフード

以下にオススメキャットフードは、無添加&高品質で有名です。

ロニーキャットフード

2018年に発売されたキャットフードなので歴史は浅いですが、質の良い原料とバランスのとれた栄養が話題を呼び、ヒットとなりました。

使用されている原料は自然界で暮らす猫が口にするものばかりを使用しているため、食いつきの良さに定評ありです。

一般的なキャットフードは保存期間を長くするために防腐剤を利用していますが、ロニーキャットフードは使用していません。

そのかわり天然防腐剤であるハーブを利用することで、保存がきくようにしています。

ファインペッツ

無添加のキャットフードは外国産が人気ですが、ファインペッツは、国産のキャットフードです。

アヒルとニシンを主原料にしています。どちらの主原料もアレルギー性が低いので安全です。

これらの主原料は消化吸収率80%以上を誇っているため、少量の食事でも十分な栄養が取れます。

ダイエット期間中で食事を減らしている猫にもおすすめです。

もちろん、食材は無添加。残留農薬などは使用していないので、安心して与えられます。

カナガン

カナガンは、イギリスのキャットフードです。イギリスは世界トップレベルのペットフード基準を定めている国なので、カナダも品質の高さに定評があります。

主原料はチキンです。飼育環境の鶏を利用しているため、健康的。死骸した肉を利用したミートミールではありません。

栄養無添加のミネラルやビタミンも配合しており、計算されつくした栄養バランスです。

モグニャン

モグニャンは、前述したカナガンが、日本の猫にチューニングして開発したキャットフードです。

主原料は、白身魚。開封したと同時に濃厚な白身魚のフレーバーが香り、食欲不振の猫も喜んで食いつきます。

適度なタンパク質を摂取できて、脂質が控えめなので、とてもヘルシーです。ダイエット中や高齢の猫にもオススメできます。

天然のハーブや果物を配合することで、防腐剤を使用せずとも劣化を防いでいる点にも注目です。

オリジン

オリジンは、キャットフード業界でトップの知名度を誇るメーカーで、栄養価と品質の高さに定評があります。

野生で生活する猫の食事に近づけた食材を厳選している点に注目です。

肉に関しては野生の猫の食性に合わせて軟骨や臓器もそのまま配合。猫本来の食欲をそそります。

栄養添加物であるビタミンやミネラルは、添加されていません。それぐらい、主原料が持つ栄養価の高さに自信を持っているのです。

製造は全て自社のみで行っているため、1から10まで徹底した管理をしている点にも評価が集まっています。

添加物が含まれていても良質なキャットフードもある

多くの人が「添加物が含まれていない方が良質なキャットフード」と認識したと思いますが、添加物入りが必ずしも悪くないことを記させてください。

それは、人工添加物ではなく、天然添加物を使用しているケースです。

着色料や香料のような人工添加物は発がん性などのリスクがあるため、避けるべきですが、天然添加物なら自然界にある添加物なので身体に害は与えません。

まとめ

添加物が危険であるのが分かったと同時に、添加物入りのキャットフードが必ずしもNGではないことも分かりましたね。

飼い猫の健康を保持するためには、高品質なキャットフードを与えたいところですが、お財布と相談しなければならないのも深刻な問題です。

添加物の有無に気を配りつつ、長く与え続けられるキャットフードを見つけてください。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です