安いキャットフードのデメリットは?安くて良質なフードをご紹介

安いキャットフードには、それなりの理由があります。原材料を工夫したとしても、どうしても内容に不十分さが残ってしまうのが安いキャットフードの背景にあります。飼い主さんとしては、危険物質が配合されているようなキャットフードを愛猫に与えることには心が痛むのは当たり前のことです。それでもよく考えてみてください。猫の生死にかかわるような物質が配合されたキャットフードが、実際にどの程度販売されているのでしょうか?健康被害というものはそれほど深刻なのでしょうか。

安いキャットフードでも良い?

そこまでの被害状況が報告されていないとしても、安いキャットフードは、値段相応であることは確かなことです。家畜用の原材料を使って安い価格に設定されたドッグフードは、注意をしながら選ぶ他ないという状況です。良いか悪いかという判断はすべて飼い主の方に委ねられるのです。だからこそ、安いキャットフードで良いかどうか?の判断は、悩ましいところです。

多頭飼いの深刻な経費問題

愛猫が毎日食べるキャットフードだからこそ、拘りたいのはやまやまです。それでも、コストがかかり過ぎると、多頭飼いの場合には、家計の負担になってしまいます。ここを何とか打破するために安いキャットフードの中でも、安全性の高いものを選ぶべきなのです。例えば大手の量販店が独自で作っているキャットフードなどは、1日当たり30円以下のコストで購入できる場合もあるのです。スーパーなどでも購入できるタイプの安いキャットフードでも、酸化防止剤と人工添加物を排除しているものも、存在するのです。

それでも、やはり猫にとってアレルギーを起こしやすい小麦やトウモロコシが使われているようなキャットフードは一応避けた方が無難でしょう。安過ぎずある程度の値段で家計に優しいとう欲張りなキャットフードを探すことは最善です。

安いキャットフードのデメリットを知る

に注意が必要なのは、業務用のキャットフードです。かなり大きな袋に入っているので、ついつい多頭飼いの愛猫家には嬉しい商品?という印象があります。安いキャットフードを購入できるというメリット以外、デメリットが目立つのが本音です。安いキャットフードほど、大袋になっている傾向があります。
猫の頭は少ないの場合に大量購入した後に、すぐにキャットフードは劣化をしてしまいます。そして賞味期限がそのうち切れてしまうというのが、よくあるパターンです。その上、無駄な廃棄も増えて良いことは少しもありません。穀類中心のキャットフードというデメリットは、拭いきれません。そこをどう考えるのか、と言う以前に健康被害が出てからでは遅いという強い認識を持ち合わせるべきなのです。

デメリットを数えるときりがないので

飼い主として最初に知っておくべきことは次の通りです。

〇安いキャットフードは消化吸収率が低い
〇健康リスクを高める可能性の原材料が使われている

まずはまずはこの2点を押さえておいてください。出費を抑えることは人間側の都合です。これを愛猫に当てはめたときに本当の幸せはどこにあるのか?という疑問にたどり着きます。高品質と言われるキャットフードは確かに高価格ですが、手の届かないような金額帯でもありません。人間側が何かを節約すれば、十分に購入してあげられるものも、中にはあります。

そのあたりのバランスを考えながら、安いと言われるキャットフードとのバランスを取ればよいのではないでしょうか?確かにもしも食べなかった場合を考えたときいに安いキャットフードの場合には諦めがつくということもありますが、これも人間側の事情でしかありません。出来るだけお安いものでも、品質的に良いものを探して与えてみるという選択もあるのです。

安くても良質なキャットフードを見極めるポイントは?

何よりも原材料に着目してください。原材料に動物性食材が使われていることと、たんぱく質と脂質のバランスが保てているキャットフードも、値段帯が安い部類でも信頼を置けるものと言えます。そこで「安くても安心」ということをボーダーラインとして、飼い主さんがキャットフードを選べることが一番大事なのです。

そして品質的にタンパク質の含有量が多く食いつきが良いということは、最大の条件になります。これらを満たすキャットフードを是非とも選んで一度、愛猫の口に合うかどうか、試してみる価値はあると思います。最低限、人工添加物を避けて安いキャットフードを選ぶ必要があるのです。

安くてオススメなキャットフード

安くても愛猫に安心して食べさせることが出来るのは、次のような条件を満たしているドッグフードです。

〇良質な動物性たんぱく質の含有量が多め
〇人工添加物を不使用
〇100グラム300円前後の価格を維持していること

まずはこのあたりの情報を頼りに安くても良いと言われるキャットフードを探索してみいてください。

有名なキャットフードの中でも特に原材料の安全性と添加物の有無をチェックしてみてください。いずれも原材料がヒューマングレードで無添加であることは、安くても良いキャットフードを選ぶ最低条件です。

〇モグニャン・・新鮮な白身魚をメインに使ったキャットフードです。尿路ケアを考えたグランベリー使用など、猫の健康に配慮された配合となっています。

〇カナガン・・イギリス国内ではリピート率が非常に高い商品です。動物性タンパク質が多く入っていることに加えて穀類を排除した製法となっています。

〇シンプリー・新鮮なサーモンやニシンなどをメインに使ったキャットフードです。香料を使っていない状態でも天然由来の香りづけで美味しく作られています。

〇ファインペッツ・・アヒル肉を使用している珍しいキャットフードです。栄養バランスがとてもよく残留農薬などの検査をすべてクリアしたヒューマングレードレベルの商品です。

キャットフードを安く手に入れる方法はこれ!

最近はアウトレットでキャットフードを購入できるチャンスも多くなってきました。例えば消費期限が近い場合や、パッケージに傷があるような場合、バージョンアップのために廃盤が予定されているような商品も、安く手に入るものです。いわゆる訳あり商品はペットショップや大手のホームセンタ―のアウトレット商品コーナーに陳列される場合が多いので、こまめにチェックをしてください。

またオークションや通販サイトでも安く手に入る時期もありますので、チェックを欠かさないようにしてみてください。それでも返品が出来ない場合がほとんどですので、消費期限が近い、というような条件のものよりもパッケージに傷があるようなものを進んで選ぶべきでしょう。

通信販売を利用する場合

通信販売で定期購入をすることで、割引率が高くなる場合も多いのです。それ以外にもセールなどを十分に利用してコストを抑えながらも安くて良い商品を手に入れられるように、飼い主さんも目を光らせて、常に安全なお買い物を心がけるようにしてください。

まとめ

安くても良いキャットフードという視点で考えてみました。「安かろう悪かろう」という状況はペットフードにも残念ながら当てはまるものです。あえてその部分をきちんと見据えることが肝心です。そして、飼い主さんとして最低でもこの条件をクリアしていること、という部分を打ち出した状態で安価なキャットフードの中から良いものを探し当てることに意味があると思います。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です