犬はキャットフードを食べれない?犬と猫を一緒に飼うコツ!

猫と犬とでは同じ動物なのだから特にフードを分けなくても良いのでは?と独自の判断で犬にキャットフードを与えてしまう飼い主さんがたまにいます。これは実際のところ、大丈夫なことなのでしょうか?素朴に考えると確かにそれぞれのフードにそれほどの違いがなければ、特段気にするようなことではないのでは?と思うのが尋常なようにも思います。それでも実はそこに大きな落とし穴があることに気づいてください。

犬にキャットフードをあげても良いのか?

実は犬と猫とでは栄養摂取上に大きな違いが生じているのです。つまり健康維持のために必要な栄養素が全く違うという解釈をするべきなのです。犬と猫を同時に飼育している飼い主さんには特に知っておいてほしいことですが、犬と猫とでは与えるフードに大きな違いがあるのです。

犬と猫との違いとは?

例えば犬の場合には、食材からビタミンやミネラルを摂取するようにできています。体内に食材が入りこんだ際に、自分である程度は生成できるだけの力があるからです。一方猫の場合には体内で栄養素を合成できないという特徴があります。つまりキャットフードには、多くのビタミンやミネラルが含まれているのです。これを犬が食べると普通で考えると栄養過剰の状態になってしまうわけです。またたんぱく量や脂質の摂取量も犬猫とではずいぶんと違ってしまうのです。

栄養面に十分に配慮したドッグフードとキャットフードが独立して作られているのは、これが理由です。総合栄養食という表記が同じでも内容が犬と猫とではずいぶんと違っているということに気づいてください。

犬と猫とでは必要な栄養が違う

まず基本的に犬と猫とでは消化の構造が違っています。よく似ていると考えている人は一旦、その情報をリセットして適切な栄養素が違うということを理解してください。昔から言われているように犬の方が猫に比べると雑食です。肉類だけではなく野菜類の摂取も必要になるのです。一方、猫の場合には肉類をメインに考えても良いとされているのです。

また嗜好性にも違いがあります。一般的にキャットフードは濃い味付けがされています。その上タンパク質を多めに含有させているという特徴があります。逆にドッグフードは薄味です。万が一、何らかの状況でキャットフードを口にする機会が犬に合った場合には、濃い味の方に魅力を感じてしまうのは無理のない話なのです。ただ、それは健康上では適切なことではないのでくれぐれも注意をしておいてください。

犬がキャットフードを食べ続けた場合の問題とは?

真っ先に考えられるのは、犬が肥満になってしまうということです。そしてキャットフードを摂取することで、体内の栄養バランスが崩れてしまいます。味付けも違うので美味しく感じてしまうキャットフードを食べてしまう犬にとって、むしろドッグフードは魅力の薄い食事ということに感じられてしまう恐れもあるのです。

やはりうまみ成分でコーティングされているキャットフードの場合には、犬は美味しさをダイレクトに感じるものです。間違った嗜好性が高まってしまい、元のドッグフードに戻れなくなるという大きな問題も生じるのです。ついつい食べ過ぎて大幅に体重が増加してしまうという問題も発生します。

甘いアミノ酸が豊富なキャットフード

犬は特に、甘みを強く感じる食材が好みです。キャットフードの中にはニシンやマグロなど甘みの強いアミノ酸が豊富に含まれるために、口に合うという場合がほとんどです。犬が普段食べているフードに比べると、かなり味に違いがあります。これを長く続けるということには現実性がありません。その分健康被害がいつ生じてもおかしくない状況だからです。

猫には動物たんぱく質が不可欠ですので多めに配合されているのですそして、体内で必須栄養素のタウリンが生成できないので、キャットフードには意図的に多く含まれるように製造されています。これらはあくまでも猫専用に作られているものですので、犬が日常的に食べるものとしては少しも適していないと言えるわけです。

犬と猫を一緒に飼うコツとは?

犬と猫とでは大菊栄養素が違うので、まず食事については別々の場所で食べることをおすすめします。ここは割り切って飼い主さんが犬猫の健康を第一に考えるべきです。一緒に食べるような場面が多くなると、どうしても犬の方が猫のフードに興味を示しやすい理由が多いからです。

犬と猫を同居させるためには、様々な工夫が必要です。犬と猫とではそもそも、食事の習性が違うことに気づいてあげてください。犬も食べ方はとにかく素早く、すぐに一度の食事を完食するほどの勢いがあります。猫の場合にはゆっくりとよそ見をしながら、だらだらと食べるのが習性です。これだけの違いのある犬猫を一緒の場所で食事を食べさせること自体に問題があると言えるのです。

食事の時間をそれぞれにずらすなど工夫をしてください。もちろん食事の場所は別の方がお互いのためになります。猫のフードは犬が勝手に漁らないように、高い場所に置くなど飼い主さんの慎重な管理が必要となります。

Q&A 犬猫フードについて

Q1 犬と猫とでは原材料がどう違うの?

ドッグフードは肉類をメインにしていることが多く、キャットフードは魚類をメインにしている場合がほとんどです。

Q2 犬と猫とでは嗜好性が違うの?

猫は甘みを感じにくく犬が甘みを強く感じます。苦味については猫の方が強く感じ犬はそれほど感じません。酸味は犬猫ともに強く感じます。そして塩味については、猫はやや感じやすく犬の場合はほぼ感じません。

Q3 猫がドッグフードを食べるとどんな健康被害があるの?

ビタミンやミネラルの欠乏と過剰が考えられるようになります。そもそも猫は自分の体内でビタミンミネラルを生成できません。そこでビタミンミネラルが少なめのドッグフードを食べることで欠乏が懸念されます。逆に過剰摂取をする場合にも心配があります。

・必要な栄養素が摂取できない
・食べたフードを消化できない
と言う問題も発生します。

Q4 犬がキャットフードを食べる時に考えられる健康リスクとは?

栄養バランスが崩れてしまい、嗜好性も猫の食材の方に寄ってしまうことで、普段から食べるべきドッグフードへの関心が薄れてしまいます。

また、栄養素の摂り過ぎで腎臓と肝臓に影響が出ると言う健康被害が直接的に出る可能性が高まります。単純なことのようですが、実際に犬猫それぞれのフード以外を口にすることが安全とは言い難いことでもあるのです。

まとめ

仲良く同じような生活をしていたとしても、食べるものに関しては全く別物が必要であることを、飼い主さんは正しく理解をしてください。それぞれのフードに含まれている成分に大きな違いがあることを知ったうえで、犬猫に逆のフードを与えるなどの間違いは起こさないようにしてください。ドッグフードに比べるとどうしても、キャットフードの方の栄養価が高めに設定されています。これを日常的に犬が食べることことは直接的に肥満に繋がりそこから健康被害が想定されるからです。

犬は自分の体内で必要な栄養素を作り出せる能力が備わっています。猫が食べるキャットフードの中に含まれる栄養素を過剰に摂取する必要はどこにもありません。そう考えると犬猫は自分に即したフードを適量たべることで健康が保てるわけです。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です