猫はキャットフードを美味しいと感じる?食べない時の対処法

猫はとても警戒心の強い動物です。いつものキャットフードから少しでも違うものに変えてしまった場合には、必ず気が付くほどです。犬のように目の前に食べ物が来ると一目散に飛びつくという気質を持ち合わせません。自分が気に入ったものしか口にしないという、わがままで気まぐれな性質をしているのです。そんな猫がキャットフードを食べない時にはどう対処すればよいのでしょうか?

猫はキャットフードを美味しいと感じる?

猫は特に嗅覚が発達しています。まずは自分の食べるキャットフードの香りを確かめて次に、食感を確かめます。そしてようやく口に運ぶという慎重な食べ方が猫なりの食への警戒心と言えます。当然、キャットフードも、好みの味付けで食感が良いものであれば食いつくというわけです。日々の食生活の中でも、猫が美味しいと感じるキャットフードを選ぶことが肝心になってきます。

実際にどの程度、キャットフードの味がわかっているのか?ということについては、基本的にどの猫も味の好みがはっきりしていると言えます。つまり猫には味覚が備わっているということになります。

猫はどのように味を認識しているの?

猫の舌にある味蕾という部分をご存じでしょうか?人間と比べると10分の1程度の機能しか持ち合わせていません。つまり猫はグルメなのか?と言う疑問に対しては、それほど敏感に感じてはいないと言わざるをえません。普段の食生活で感じやすのは苦い味と酸っぱい味です。この区別については比較的性格に把握できていると言われています。

キャットフードの中に苦味や酸味の強いものは存在しません。あとはその猫が美味しいと感じて食べるかどうか?という感覚的な問題にかかわってくるわけです。その上、犬のように甘みには、相当鈍感であると言われています。よほど気に入って食べているキャットフードには、良い香りがあるのです。その香りが猫の本能に働きかけるようなタイプのキャットフードであると言えるのです。

猫が美味しいと感じるのは

猫は基本的にマグロなどの魚類が好きです。キャットフードも魚類をメインにしたものを探すと、まずは食いつきに問題はなさそうです。但し中には、味に敏感な猫もいます。最初は何種類か準備をして食べるかどうか?というトライアル期間を設けた方が良さそうです。安定して食べることを確認をしてから、キャットフードは定期購入するなど、無駄にならないように手配することをおすすめします。

美味しいと感じる食材としては、乳製品が好みです。やはり柔らかい香りのするものには素直な反応を示すようです。実は猫には苦味を強く感じる本能が備わっています。鮮度の落ちてしまった肉類を猫に与えた場合には、自らそれを拒否するなど、鮮度が落ちた時に出る肉の苦味などを感じる力を持っているのです。これは犬にはない、優れた本能です。つまり猫は常に鮮度の良い食材を好みます。当然、キャットフードも鮮度の高いものを原材料としているものを好むというわけです。

キャットフードを好んでもらえない時の対策

猫が突然、いつものキャットフードを拒絶し始めた!というのは飼い主さんにとっては大問題ですよね!そこで考えてほしいのがなぜ、キャットフードを好まなくなってしまったのか?ということです。おおむね3つの原因が考えられます。

今食べているキャットフードの味に飽きた場合

これは猫のきまぐれ気質のために起こってしまうマンネリです。猫も毎日同じ味のものを食べ続けるとさすがに飽きてくるわけです。ある程度、期間を設けてローテーションフードの方法を考えるなど、飼い主さんは先回りするべきなのです。まずは、頻繁にフードに飽きることがないように、数種類のキャットフードを小袋で準備するなど、飼い主さんも、猫の気まぐれに振り回されることなく毅然と対応してください。毎日決まった量のキャットフードを食べることはその分健康を維持できることに直結します。

一度でも美味しくない、と感じてしまうと猫は食べることへの根気を失います。それほどに、敏感で神経質な部分のある動物なのです。よほど気に入って食べているキャットフードでない限り、すぐに飽きてしまう可能性も大なのです。そのあたりを覚悟しながら、キャットフード選びには飼い主さんの方が精を出して、努力する必要もあるのです。それが猫本来の性質への対応であり、愛猫の健康を守る足がかりにもなるのです。

食欲不振の場合

猫の食欲は健康状態を指し示すものです。半日の間食べなくてもその後は食べたという場合であれば何の問題もありません。ただ1日経過しても一口も食べないという場合にはフードに飽きたという問題よりも深刻であると察知してください。少しでもその兆候がある場合には、早めに動物病院で相談をして原因を突き止めるべきでしょう。

口の中に痛みがある場合

猫は口内炎になりやすい動物です。合わせて歯周病も多く発症します。ドライフードを噛む時に痛みが生じている可能性があります。少しでも痛みを感じると、猫はたちまちフードを食べなくなります。そうならないためにも食べにくそうにしている姿を見かけたときには、すぐに対応してあげてください。例えば、しばらくの間、いつものキャットフードをふやかしてあげるなど、適時対応してみてください。

猫が美味しいと感じるオススメキャットフード

飼い主さんとしては毎日の食事時間に、愛猫が美味しそうに食べている姿を見ると安心するものです。そのためには、美味しいと感じてもらえるキャットフードを提供する必要があるのです。猫は、味には厳しいことを先に理解したうえで、適切なキャットフードを与えるようにしてください。

ジャガー

原材料にチキンの生肉と鴨の生肉がつかわれています。そこに生サーモン、生マスが合わせて使用されているのでグルメな猫の舌をうならせる?美味しいキャットフードとして評判です。特徴としては健康維持のために朝鮮人参も配合されています。

シンプリー

原材料としては70%以上がサーモンなどの魚類となっています。関節をサポートするためにグルコサミンとコンドロイチンも配合されているので機能的なキャットフードとして人気です。魚ベースのキャットフードを探している人にはオススメです。

カナガン

キャットフードには国際規格が設けられています。その[SAI GLOBAL]の中でもクラスAという称号を与えられているハイクオリティーな商品です。主原料はチキンなどの肉類となっています。高たんぱくで低炭水化物という配合は猫の健康を第一に考えています。

オリジン

他のキャットフードと比べると肉の含有量が高いことが特徴です。コスト面では高めになっているので、購入方法さえ選べば健康面で安心材料を取り扱っているキャットフードと言えます。

まとめ

愛猫がキャットフードを食べない時の対処方法として、ほかのフードに変えてみるなど、まずは飼い主さんが出来る範囲でいろいろと考えてみてください。それでも、まだ食欲不振が続いているということであれば病的な原因を探る他ありません。くれぐれも、長期にわたりキャットフードを食べないという状態に陥らないように、見守ってあげてください。対応が出来るのは飼い主さんしかいないので、十分に配慮をして日々の食生活が安定するように、協力してあげてください。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です