猫がモリモリご飯を食べるおすすめのキャットフードの入れ物

猫が自分からモリモリとご飯を食べるために必要なのは、正しいキャットフードの入れ物です。適当なものを選んで与えてしまうと入れ物の素材に違和感を示す場合もあるほどです。敏感な猫ほど、入れ物にはこだわるわけです。今回はご飯が進む餌皿についての情報をまとめてみました。

キャットフードの入れ物選びのポイント

キャットフードの入れ物と言ってもいろんな種類のものが販売されています。その皿の深さや大きさ、そしてデザインについても様々です。普段からご飯を食べるときに、食べやすい大きさの入れ物とはどのようなものかを探ってみました。猫に合うデザインや大きさというものがあるようです。ここを見逃さないようにして猫に適したものを選んであげられるようにしてください。多頭飼いの場合などにはどの猫も同じような入れ物を使いがちですが、中にはその食器が苦手と言う猫も稀にいます。そのあたりをきちんと見分けて、その猫が一番食べやすい入れ物を与えるようにしてください。

猫はあまりにも深い皿を嫌います。底部分にいつもフードを残してしまうという可能性もあるからです。そしてひげが皿の淵に当たてしまい、神経質な猫はそこで食べるのをやめてしまう場合もあるのです。それほど、キャットフードの入れ物選びには慎重さが必要なのです。ステンレス製の食器は自分の姿が鏡のように映り込むのが苦手という場合も多いので、ステンレス製のものを使う際には、注意をしながら使うようにしてください。

入れ物の大きさにも注意をして!

小さすぎる入れ物の場合にもひげが食器にあたり食べづらそうにする猫が多いのです。猫の顔の大きさに合うような直径の入れ物を準備してあげてください。重さの方は軽すぎるとすぐに、入れ物を倒してしまう可能性があります。ある程度の重さがある入れ物の方が良いでしょう。自分の側に引き寄せて食べる癖のある猫や食器を押してしまう猫もいます。そんな猫の動作に左右されないある程度の重厚感は必要です。

大きすぎず小さすぎないということは、猫に余計なストレスを与えずに済む方法です。食事のために使うフードボールの在り方というのは、意外と重要なポイントです。

キャットフードの入れ物に適した素材

猫のキャットフードの器にはいろんな素材のものがあります。一番多いのはプラスチック製です。またはステンレス製のものも、ペットショップではとても多く見かける商品です。そのほかに陶器の餌皿を好んで使う飼い主さんもいます。その家庭の考え方もありますので一概にどの素材が良くて何がダメということは実際にはありません。何よりも毎日、食べることを最優先するべきなのです。

〇プラスチック製

プラスチックの餌皿はとても軽く安価で飼い主的には準備しやすいという利点があります。ただ軽すぎて猫が前脚を掛けただけでフードも一緒にこぼれてしまう可能性が高いので、使い勝手的には疑問です。そして爪が鋭い猫はすぐに容器に傷をつけてしまいます。そこに汚れが入りこんでしまうと、なかなかきれいに洗いきれないというデメリットがあります。

〇陶器製

割れ物であることで扱いには注意が必要です。重みもあるので猫が簡単にひっくりかえせないというメリットもあります。陶器製の器は、キャットフード入れとして、とても重宝するものです。飼い主さんの方で管理さえきちんと行えば長く使えるものになります。猫の比較的ひんやりとした感触や食べやすさは気に入っているような仕草を見せることが多いようです。

〇ステンレス製

傷がつかずに汚れ落ちも良いので、衛生面ではとても扱いやすい食器です。ただ一つ猫にとっては問題な点があります。銀色の食器が妙に気になってしまい食事が進まないという場合があることです。金属特有の匂いを入れ物から察知してしまう場合もあるので、すべての猫に万能な入れ物とは言い難い点が問題です。

キャットフードの入れ物は定期的に洗おう

猫が食べた食器をそのままにしておくのは悪いことです。不衛生な上、次の食事用に使う場合にも汚れや唾液などの跡がついているので不潔です。毎回きちんと洗ってきれいにすること当たり前のことなのです。最近ではペットの食器専用の洗剤まで販売されているほどです。定期的に洗うというよりも、毎回きれいに洗うようにしてください。

キャットフードの入れ物Q&A

〇模様が入っている可愛い入れ物はどうでしょうか?

実際に一部の猫は入れ物にデザインが施されているものを苦手とします。あまり凝ったものではなくシンプルな白色の器の方が安心です。

〇猫は餌皿の素材に敏感ですか?

かなり敏感です。その入れ物の素材の臭いが苦手という猫もいるようです。入れ物に匂いが付いていると、それだけでフードを食べなくなる可能性もあるのです。

〇プラスチック製の入れ物にアレルギーが起きやすいのは本当ですか?

中にはプラスチックにアレルギーを持つ猫もいます。何度か餌を食べているうちに顎部分が赤くなってくるということで気が付くのです。これはプラスチックによって起きるアレルギーのためなのです。

〇セラミック製のフードボールは安全ですか?

比較的壊れやすいという特徴があります。旅行や移動のため携帯するのは便利ですが破損したまま使うことで、ケガをする可能性もあります。必ず見守って少しでも破損がある場合には、すぐに使用を中断させてください。

オススメのキャットフードの入れ物

飼い主さんの好みの問題もありますが多くの猫に愛用されている入れ物をご紹介します。「猫壱脚付きフードボール」と言う商品がオススメです。こちらは陶器でできていますが、猫が首を深く下げなくても食べやすいように、高さがある入れ物です。内側にはメモリがあってキャットフードの目安にもなります。重さもあるので、猫が倒す心配もありません。陶器製ですので、飼い主さんが途中で落とすなど扱いなどにだけ注意をすれば、長く使える入れ物だと思われます。

「ハリオ」の猫用フードボールは傾斜があって食べやすいデザインになっています。脚台になっている部分をひっくり返すと、浅型の面と深型の面の2通りの使い方が出来るという優れものです。猫の好みに合わせて食べやすい面を上に向けて与えれば良いのです。こちらは陶器製ですが食べやすいという点でもおススメの商品です。

猫の様子を考えて選ぶことも必要

小さめの猫の場合には、大きなフードボールで食事を摂ることは苦手意識をおつものです。フードボールの中に脚を入れてしまうような失敗も頻繁に起こりますので、猫の大きさと入れ物の大きさが比例するようにしてください。毎回周囲を汚してしまうようなフード入れは適していると言えません。また顔の周りに多くの被毛やひげがある猫の場合には、小さめの入れ物ではストレスを感じさせてしまいます。少し大きめの器で余裕を持って食べさせるようにしてください。・

まとめ

素材を吟味して猫の様子を観察してどの程度の大きさの入れ物が適しているのか?を良く判断して選ぶようにしてください。また猫に合わないタイプの食器を使い続けることは、猫へのストレスにもなります。くれぐれも、毎日モグモグと元気よく食べられる入れ物を探すようにしてください。猫にも個性があります。どの猫も同じ入れ物で大丈夫というわけでもありませんので、そのあたりは観察をしたうえで、与えるようにしてください。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です