キャットフードに含まれる塩分の役割は?猫に必要な塩分量!

キャットフードに含まれる塩分は、そのフードのおいしさを高めることを目的として配合されています。人間と同じ理由で塩分の過剰摂取は猫の健康リスクを高めてしまいます。猫に必要な正しい塩分摂取量を把握したうえで、猫が健康的な食生活を送れるような工夫を飼い主さんが出来るように、アドバイスをします。参考にしてみてください。

キャットフードに含まれる塩分の役割

猫の味覚は犬比べると随分と劣ります。美味しく嗜好性を高めるために塩分を加えることで、美味しさを追求しているのは製造元の考え方です。ただ塩分を摂りすぎることで、健康に害が及ぶことも十分に考えられます。一説によると、猫に塩分は一切必要のないもの、という考え方もあります。ただ必要なミネラルを摂取するためには、塩分をある程度摂取することは必要になっているのです。

猫にとって塩分は体をスムーズに動かすために必要なものです。各臓器に細胞の伝達を行うという重要な栄養素でもあるのです。いずれにしても塩分のバランスが狂うことは、猫の健康を損ねることにもなりますので、適正な塩分を摂取することは必要不可欠であると覚えておくことは重要です。

水分バランスを調節するナトリウム

猫が心臓病や腎臓病と診断された場合には、必ず塩分を制限した食生活の指導を受けることになります。それ以外の場合でも、基本的に塩分が少なめのキャットフードを食べることで、健康を維持することは理想です。実際には猫は口から摂取した栄養分を塩分(ナトリウム)の働きによって血管の中に運ばれていきます。

体内ではカリウムとナトリウムが相互に作用しあうことで筋肉の収縮を助け神経の伝達を正常にする作用があるのです。猫が正常に歩行し、生活を送るためには欠くことが出来ない成分が塩分=ナトリウムということになるのです。

塩素の働きとは?

塩素は猫の体内でどんな仕事をするのか?ということは意外と知られていないことです。猫が取り込んだ塩分=塩素は胃酸を助ける成分に変わります。つまり消化を促す役割を果たすというわけです。胃酸がうまく生成されないと食べたものが消化できなくなるという悪循環に繋がるのです。そこを、考え泡焦るといかに、塩素が猫の生命維持に必要なのかということがわかります。ただ、一定の摂取量を超えることで、今度は猫の血圧を上昇させることが起きてしまうのです。その危険を回避するためにも、まずは塩分の過剰摂取には配慮する必要があるのです

キャットフードの塩分濃度が原因で腎臓病になる?

国内では塩分の規定がそれほど強く取り決められていないので、どうしても塩分量の多いペットフードが存在してしまいます。これを判断するためは飼い主さんが、塩分量を事前に把握して必ず安全なペットフードを選ぶ他に方法はないのです。人間の食べ物を簡単に上げている飼い主さんもこれを機会に、塩分過剰になる食べ物を絶対に与えないという規制を自分の中に持ってください。

キャットフードの裏面に書かれている塩分濃度にも高い関心を寄せている飼い主さんの場合には、少なくとも、塩分濃度の見方というものを認識しています。多い場合でも100グラム中、0.6グラムまでの塩分濃度に抑えているキャットフードを選ぶことが賢明です。また。塩分濃度を非表示にしているキャットフードを与えるのは避けてください。最初から塩分濃度を抑えているキャットフードを選べば安心安全なのです。

味の濃いフードに慣れさせないために

液体のおやつなどは嗜好性が高いので塩分濃度のやや高めに出来ています。つまり猫から見ればかなり魅力的な味であることは間違いないのです。ただ、若い頃から美味しいおやつや塩分濃度が高めの上っとフードに慣れてしまうと万が一内臓疾患患い、療法食などを食べざるを得なくなった時に困ります。味が薄いものを受け付けないという状態は、治療を進めるうえで困難な問題です。

若齢の時期から塩分摂取には飼い主さんが敏感で居る方が、後々のためになります。安価なキャットフードや安価な猫用おやつには詳しい塩分表記はありません。知らない間に、塩分の濃いものに慣れてしまうと塩分濃度の低いものを受け付けなくなります。塩分は出来るだけ薄めの状態を保ちつつ、療法食などを食べる機会があっても受け入れられるようにしておくことは肝心です。

おやつにもご用心

嗜好性を重要視した猫用のおやつにも塩分濃度が高いものがあります。おやつはとにかく、与える量を計算することが大切です。おやつと同時に考えなければいけないのが普段から飲む水です。ミネラルウォーターはどうしても塩素やナトリウム含有量が多めになるので与えないようにしてください。

キャットフードの塩分濃度を測る方法

特に上っとタイプの塩分が気になる場合には、人間用に作られた塩分濃度計を使えば簡単に測定が可能です。塩分濃度を飼い主さんが知るということは、猫の健康を守るという意味でも重要なことです。ドライタイプの場合にはパッケージに表記されている数値を頼るほかありません。機会があれば是非とも、愛猫が口にするフードの塩分濃度を測定してみてください。

塩分濃度が適正なキャットフード

〇カナガン

カナガンのキャットフードに含まれる塩分濃度=ナトリウムは0.8%です。理想に近い数値だと言えます。塩分を多く含まなくても美味しく食べられるキャットフードということは、素材のおいしさを十分に活かしたキャットフードです。

〇ファインペッツ

塩分濃度は0.4%で控えめな数値です。猫の健康を重要視した成分配合で、動物性食材を中心に作ったペットフードと言えます。

どちらのキャットフードも健康上、何の問題もない猫に与える分にはとても良いキャットフードと言えます。ただ、少しでも腎臓病や心臓病の可能性がある猫の場合には、獣医さんと相談をしたうえで療法食を食べる方が安心な場合も多いのは事実です。

キャットフードの塩分濃度についてのQ&A

〇安いキャッツフードほど塩分量が多いのでしょうか?

原材料をチェックしてみてください。そしてナトリウム量も同時に見てください。そうすることであまりにも多い塩分が含まれている場合には利用を控える方が安全です。

〇塩分をたくさん摂るとどんな症状が出るの?

猫は普段から濃い尿を出します。腎臓にさらに塩分摂取のために負担がかかる腎不全を起こす可能性も高まります。人の食事を与え続けることですぐに、そのリスクは高まるのです。

〇猫が摂取する理想的な塩分量は?

0.25%から0.35%の間が理想的です。

〇手作りご飯に使う塩はどうすればよいの?

まずは必ず天然塩を少量使うようにしてください。良質のミネラル成分が含まれた天然塩を使って手作りご飯を作ることは健康面でも安心なことです。

まとめ

猫にとってナトリウム(塩分)の接種は必要なことです。ただ過剰摂取は腎臓に重い負担を掛けます。この極端な結論を飼い主さんはきちんと理解して普段の食生活でも意識するようにしてください。猫は汗をかくことがありません。ナトリウムを意識的に少量摂取に留めて置けば健康維持にも役立ちます。「塩味」などという余計な味つけなどは本来猫には不要であることを知っておいてください。猫と暮らすうえで塩分摂取については、飼い主さんが責任を持って管理する必要があることをお伝えしました。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です