国産のキャットフードの評価は!?海外製との比較して◯◯!

キャットフードは、国産が安全と思っている人が多いと思いますが、そうとも言えません。

キャットフードの品質管理に関しては、日本よりも外国の方が先を言っているのです。どのような比較差があるのか見ていきましょう。

国産のキャットフードは安全なのか?

国産=安全というイメージが強いですが、

・グレインフリーではない
・無添加ではない

などの概要もあり、安全とは限らないのです。詳細は後述します。

国産キャットフードの特徴

国産のキャットフードには、以下のような特徴があります。

欧米と比べるとペットの健康に関する関心が低い

アメリカには、

・FDA(食品医薬品局)
・AAFCO(米国飼料検査官協会)

という安全基準があり、アメリカのキャットフードのほとんどは、この基準をクリアしており、

・オーガニック
・ナチュラル
・プレミアム

です。

このような動きは日本では浸透していないため、国産のキャットフードの安全性は欧米に遅れを取っています。

ペットフード安全法に従っているので最低限保証されている

日本には、2009年6月に制定された「ペットフード安全法」があります。

国産のキャットフードは、この法律のもとチェックされているため、最低限の保証はされているのです。

添加物が使用されている場合が多い

キャットフードは無添加物が理想ですが、国産は添加物の利用されている場合も多いです。詳細は後述します。

穀物が使用されていることが多い

猫は穀物を消化しにくい体質なので、穀物使用のキャットフードは避けたいところですが、国産は使用されていることが多いです。詳細は後述します。

海外製と比べて安い

海外製のキャットフードは日本製よりも数千円高いです。詳しくは後述します。

国産キャットフードのメリット

国産のキャットフードには、次のようなメリットがあります。

価格が安い

外国産のキャットフードは高価なため、ペット専門店でないと購入できないことが多いです。

その一方、国産はコンビニやドラッグストア、スーパーマーケットで気軽に購入できます。

味が豊富

国産のキャットフードは、ドライ、ウェット、パウチなど様々な種類があり、匂いや食感、味が豊富です。

品質にこだわりがある

外国産のキャットフードは、1パッケージの大容量が多いです。

その一方、国産は小分けされているものが多いため、鮮度の高い長期保存ができます。

輸送に時間がかからない

外国産のキャットフードは日本に輸送する時間がかかりますが、日本のキャットフードは時間が省けます。

国産キャットフードのデメリット

国産のキャットフードには、以下のようなデメリットがあります。

外国と比べてキャットフードの規制が緩い

前述したように、アメリカのキャットフードは、ほとんど無添加&人工保存料不使用です。

しかし、日本のキャットフードはそこまでの基準を設けていません。

グレインフリーではない

グレインフリーとは、穀物不使用という意味です。

既に説明している通り、猫は穀物を消化しにくい動物なので、グレインフリーが理想とされています。

しかし、グレインフリーの国産キャットフードは少ないのが実情です。

猫の健康より食いつきの良さを重視している

国産のキャットフードは猫の食いつきの良さを重視しているため、着色料や香料を使っている傾向が強いです。

これらの成分は、発がん性リスクが報告されています。

無添加ではない

2009年に制定されたペットフード安全法ができて以来、無添加を意識する流れは強くなりましたが、100%無添加を保証するものではありません。

国産のおすすめキャットフードランキング

良質な国産のキャットフードは以下です。

シェフキャット

犬のシェフドッグが、「猫用に」と開発しました。

主原料の生肉は、

・牛
・鶏
・馬
・穴子

などで、動物性たんぱく質がたっぷりです。猫が好む匂いなので、食いつきが良し!

日本のみのり

野菜や肉のボイル、玄米炊き、etc。手料理に近い製法で少数生産です。

原材料はわかりやすい素材名で100%表示されているため、食材に疎い飼い主でも理解できます。

メディファス

メディファスのキャットフードは、麻布大学獣医学部と共同開発しました。各年齢の猫に必要な栄養素を配合した総合栄養食です。

ドライフードとウェットフードがあるため、交互に与えることで飽きない食いつきをキープできます。

ミオドライ

カツオ、マグロ、小魚などの旨味を凝縮。動物性タンパク質の旨味パウダーを配合することで、飽きない食いつきです。

鮮度を損なわないジッパーを採用して、新鮮と健康のキープ力が優れているのも見逃せません。

JPスタイル

那須研究所の獣医師が、大学研究機関と共同開発しました。

使用されている原材料は、日清製粉グループの厳しい品質基準をクリアしたもののみを採用。

発がん性の高い香料や着色料、酸化防止剤は使用していません。

銀のスプーン

主原料は、まぐろ、かつお、煮干し、白身魚、しらす、etc。魚を主原料にした動物性たんぱく質が詰まっています。

それにプラスして、猫の健康に必要不可欠なタウリンも配合。

鮮度や風味を逃さない一食ぶんパッケージなのも見逃せません。

ねこ元気

ねこ元気は、商品ラインアップの豊富さに定評があり、飼い猫のライフスタイルや健康状態に合わせてキャットフードを選べます。

主原料は、何の動物の肉を使っているのかわからないミートミールではなく、鶏肉を利用しているチキンミールなので、原材料の出所が明らかです。

ドクターズケア

多くの動物病院から支持を受けているため信頼性の高さに定評があります。

日本の猫の趣向性にチューニングした味付けや食材選びになっているため、食いつきも良いです。

キャネットチップ

キャネットチップは日本国産のドライフード第1号として昭和48年にリリースされました。

キャネットチップは、麻布大学獣医学部との共同開発となっており、日本の猫に優れた栄養バランスです。

ヨード卵光を利用することで、高タンパクに仕上げています。

キャラットミックス

キャラットミックスで利用されている原材料は、那須研究所で安全性を確認しています。

那須研究所には、※原材料規格書が用意されており、それと原材料を照らし合わせて安全性を確認する方法です。

そこで一つでも問題点がある原材料は、製品化されることはありません。

※生産地や加工工程が記載された資料

外国産の人気キャットフード

ここからは安全性に定評のある外国産のキャットフードを紹介します。

モグニャン

モグニャンの原材料は、主に白身魚です。

白身魚63%配合なので高タンパクとなっており、パッケージを開封した瞬間から強い白身魚の匂いが香ります。

この匂いが飼い猫の食欲をそそり「食欲不振だったのに食いつきが良い!」と高評価を得ているのです。

使用されている食材は、専用工場のスペクトラム機器で分析しています。

カナガン

カナガンは、チキン、さつまいも、海藻、クランベリーなどの食材を採用。

栄養士管理のもと計算されたバランスで配合しているため、タンパク質、リン、ミネラル、ビタミンCなどのバランスが良いです。

採用されている食材は、人間が口にしても問題ないレベルとなっています。

シンプリー

シンプリーは、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)のチェックをクリアしているため、品質は文句なし。

生サーモン、生マス、乾燥サーモン、ニシン、白身魚、などが主原料で、パッケージを開封した瞬間に濃厚なフレーバーが!飼い猫の食いつきは良好です。

ジャガー

チキン、鴨肉、サーモン、マスなどの主原料を採用しており、タンパク質80%以上の高タンパク食となっています。

猫は肉食なので、飽きない食いつきです。さらに、美容効果の高いマルベリーを配合しているため、毛並みも綺麗になります。

まとめ

今回は、国産のキャットフードと外国産のキャットフードを比較しましたが、いかがでしたでしょうか?

国産には国産の良さがあり、外国産には外国産の良さがありましたね。

そのため、どちらが良いとは一概には言えません。大切なのは、飼い主が本当に安全なキャットフードを選ぶことです。

飼い猫の食いつきのよさも大事なので、飼い猫の好みも考慮しながら長く与えられそうなキャットフードを選んでください。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です