キャットフードの酸化の確認方法は?猫に与えたらどうなる?

プレミアフード”モグニャン”購入は↓↓↓

キャットフードは、いつまでもその品質が保てるわけではありません。私たちが食べている食品のように、徐々に賞味期限が近づいたり、開封後の取り扱いには注意が必要だったりと、衛生面でも注意が必要です。

しかし、ドライフードを与えている場合、その変化にはなかなか気づきにくいものですよね。今回は、キャットフードの酸化について、酸化しているかどうかの判断基準や、酸化を予防する方法を交えてご紹介します。

キャットフードが酸化するとは?

酸化とは、物質が空気と結び付いて酸素と化合することを言います。簡単に言うと、酸素に触れることで本来の性質が変化してしまうことを表します。例えば、鉄がサビたり、果物の断面が茶色く変化するのが、酸化です。

このように、キャットフードに限らず、様々なものが酸化しますが、食品やキャットフードは酸化すればするほど品質が落ちていきます。

猫に酸化したキャットフードを与えるとどうなる?

酸化したキャットフードを与えると、どんなことが起こるのでしょうか。

食いつきが悪くなる

キャットフードが酸化すると、どうしても風味が落ちてしまいます。パッケージを開けたばかりの時は猫によって良い匂いがしていても、酸化すればするほど匂いが変化し、徐々に食いつきが悪くなる可能性があります。

栄養価が落ち下痢や嘔吐、発疹が生じる

酸化して食いつきが悪くなれば、それ以上食べさせることもないかもしれませんが、酸化したキャットフードを食べたことで下痢や嘔吐、発疹が生じる可能性もあります。こうした異常が見られなくても、本来の品質が落ちて栄養価も損なうことから、食べない方が良いことは明白です。

動脈硬化、癌、肝臓病の原因にも

キャットフードには油分(脂肪分)が含まれています。油分は、酸化によって過酸化脂質へと変化し、コレステロールと結び付くと悪玉コレステロールへと変化します。悪玉コレステロールは、動脈硬化や肝臓病、癌、アレルギーなどを引き起こす原因にもなるため、注意が必要です。

酸化しているかを確認する方法

キャットフードの酸化は、単に食いつきが悪くなるだけでなく、猫の病気にもつながることがわかりました。とはいえ、酸化しているかどうかを確認する目安を知っておかないと、その判断はしにくいですよね。

キャットフードが酸化しているかどうか、チェックするポイントを見てみましょう。

ドライフード

カリカリとも呼ばれる、乾燥した粒状のキャットフードです。水分量が少ないため、ウェットフードよりは酸化しにくい反面、その見た目からなかなか変化が見えないことから、特に注意が必要です。

ドライフードが酸化しているかどうか、見分けるポイントは5つあります。

・匂いが弱まる

・色が変わる

・しけっている

・表面がベタベタする

・カビが生える

ドライフードは、箱や袋などに簡易的にパッケージされているものも多く、商品によっては新品を開けた瞬間に中身がすべて酸化する恐れもあります。1食分ずつ小分けになっているものを除けば、開けた瞬間に酸化が始まると考えておきましょう。

ドライフードを適切に保管しておけば、酸化を最小限に抑えて良い状態で与えることができます。もし、匂いが弱くなっていたり、色が変わっているなど、上記の状態が見られるようであれば危険です。

ウェットフード

缶やレトルトパウチなど、水分を多く含むウェットフードは、ドライフードよりも開封後の酸化が早いため注意が必要です。未開封であれば長期間保管できるものもありますが、一度開けたものは原則1日で使いきります。

ウェットフードの場合、匂いや変色などの見た目から判断しやすいです。腐った匂いがしていたり、カビが生えていたり、変色している場合は処分しましょう。

キャットフードはどのくらいの時間で酸化する?

お買い得だった時にまとめて購入したキャットフードや、購入したもののしばらく与えることのなかったキャットフード、どのくらい保管できると思いますか?

もちろん、賞味期限を守って与えることは大前提ですが、未開封であっても酸化によるダメージはあり得ます。おおよそ、ドライフードの場合は未開封で1年、ウェットフードの場合は未開封で2~3年が限度と言われています。

一度でも開封した場合は、この限りではなく、もっと早く使いきる必要があります。また、未開封であっても、保存環境が悪ければ、早く酸化してしまう可能性もあります。

キャットフードの酸化を防止する方法

開封すると、その時点で酸化を完全に防ぐことはできません。しかし、できるだけ空気に触れないようにしてそれ以上酸化しないように対策することはできます。

真空保存する

保存方法として、一番酸化を防げる方法です。徹底的に酸化を防いでおきたい人におすすめですが、真空パックや真空状態にする専用の機械の購入など、お金がかかります。

保存容器に移し替える

フードストッカーなどの保存容器に入れると便利です。食品乾燥剤を入れるとさらに効果的です。

小分けにする

タッパーなどの容器や、ジッパー付きのアルミ袋に小分けにする方法です。小分けにすればその都度取り出す際に空気に触れないため、たくさんの量のキャットフードの保管に便利です。1日ずつ小分けにすると酸化を防ぎやすいですが、3日や1週間単位などで分けても十分に効果があるでしょう。

ウェットフードは1日で使いきる

ウェットフードは開封したあとの保管には不向きです。冷蔵庫に入れていたとしても、開封後1日以内に使いきりましょう。

キャットフードの酸化についてのQ&A

Q.酸化防止剤が含まれているキャットフードはおすすめできない?

キャットフードには、何らかの酸化防止剤が用いられているものがほどんどです。しかしそれは、人工のものと天然のものとがあり、無添加をうたっているキャットフードの場合は天然由来の酸化防止剤を使っています。

人工の酸化防止剤は、BHAやBHT、エトキシキンなどが代表的ですが、発ガン性があったりアレルギーの原因になったりするリスクを伴います。

天然のものは、ローズマリーエキスや緑茶エキス、クエン酸などがあり、人工のものに比べると安全性が高いと言われています。

つまり、酸化防止剤がすべておすすめできない、というわけではなく、人工のものか天然のものかによって変わるということです。もちろん、猫の健康のことを考えれば、天然の酸化防止剤が良いですよね。

ただし、天然の酸化防止剤は人工のものに比べるとその効果は弱い傾向にあるため、適した保管環境に置いておくことが大切です。

Q.オイルコーティングされたキャットフードは酸化が早い?

オイルコーティングとは、ドライフードに鶏などの油分をかけて食い付きをよくするためのもので、ドライフードの約9割はオイルコーティングされているといいます。

確かに、油分が酸化しやすいことに違いはありませんが、たとえオイルコーティングされていなくてもドライフードそのものに油分は含まれます。

そのため、オイルコーティングの有無で酸化のしやすさが変わるということは、あまりないという意見が一般的です。

まとめ

今回は、キャットフードの酸化についてご紹介しました。

猫ができるだけ長生きして健康的に過ごすためには、キャットフードの保管環境にも気を配る必要があることがわかりましたね。

キャットフードの酸化は、月日がたつごとに進んでいきます。特に開封後は、できるだけ空気に触れないように注意し、適した環境で保管することが大切です。

ドライフードの場合、冷蔵庫での保管は適していません。湿度により品質が落ちてしまうためです。そのため、保管する際は風通しがよく直射日光の当たらない、涼しい場所に置いておくことをおすすめします。

プレミアフード”モグニャン”購入は↓↓↓

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です