猫は肉派?魚派?主原料が動物肉のおすすめキャットフード!

プレミアフード”モグニャン”購入は↓↓↓

猫は、魚が大好きというイメージ、ありませんか?でもこれって、国によっては大好物が変わる傾向にあり、どちらかといえば魚が好き、というのも万国共通ではないと言われています。

そもそも猫にとって必要な栄養は、人間とは違ったり、そのバランスが異なります。つまり、人間と同じものだけを食べていると、本来必要な栄養素がきちんと補えていなかったり、偏ってしまいがち。

キャットフードには、肉がメインに使われているものと、魚がメインに使われているものがありますよね。どちらが良いのか迷ってしまうかもしれません。

そこで今回は、猫が肉と魚のどちらを好むのか、そしてそれぞれのキャットフードの特徴と、おすすめのキャットフードについてご紹介します。

猫はタンパク質からエネルギーを生成する

人間は、炭水化物からエネルギーをつくります。しかし、猫はタンパク質からエネルギーをつくるため、炭水化物はさほど必要でないとも言われています。

そのため、猫の主食は動物の肉。タンパク質が豊富な鳥や野うさぎなどの小動物を狩り、野生で暮らしてきた動物です。

ねこまんまなど、人間が食べるものを平気で食べることで雑食と勘違いする人も多いですが、本来は肉食の動物です。

動物性タンパク質が豊富な主原料

猫が必要とする動物性タンパク質を多く含む食材とは、どのようなものがあるのでしょうか。キャットフードによく使われている原料を中心に見てみると、ビーフやチキン、マグロ、カツオ、サケなど、肉と魚の両方があります。

猫は肉派なのか魚派なのか?

猫は、本当は肉と魚、どちらが好きなのでしょうか。

魚好きなのは日本だけ

実は、魚を好む猫は、ほぼ日本にしかいないと言われています。外国産のキャットフードには魚が原料となったものもありますから、日本だけというのは限定しすぎかもしれません。しかし、外国産キャットフードの場合、日本ほど魚が使われているものは多くないと言われています。

猫が本来肉食であることは違いありません。しかし、海に囲まれた島国だからこそ、港では商品にならない魚を猫に与える習慣があったり、古くから魚を人間がよく食べていたことから、猫が人間と生活するようになるにつれ、魚を食べるようになったと言われています。

イタリアの猫はパスタを好み、アメリカの猫はピザを好むと言われているように、その国の人間の食生活に猫が合わせてきたことがうかがえます。

肉よりも魚が好きとは限らない

日本の猫の多くは魚を食べ、好みます。しかし、食べるからといって、必ずしも好きだとは限りません。実際に肉と魚の両方をお皿において、どちらを先に食べるか実験すると、肉を先に食べる猫もいます。つまり、肉と魚の選択肢があれば、肉を選ぶという猫もいるんです。

動物の肉が主原料のキャットフードの特

それでは、肉が主原料のキャットフードの特徴を見てみましょう。

良質なタンパク質

肉には、良質のタンパク質が豊富です。猫のエネルギーのもとになるタンパク質をしっかりととることができます。

脂肪が多くなる

肉は、魚に比べると脂肪分が多くカロリーも高め。日本の家猫にとっては、少し多すぎる可能性があり、運動不足による肥満に注意が必要です。

魚の肉が主原料のキャットフードの特徴

次に、魚の肉が主原料のキャットフードについて見てみましょう。

多価不飽和脂肪酸が多く含まれる

多価不飽和脂肪酸とは、オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸のことをいい、どちらも健康な体作りには必要です。魚には、良質なタンパク質だけではなく、こうした不飽和脂肪酸も多く含まれている点が肉とは違う特徴になります。

タウリンやDHAを多く含む

タウリンは、必須アミノ酸のひとつで、目や心臓、肝臓などの健康に役立つと言われています。また、DHAやEPAにはオメガ3脂肪酸が多く含まれており、皮膚炎や関節炎といった炎症をおさえたり、高脂血症や心臓、腎臓の健康に良いとされています。

消化しやすく低アレルギー

魚は、肉に比べると消化しやすく、またアレルギーも起こりにくいことで知られています。肉にアレルギーのある猫や、胃腸の弱った猫には特におすすめです。

主原料としてふさわしくない危険性のある肉とは

キャットフードの主原料として、肉や魚が使われていますが、なかには注意が必要なものもあります。特に、安価なキャットフードの場合、コストダウンのために品質の悪い肉が使われていることもあるようです。

肉副産物、ミートミール、肉骨粉など

原料の部分に、これらの表記があった場合、パット見何の肉かわかりませんよね。これらの表記がされている場合、動物の骨や内臓など、人間が食べない部分も加工して原料にしてあることを意味します。

4Dミート

4Dミートと記載してある場合は、加工前の動物が死んでいる、あるいは死にかけている、障害がある、病気になっている状態であることを意味します。このいずれかに該当する場合、4Dミートとして記載されます。

ヒューマングレードとは?

原料にこだわって作られているキャットフードのなかには、ヒューマングレードとうたっているものもあります。これは、原料の段階において人間が食べられるレベルのことを表します。加工の段階での話はまた別になりますが、もし原料にこだわって良質なキャットフードを探したい場合はヒューマングレードをアピールするキャットフードの中から選ぶのも良いかもしれません。

ただし、ヒューマングレードだからといって、人間が食べられるわけではありません。あくまでもキャットフードなので、そういった誤解を避けるために原料にこだわっていても敢えて表記していないメーカーもあります。

動物の肉が主原料のおすすめキャットフード

動物の肉が使われているキャットフードを、できるだけ原料にこだわって選びたい人は、パッケージの表記を確認するという方法があります。先程の、危険性のある肉の表記を把握しておくと便利です。しかし、表記をいちいち確認するのが面倒、あるいは全体的なバランスで良いキャットフードを探したいという人には、特におすすめのキャットフードをご紹介するので参考にしてみてくださいね。

カナガン

イギリス生まれのキャットフードで、主原料に使われているのは新鮮なチキンです。かさ増しによく用いられる穀物は一切含まれておらず(グレインフリー)、穀物アレルギーがある猫にもおすすめです。

ロニーキャットフード

ベルギーで作られているキャットフードですが、企画・開発は日本人が関わっています。主原料に使われているのはチキンで、野菜や果物を41種類もブレンドし、適度なミネラルを含んでいる点が特徴です。栄養バランスが非常に良いと話題で、2018年7月から発売開始となったにもかかわらず早くも大注目を集めています。

オリジン

アメリカ・ケンタッキー州で作られているキャットフードです。主原料は、新鮮な骨無しチキンです。使われている食材はすべて地元産にこだわり、新鮮なうちに加工されているため余計な添加物が必要ないとのこと。最先端の加工技術と安全性により、これまで多くの賞も受賞しています。

アーテミス

アメリカ産のキャットフードで、世界25か国以上で愛用されています。「オソピュア」シリーズはサーモン、「フレッシュミックス」はチキンを主原料としています。原料は人間の食品基準を満たした安全なものに限られ、添加物も使用されていません。

ナウフレッシュ

カナダで作られているキャットフードで、主原料はフレッシュ肉100%。ターキーやダック、サーモンの生肉だけが使われています。ドライフードでは不足しがちな酵素や乳酸菌、フレッシュオイルが含まれているため、消化しやすいようです。

まとめ

今回は、猫が肉と魚のどちらを好むのか、そしてそれぞれのキャットフードの特徴や注意点についてご紹介しました。

肉と魚、どちらのキャットフードを食べるべきかは、様々な意見があります。一般的には、猫が好む方を選べば良いというのが主流です。

どちらにしても、原料や添加物の有無にこだわって、猫の健康に役立つものを探してみてはいかがでしょうか。

プレミアフード”モグニャン”購入は↓↓↓

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です