日本製キャットフードの特徴は?外国製と比較すると!?

プレミアフード”モグニャン”購入は↓↓↓

メイドインジャパンという言葉そのものが世界に知られているように、日本製のものは品質が高いものが多いと言われています。食べ物についても、国産なら安全と大きな信頼を寄せている人は多いのではないでしょうか。

確かに、日本には世界に誇れるものがたくさんあります。しかし、キャットフードを含むペットフードにおいては、外国産のものも質の高いものがたくさんあり、なかには外国産のものの方が安全だと主張する人もいます。

そこで、今回は日本製キャットフードと外国製キャットフードのそれぞれの特徴について比較し、ご紹介していきます。

キャットフードは日本製と外国製どちらが良い?

キャットフードは、日本製、外国製ともにメリットとデメリットの両方があり、一概にどちらが良いとも言えません。

例えば、品質の面です。日本製キャットフードも、外国製キャットフードも、高い品質のものもあれば、あまり良いとは言えないものもあります。日本製のキャットフードならどれも良いものばかりだろう、と考える人もいるかもしれませんが、これは勘違いです。日本製キャットフードのなかにも、原料の質が低かったり添加物がたくさん用いられているなど、質の低いものもあります。

そして、外国製のキャットフードのなかには、質の高い原料を使い、無添加でアレルギーの原因をできる限り少なくした、猫の健康を考えて作られた高品質のものも多いです。

もし、日本製のキャットフードがどれも安全で質が高く、外国製はそうでないという認識を持っていたとしたら、それは間違いです。

日本製と外国製では安全基準が違う

キャットフードは、それぞれ国が設けた安全基準に基づいて作られます。この基準は、国によって内容が異なり、日本よりも海外のものの方が厳しい基準になっているケースが多いです。

日本はペットフード安全法

日本のキャットフードは、ペットフード安全法に基づいて作られます。この法律ができたのは、2009年のことで、まだ歴史が浅いです。この法律では、ペットフードは食品ではなく雑貨として扱われており、添加物についても人間が口にする食品では認められていないものまで含まれているなど、やや「緩め」だと感じる人も多いです。

アメリカはAAFCO、ヨーロッパはFEDIAF

日本がペットフード安全法を設けているのに対して、アメリカにはAAFCOがあります。これは、飼料検査官協会の略で、栄養基準や表示に関するガイドラインなどを提示しています。このAAFCOは世界的に通用する基準で、いわばペットフードのスタンダードのようなものです。アメリカはペットフード先進国とも言われるほどで、その基準も日本のものよりは細かいですが、もちろん日本製のキャットフードはAAFCOに則る決まりはありません。

ヨーロッパもまた、ペットフード先進国と言われており、多くの有名メーカーがあります。FEDIFは、欧州ペットフード工業連合の略で、ガイドラインと罰則つきの法律があります。プレミアムキャットフードと呼ばれる高品質のキャットフードを多く製造しているヨーロッパならではの、高い安全基準と栄養基準が設けられていると言われています。

日本製キャットフードの特徴

日本製キャットフードの特徴について見てみましょう。もちろん、これらの特徴がすべてのキャットフードに当てはまるわけではありません。

価格が安い

日本製キャットフードは、手軽な価格で購入できるものが多いと感じる人もいるでしょう。外国製のものに比べると、高品質であっても輸送コストなどがかからないため、そのぶん安価になります。

また、キャットフードに使われる原料のコストが安ければ、そのぶん安価で販売される可能性も高くなります。

価格だけでその品質の良し悪しは決まらないかもしれませんが、安価なキャットフードの場合は原料などに注意する必要性がありそうです。

人工添加物を使用している可能性

すべての国産キャットフードに当てはまるわけではありませんが、なかには人工添加物を使用してコストダウンを図っているものもあります。添加物には、天然のものと人工のものがあり、無添加にこだわっているものは緑茶エキスやローズマリーエキスといった天然のものを用いていることが多いです。

キャットフードの安全規制が弱い

ペットフード安全法で決められている基準は、外国の基準に比べると、「緩い」と表現されることが多いです。実際に、人間が食べる食品には使用が認められていない添加物も含まれていたり、アレルギーの原因となる穀物や粗悪な肉などが使用されているケースもあるようです。

外国製キャットフードの特徴

外国製キャットフードは、どうしても輸送コストがかかるため、そのぶん高価となる傾向にあります。しかし、イギリスやアメリカ、ドイツなどのペットフード先進国と呼ばれる国は日本よりもペットフードの開発がすすんでおり、高品質なものも多いです。外国産といっても、様々です。ヨーロッパ諸国やオセアニア、北米のものが比較的上質なものが多いと定評があります。

日本製のおすすめキャットフード

できれば日本産のキャットフードで、高品質のものを選びたい場合、何を基準に見れば良いのか分かりにくいですよね。そもそも、国産と外国産の見分けもパット見ただけでは分かりにくいのが現状です。

ひとつずつ表示を確認して…という方法もありますが、ペットフード安全法では原料の品質についての明確な基準がなく、簡単な成分規格はあるもののすべてが表示されているとは限らないため、表示からすべてを判断するのはとても難しいと言われています。

たとえば、原料をかさ増ししているキャットフードの場合、○○ミール、肉類、動物性油脂といった、パット見何が原料なのかよく分からない言葉で記載されていることも多いです。ちなみに、原料にこだわった高品質なキャットフードには、乾燥チキン○○%など、すぐに何がどのくらい含まれるのか分かるものが多いです。

品質の高い国産のキャットフードは見つからないのか?と思われるかもしれませんね。でも大丈夫です、国産のキャットフードのなかには外国産にも負けない高品質なものもあります。ここでは3つほどピックアップしてご紹介します。

ねこはぐキャットフード

九州産の鶏肉を使い、原料は人間が食べても問題ないレベルの高品質なものばかりが使われています。とても小粒で、噛む力が弱い猫でも食べやすく、タンパク質をはじめビタミンやリンといったミネラルもバランスよく含まれています。

メディファスキャットフード

猫の年齢に応じて適切な栄養バランスを考えて作られており、下部尿路の健康のためにも役立つと紹介されています。チキン味、フィッシュ味、チキン&フィッシュ味の3種類があります。

ランフリーキャットフード

手作り無添加フードのお店が作っているキャットフードです。原料に使われているのは新鮮な生鮮食品のみで、もちろん無添加。猫の年齢や体質、好みに合わせてオーダーメイドにも対応してもらえます。

まとめ

今回は、国産のキャットフードについてご紹介しました。国産も、外国産も、キャットフードによって品質は大きく違ってきます。そのため、国産だから良い、あるいは悪いとは言い切れず、それは外国産も同じです。

大切なのは、添加物の有無や原料をしっかり確認し、猫の健康のために良いものを選ぶことではないでしょうか。もし、国産にこだわってキャットフードを選びたいのであれば、今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてくださいね。

プレミアフード”モグニャン”購入は↓↓↓

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です