キャットフードの主原料は何が良い!?あの原料だけはだめ!

飼い猫に与えているキャットフードの主原料を理解している飼い主がどれだけいることでしょうか?

キャットフードのパッケージの裏には原材料が書かれていますが購入する前にきちんと目を通している飼い主はさほど多くないと思います。

キャットフードは、種類にもよりますが肉類、魚類、穀物類などを原料にしているのが通常ですが、それ以外に猫の健康に良くない原料が入っている場合も多いのです。

今回の記事をきっかけに、キャットフードに含まれている原材料の意識を高めましょう。

キャットフードの主原料

キャットフードの主原料は、主に以下です。

肉類&魚介類

本来、野生に生息している猫は肉食動物です。

家庭で飼われている猫は、野生の猫ほど肉食ではありませんが、ベースが肉食動物であることに変わりはありません。

そのため、市販されているキャットフードのほとんどは、肉や魚の動物性タンパク質が主原料なのです。

主原料にされている動物性タンパク質は、各メーカーによって異なっており、サーモンやターキーチキンなどを採用することで個性を出しています。

肉を好む猫もいれば魚を好む猫もいるので、飼い猫の食いつきをチェックしながら、長く食べさせてあげられそうなキャットフードを選んでください。

穀類

前述した動物性タンパク質にプラスして、トウモロコシや小麦といった穀物類が含まれているキャットフードも多いです。

表向きは、「ダイエット&ヘルシー」を理由にされていますが、実際は少し違います。

本当の理由は、経費削減です。穀物を使用していれば、肉や魚を多く使わなくてもキャットフードを作ることができます。

しかし、猫は穀物類を消化しにくい腸環境なので、穀物類は猫に積極的に与えるべき食材ではありません。

グレインフリーのキャットフードが理想的

そこでオススメなのがグレインフリーのキャットフードです。グレインフリーとは、「穀物類不使用」を示します。

高級志向のキャットフードはグレインフリーを謳っているものが多いです。

一般的なキャットフードに比べると少し高価な買い物になりますが、飼い猫の健康を真剣に考えるのであれば、避けて通ることができません。

今まで意識したことのない飼い主は、これを機に検討してみてください。

ミートミールが危険

キャットフードの原材料を見ると「ミートミール」と書かれていることがあります。ミートミールは乾燥肉粉のことで、肉原料のひとつです。

ミートミールは、生肉よりも豊富なタンパク質を含んでいるため、良質な原材料と思われがちですが、そうとは限りません。

一体、何の動物肉なのか定義されていないのです。安心して飼い猫に与えられるとは言えません。

「○○ミール」表記なら安全性は高い

ミートミールを安心して与えたいのであれば、「チキンミール」や「ビーフミール」と表記されているキャットフードを選んでください。

このように表記されていれば、何の動物肉を利用しているのか分かるため、安全性が高いです。

キャットフードのNG主原料

キャットフードの主原料に以下の名前を見つけたら要注意です。使用は控えましょう。

ビートパルプ、コーングルテン

コーングルテンは、コーンの搾りかすです。ビートパルプは、※サトウダイコンの搾りかすを示します。

前述しているように、猫は穀物類を消化しにくい動物なので、これらの主原料はオススメできません。

※サトウキビの仲間

小麦、大豆、大豆ミール、とうもろこし

前述しているとおり、これらの原料も猫が消化しにくい穀物類です。なるべく避けた方が無難と言えます。

危険な添加物

BHT、BHA、エトキシキン、没食子酸プロピル、etc。これらの主原料は、猫の発がん性リスクが高いと報告されています。

香料や着色料も発がん性リスクが報告されているので気をつけてください。

香料や着色料は猫の食いつきを良くするために含まれていることが多いため、決して珍しい原料ではありません。

購入する前に、原材料の表示ラベルをチェックして下さい。

主原料にこだわったおすすめキャットフード

ここまで様々な主原料を紹介してきましたが、「今ひとつ分からない」という人もいると思います。

そのような人は、これから紹介するキャットフードを購入してみてください。

どのキャットフードの主原料にこだわっており、品質や栄養価の高さに定評があります。

ロニーキャットフード

ロニーキャットフードは、原材料に穀物を一切利用していないため、猫の消化不良を引き起こさないことで有名です。

猫の年齢を問わず、消化の良い食事を提供できます。

主原料は、動物性たんぱく質です。ディハイドレートチキンと呼ばれる脱水鶏肉をメインに使用しており、動物性たんぱく質66%を誇っています。

野生の猫は少なからず食物も食べているため、ロニーキャットフードもそれにならって食物を採用。

栄養バランスの高砂極限まで意識して、全部で41種類の原材料を使用しています。

モグニャン

ロボニャンは白身魚を原料にしており、タンパク質63%を誇る高タンパクとなっています。

そのため、パッケージを開けた瞬間に強く香る白身魚の匂いが特徴です。

もしかしたら、この臭いが身勝手な飼い主もいるかもしれませんが、この臭いが飼い猫の食いつきを誘います。

食欲不振の飼い猫でも食欲旺盛になるでしょう。

採用されている食材は、全て工場の厳格なテストをクリアしています。

その上で製造されたキャットフードは、専用機器でスペクトラム分析して、システムデータと比較。

差異がないことを確認してからパッケージしているほど、全ての工程でこだわりを見せています。

ファインペッツ

フランス産のアヒル肉とオランダ産のニンニクを主原料にしているキャットフードです。

これらの主原料は、アレルギーを引き起こすリスクが低いため、安全性の高さに定評があります。

一般的なキャットフードは防腐剤や酸化防止剤を使用していることが多いです。その理由は、品質保持が保ちやすいことにあります。

その一方、ファインペッツはこれらの化学原料を一切使用していません。それでいて、品質保持の長さに定評があります。

保管は常温で最長3ヶ月までOKです。
できればキャットフードの回転率は速いのが理想ではありますが、キャットフードをストックしておきたい飼い主にとっては嬉しい概要となっています。

カナガン

カナガンのキャットフードで利用されている材料は、人間が口にしても問題のないレベルのものを厳選しています。

そのため、小さなお子様がうっかり口に入れてしまっても身体に害を及ぼしません。

カナガンのキャットフードは、動物の栄養学に精通した専門家が携わって製造されています。

その専門家が、猫の健康に必要不可欠なタンパク質と炭水化物、野菜などを比率して、ブレンドしているのです。

ブレンドされている主原料は、以下のようになります。

・チキン
タンパク質、ビタミン、リン、セレン

・サツマイモ
食物繊維

・海藻
ミネラル、ヨウ素

・クランベリー
ビタミンC

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はキャットフードに含まれている主原料に焦点を当てました。

キャットフードの主原料に意識を向けていたつもりでも、意外と知らなかった内容が多かったのではないでしょうか?

キャットフードを購入する際は、今まで以上に今回の内容を意識してみてください。それは、国産にしても外国産にしてもです。

原材料の表示を見ても詳細が分からない場合は、メーカーに問い合わせてみましょう。

あるいは、最後に紹介したキャットフードを選んでおけば間違いはありません。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です