カリカリってキャットフードのこと?オススメのカリカリ6選

キャットフードを選ぶとき、何を基準にしていますか?多くの飼い主さんは、猫の体によくておいしそうなものが良い、と思うでしょう。しかし、猫の体にとって何がよくて、何がおいしいのか、わかりませんよね。

今回は、キャットフードを選ぶ際、特にカリカリ(ドライフード)選びに役立つ情報をご紹介します。

カリカリとは?

キャットフードのことを、よくカリカリと表現します。何となくイメージはつくかもしれませんが、カリカリとはキャットフードの中のドライフードのことを言い表します。

ドライフードとウェットフード

キャットフードは、主にドライフードとウェットフードに分けられます。水分量が10%に満たないものをドライフードと呼び、水分量が75%を越える場合にはウェットフードと呼びます。

その他にも、水分量が25%~35%程度のものをセミモイストと呼びますが、ドライフードかウェットフードが主流です。

カリカリの由来

カリカリとは、ドライフードのことを言うのですが、なぜカリカリと呼ばれるのか気になりますよね。何となく予想がつくかもしれませんが、ドライフードを猫が食べて噛み砕く時に、カリカリと音がなることに由来していると言われています。

ドライフードよりも、もはやカリカリの方が一般的に用いられる言い表し方になっているため、普段から口にしている飼い主さんも多いでしょう。

ほとんどは総合栄養食として猫の主食になる

カリカリのほとんどは、総合栄養食として販売されています。総合栄養食とは、主食として与えるに相応しい食事のことで、猫にとって1日に必要な栄養素をすべて補えるように作られています。そのため、総合栄養食をきちんと食べれば、あとは水だけでOK。他のご飯をプラスしてしまうと、かえって肥満などにつながるリスクが高まります。

カリカリを与えるメリット

飼い猫の90%もが、カリカリを食べていると言われていますが、選ばれるだけの理由がきちんとあります。カリカリのメリットについて、見てみましょう。

価格が安い

カリカリは、缶詰やパウチに入ったウェットフードよりも価格が安いため、多くの家庭で選ばれやすいです。価格帯は様々ですが、プレミアムキャットフードと呼ばれる高品質のカリカリであっても、ウェットフードを毎日与えるよりは安価となるケースも多いです。

開封後日持ちする

カリカリは、水分量が少ないためカビが生えにくいため保存しやすいです。ウェットフードの場合、開封してしまうと保存には適していないため、たとえ冷蔵庫であっても1日以内に食べきるべきだと言われています。

しかし、カリカリの場合、開封しても日持ちしやすく、猫によって適切な量を与えやすいといった、コントロールのしやすさも魅力です。

ただし、カリカリであっても一度開封すると空気に触れて酸化したり、湿気の多い場所でカビる可能性もあります。小分けにして密封し、湿気の少ない場所で管理すると良い状態で日持ちさせることができます。

口腔内トラブルにつながりにくい

カリカリは、ウェットフードに比べて口の中に食べカスが残りにくいため、歯周病になりにくいと言われています。

顎の筋肉を鍛えることができる

人間と同じように、固いものを食べると顎を鍛えることができます。ウェットフードのように柔らかく噛む必要のない食事をとり続けると、顎の力は自然と弱まります。

カリカリ選びのポイント

それでは、具体的にカリカリを選ぶ時にどのようなポイントに気を付ければ良いのか、見てみましょう。

ライフステージに合わせて選ぶこと

猫は、年齢によって必要な栄養素やカロリー量が異なります。子猫、成猫、シニア猫など、年齢に応じたものを選びましょう。キャットフードのなかには、適した年齢が決められたものと、全年齢の猫に対応するものとがあります。

猫の体質や病気に合わせる

治療が必要な病気にかかっている時や、定期的に動物病院で検査をしている時には、病状や体調に合わせたカリカリを選ぶことが重要です。肥満が気になる時にはカロリー控えめなものなど、飼い主が判断しやすいものもありますが、病院にかかっている時には獣医さんのアドバイスを受けて選ぶとより良いでしょう。

アレルギーを考慮する

猫は、穀物や肉などにアレルギーを発症する可能性があります。特にアレルギーとして多いのが肉です。カリカリの原料のなかに、アレルギーを起こしやすい食材・添加物が含まれていないかどうか、確認が必要です。

良質の原材料であること

カリカリの主原料に使われるのは、肉や魚が一般的ですが、安価なキャットフードの場合は注意が必要です。例えば、穀物でかさ増しをしていたり、肉副産物といって骨や皮、毛などが含まれた動物の肉を使用している可能性があります。○○ミールなどと表記されている場合は人間が普段食べる肉以外の部位も混ざっているケースがあります。もちろん、猫が食べても良い状態になるように加工はしてあります。

添加物が使用されていないこと

添加物が人体にも影響すると言われているように、猫の体にも悪い影響を与える可能性はあります。安価なカリカリには、添加物が用いられているケースが多いと言われています。原料や添加物にこだわったカリカリの場合、添加物を一切使用していなかったり、猫の体に悪影響を与えない天然由来のものが使用されているなどの特徴が見られます。

猫がカリカリを食べてくれない時は…

せっかくこだわって買ったカリカリも、猫が食べてくれなければ意味がありませんね。病気による食欲不振の場合はすぐに病院で治療をする必要がありますが、嗜好性の問題である場合はカリカリに一工夫加えることで、食べやすくなる可能性があります。

ふやかしてみる

カリカリを食べる時には、ある程度噛んで口のなかで細かく砕く必要があります。しかし、顎の力が弱い猫にとっては、食べにくいですよね。こうした場合、15分程度お湯につけてふやかしてあげると、食べやすくなります。お湯ではなく、肉や魚のゆで汁でふやかしてあげると、より食欲が増しやすいようです。

砕く

カリカリが大粒の場合、顎の力や歯の状態によっては噛み砕きにくいかもしれません。細かく砕いてあげると、食がすすむこともあります。

ウェットフードと併用する

形や固さの問題ではない場合、味や匂いの好みによるものかもしれません。少しウェットフードと混ぜると、食感や匂い、味が変わって食欲が戻る可能性もあります。

ふりかけ

味や匂いの変化を簡単につけるのなら、ふりかけがおすすめ。猫用のかつおぶしを少量かけてあげるだけで、食がすすむ猫もいます。ふりかけは、市販品で手軽に入手することができますが、かけすぎによるカロリー過多には注意が必要です。

おすすめのカリカリ

さいごに、実際に販売されているカリカリのうち、特に人気と品質の高いキャットフードを厳選してご紹介します。

ジャガー

主原料に肉と魚の両方を使っているという、贅沢さが特徴です。プレミアムキャットフードの火付け役とも言われているほど、品質にこだわっている点が魅力です。

シンプリー

骨抜き生サーモン、乾燥サーモン、乾燥ニシンといった魚が主原料で、グレインフリー(穀物フリー)な点が特徴です。魚がふんだんに使われているため、動物性タンパク質とDHAをとることができます。

カナガン

新鮮なチキンが主原料となっています。こちらも、グレインフリーなので穀物によるアレルギーが心配な猫には便利。

モグニャン

タラなどの白身の魚が主原料となっています。白身魚ならではの、高タンパクで低脂肪であることが、猫の体に良いと言われています。添加物は使用されておらず、グレインフリーです。

ファインペッツ

日本製のカリカリです。アレルギーを起こしにくい原料を中心に使い、消化吸収に良い点が特徴です。栄養バランスやミネラル量がちょうど良いと定評があります。

ロニーキャットフード

鶏肉を主原料とし、野菜や果物などを41種類バランスよく配合している点が特徴です。栄養バランス、ミネラル量が適度で、最高品質と呼び声の高いキャットフードです。

まとめ

今回は、カリカリのメリットや食べない時の対処法と、おすすめのカリカリを6つご紹介しました。

大切な猫の健康を考えて、できるだけ体によいものを選びたいですよね。今回ご紹介した内容を参考にして、猫の年齢や体質だけでなく、良質な素材や添加物の有無にも着目してみてはいかがでしょうか。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です