キャットフードに野菜は必要?猫が野菜を食べるメリット!

野菜は、人間にとって必要な栄養を補給するための大切な食材です。猫にとっても、同じように野菜を食べれば健康的な体に近づくと思われがちですが、実は違います。

しかし、少なからず野菜が猫の体にもたらすメリットもあるようです。今回は、キャットフードに野菜を加えた方がよいのか、また猫に野菜を与える方法やNG食材について、ご紹介します。

キャットフードに野菜は必要なのか?

私たち人間は、野菜をしっかりとって肉や魚とのバランスを考慮した食事をとるように、とよく見聞きしますよね。これは、幼少期から耳にタコができるほど、言われてきたことです。そのため、野菜=体に良いという常識がついていても何ら不思議はありません。

しかし、これはすべての動物に当てはまるわけではありません。私たちの身近な動物、猫だって、野菜が体に良いとは言い切れないんです。

猫はもともと肉食

なぜ、人間にとって体によいとされる野菜が、猫にとっては必ずしも必要ではないのでしょうか。それは、猫がもともと肉食動物であることが関係します。

猫にとって、最も必要な栄養素は、動物性タンパク質です。肉食動物なのですから、当然ですよね。その反面、野菜は絶対に必要というわけではありません。肉食の猫の体は、もともと穀物や野菜を消化する体にはなっておらず、野菜全般に含まれるセルロースを分解することができません。

つまり、猫は野菜を消化することが苦手な動物で、あえて食べなくても問題はないんです。

猫が野菜を食べると良いこと

とはいえ、猫にとって野菜が与えるメリットもあるようです。近年では、野菜が猫の健康に役立つという意見もあります。野菜に含まれる食物繊維やビタミンは腸の環境を整えて便通を良くしたり、体調を整えてくれると期待されているのも事実です。

しかし、これには十分な注意が必要です。先程もお伝えしたように、もともと猫の体は野菜を消化するのが苦手です。ですから、食べすぎると胃腸に大きな負担がかかって、かえって不健康につながるリスクもあります。

また、人間と猫とでは、食べることができる食材が異なります。人間にとって良い食材であっても、猫にとっては病気を起こしたり、ひどい場合は死に至る食材もあります。

猫の健康を考えて、野菜やキャットフード以外の食材を与えたい時には、まずその食材が猫にとって適しているのか確認しましょう。そして、与える量も負担にならない範囲に留めることが肝心です。

猫に野菜を与える方法

繰り返しになりますが、猫に野菜を与える時には事前に猫が食べられる野菜かどうか確認することが大切です。そして、できるだけ消化しやすいように調理して、胃腸の負担にならないように注意しましょう。

・豆類、かぼちゃ、さつまいも

指で簡単につぶれるくらい、柔らかく煮ましょう。さつまいもやかぼちゃは、うらごしできるほど柔らかくしてあげると食べやすいです。さつまいもやかぼちゃは、カロリーが高いため、少量をキャットフードに加える程度にしておくことをおすすめします。

・キャベツ

ビタミンCや葉酸、ビタミンKを含み、便秘に悩む猫には良いと言われています。しかし、キャベツに含まれるリンという成分は、腎臓の弱った猫には負担になるため、必ずしも与えて良い野菜とは言えません。健康な猫に限り、少量であれば問題ないケースもあるようです。もちろん、与える時にはしっかりと茹でて柔らかくしましょう。

・ブロッコリー

ビタミンCや葉酸、ビタミンKを含み、便秘や毛艶の維持に役立つと言われています。しかし、ブロッコリーに含まれるゴイトロゲンという成分は、大量に摂取すると甲状腺の機能低下を招く恐れもあるため、注意が必要です。

このように、猫に与えても良いと言われる野菜であっても、猫によっては不向きであったり、その量に注意が必要であったりと、必ずしも安全に食べさせてあげることができるとは言い切れないことがわかります。

そもそも、猫の味覚は人間の1/10ほどしかありません。匂いの薄い野菜には興味を示さず、あえて自ら食べようとする猫はとても少ないです。猫に野菜を与える際は、これらのことに十分に注意する必要があります。

猫に与えてはいけない食べ物

人間が問題なく食べられるものであっても、猫にとっては危険なものはたくさんあります。場合によっては中毒を起こしたり、健康を著しく損なう可能性もあるため、キャットフード以外の食事を与えている場合は特に注意が必要です。

ネギ類

ネギ類は、猫や犬にとって絶対にNGであることは有名ですよね。もし、これまで知らなかったという人は、これから十分に注意しましょう。

ネギ類は、玉ねぎやネギだけではありません。ニラやアサツキ、ニンニク、らっきょうもネギ類に含まれます。ネギ類は、猫の赤血球のヘモグロビンを破壊し、中毒を引き起こすとても危険な食材です。中毒を起こすと、貧血や呼吸困難、衰弱、心拍数の増加、血尿、嘔吐、下痢、黄疸などの症状が現れます。症状がひどい場合、最悪死に至ることもあるため十分な注意が必要です。もし、あやまって猫がネギを口にして、これらの症状が出た場合は直ちに動物病院を受診しましょう。

チョコレート

チョコレートの原料となるカカオには、カフェインやテオブロミンといった成分が含まれます。人間にとっては大した量でなくとも、猫にとっては危険です。カフェイン中毒を起こしたり、興奮状態になる可能性があります。

生の魚介類

海に近い地域では、釣った魚を猫が口にくわえて持っていく姿をよく目にしますよね。そのため、生の魚は猫が喜んで食べる良い食材と思われがちです。しかし、実際は注意が必要なのをご存じでしょうか。

骨がついた生魚は、人間よりもはるかに細い猫の食道を傷つける可能性があります。また、生タコやイカは消化することができません。加熱したとしても、イカやタコの酵素がビタミンB1を分解してしまうため、猫の体に良くないとされています。海草をエサとする貝は、重大な皮膚炎につながる可能性もあります。

生卵

哺乳類にとって欠かすことができないビオチンという成分が、生卵に含まれるアビジンという成分によって吸収を妨げられ、ビオチン欠乏症に陥る可能性があります。顔面などの毛が抜け落ちたり、皮膚がフケのように剥がれ落ちたり、ビタミンバランスが崩れて下痢につながる可能性もあります。

その他

・鶏の骨

鶏の骨は、割れると非常に鋭利になり、消化器を傷つけてしまうリスクがあります。

・生の豚肉

寄生虫がいる可能性があります。

・ぶどう

原因は明らかとされていませんが、下痢や嘔吐、急性腎不全のリスクがあります。

・味付けの濃いもの

人間の食事など、猫にとって味付けの濃いものは腎臓に負担がかかります。

猫草は野菜の代わりになるのか?

一見、新鮮な野菜ともとれる猫草ですが、野菜の代わりにはなりません。猫草はイネ科の若い草が用いられていますが、その目的は猫が食べることで胃を刺激して毛玉を吐き出すことにあります。

猫は、毛玉を吐き出したい時にわざと草を食べる習性が身に付いています。家猫の場合、草を食べる環境にないため、猫草がその代わりとなります。

まとめ

今回は、キャットフードに野菜は必要なのか、また猫に野菜を与える際の注意点や与えてはいけない食材についてご紹介しました。

基本的に、猫の食事は総合栄養食を与えれば十分だと言われています。総合栄養食には、猫が必要とする栄養素すべてが含まれているため、あとは水を飲むだけでOKです。もし、便秘などの解消のために野菜を与えた方が良いのか検討している場合は、適した方法と適した量に注意しましょう。

猫は野菜を消化するのが苦手な動物です。便秘のために何かしたいと考えているのであれば、先に動物病院で相談してみることをおすすめします。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です