猫がご飯を食べないのはなぜ?1日以上食べない時は要注意!

猫は、比較的食欲不振を起こしやすい動物だと言われています。確かに、ご飯をあげてもすぐに全部食べずに、時間をかけて少しずつ食べたりしますよね。食欲がある場合でも、このような食べ方をするため、本当に食欲不振によって食べられないのかどうかは分かりにくいかもしれませんが、猫の食欲不振は放っておくと大事に至る可能性もあります。

今回は、猫が食欲不振を起こす原因や、対処法についてご紹介します。

猫がご飯を食べてくれない理由

猫がご飯を食べない理由としては、大きく分けて3つの原因が考えられます。

嗜好性の問題

キャットフードの味に関する、好き嫌いによって食べなくなることがあります。猫は、キャットフードなら何でも食べる、というわけではありません。きちんと、それぞれ好き嫌いがあり、それは個性です。

例えば、カリカリのドライフートが好きな猫がいれば、缶詰に入ったウェットフードが好きな猫もいます。何でも食べる猫がいれば、好きなものしか食べない猫もいます。

さらに、毎日ずっと同じメーカーの同じキャットフードを与えていた場合、味に飽きてしまって食べなくなることもあります。その一方で、新しいキャットフードに変えた時、「前の方が良かった…」と、食べなくなる猫もいます。

このように、猫の好みが食欲に影響することはよくあることです。特に、お皿にキャットフードがたくさん入っているにもかかわらず、飼い主のもとにすり寄って餌をねだる様子を見せるのなら、嗜好性の問題が大きく関わっていると予想できます。

病気

治療が必要な病気を抱えていて、体調不良から食欲不振につながるケースもあります。胃腸の問題や、感染症、口の中の病気など、その原因は様々です。病気が食欲不振につながる場合はできるだけ早く治療をすすめるなどの対処が必要です。

ストレス

猫は、ストレスを感じやすい動物だと言われています。ストレスを感じる要因は多数考えられますが、特に多いのが環境の変化です。

例えば、引っ越しや模様替えによる住環境の変化や、遠く離れた家族の帰省などで一時的に家の中の人間が増えた場合、新たに飼い猫を迎えたなどは、猫がストレスを感じて食欲不振に陥りやすい原因になると言われています。猫のなかには、留守番がストレスになるケースもあるようです。

とはいえ、すべての猫がストレスに弱いかといえば、そうでもないようです。なかには、環境の変化などがあってもそんなにストレスを感じない猫もいます。

猫が病気でご飯を食べない場合は要注意

猫がご飯を食べない時、一番注意すべきは病気の可能性があるかどうか、という点です。キャットフードを口にしても、何度も吐いてしまったり、丸一日なにも食べない時には早めに病院で診てもらう必要があります。

猫は、絶食状態が続くと、そのことが原因で新たな病気になったり、重篤な状態に陥る可能性があります。丸一日なにも食べない時、という目安にこだわらず、いつもと様子がおかしいなど気になる点があれば早めに受診しましょう。

特に、子猫の場合は、半日絶食した段階で受診が必要と言われています。子猫や年をとった猫は、予備能力が低いことから、成猫よりも早い段階で対処が必要です。

猫が病気で食欲不振をおこす病気

例えばどんな病気が猫の食欲不振につながるのでしょうか。代表的なものを中心にご紹介します。

消化器系の病気

胃腸の病気によるものです。胃捻転や腸閉塞、胃炎、巨大結腸症などの病気だけではなく、便秘が影響することもあります。

肝臓の病気

胃腸の病気だけではなく、肝臓の病気にも注意が必要です。急性肝炎や慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝、胆管肝炎症候群などが食欲不振の原因につながります。食欲不振で絶食状態となることで、脂肪肝を発症しやすくなるなど、新たに肝臓の病気につながるケースもあります。

ウイルス感染症

いわゆる猫カゼと呼ばれるウイルス感染症や、猫白血病ウイルス感染症によって食欲不振をおこす場合があります。

口腔の病気

お腹は空いていても、口の中が痛かったり不快感があると食欲が低下することもあります。口内炎や噛み合わせが悪い、歯周病などが影響します。

その他

熱中症や認知症、膵炎、胆嚢障害、肺炎、溶血性貧血、悪性腫瘍、異物誤飲など、食欲不振につながる病気は多数あります。

病気以外の食欲不振の対処法

食欲不振の原因が病気によるものでなかった場合は、飼い主が工夫することで改善する可能性があります。病気以外の食欲不振につながる原因をチェックして、考えられる原因を解消していきましょう。

キャットフードを変える

嗜好性の問題、すなわちキャットフードの味が問題であれば、キャットフードを変えてみると改善する可能性が高いです。いつもとは違うものを与えてみる、ドライフードを与えているのであればウェットフードを併用するなど、変化をつけると食欲が回復するかもしれません。

その他にも、ドライフードに猫用のふりかけをかけてみる、少しお湯でふやかしてみるなどの方法も効果的です。

猫がご飯を食べない時のQ&A

猫がご飯を食べない時、「これって病気?それともその他の原因?」と困ることもあるでしょう。飼い主が経験するケースとして、比較的多い悩みを中心にQ&Aでご紹介します。

Q.おやつは食べるのにドライフードを食べない原因は?

A.猫用のおやつは、嗜好性が高い点が特徴です。猫が喜んで食べるため、ついつい与えすぎていませんか?おやつの味に慣れてしまったり、おやつが多すぎてお腹一杯になることで、ドライフードが食べられなくなる可能性が考えられます。

おやつの量や時間を見直して、与えすぎないように注意するとドライフードが食べられるようになるかもしれません。

Q.いつもと違う「オアー、オアー」と低い鳴き声をあげている原因は?

  1. 猫の鳴き声からわかることはたくさんあります。まず、いつもと違う鳴き声であるという点が、危険を知らせるサインです。低い鳴き声で「オアー、オアー」と鳴く時には、吐き気がする、おしっこが出ない、不安であるなどの不快感や体調不良を訴えている可能性があります。できるだけ早い段階で病院を受診することをおすすめします。

元気なのにご飯を食べてくれないのはなんで?

  1. いつもと変わらず元気に遊び回っているにもかかわらず、ご飯を食べない時には、嗜好性の問題が影響しているのかもしれません。キャットフードを変えたなどの変化はありませんか?また、ご飯を入れる容器を変えたり、容器が汚れているなどの問題で、いつもの食事が食べられなくなる猫もいます。キャットフードを変えたばかりであれば元に戻してみる、ずっと同じものを与えているのであれば、いつもと違うものを与えてみる、容器を清潔に保つなどの工夫をしてみましょう。

まとめ

今回は、猫がご飯を食べない原因についてご紹介しました。猫がご飯を食べない時に考えられる原因は、大きくわけて3つあり、病気が原因の場合は早急な対応が必要です。さらに、病気が原因でない場合であっても、子猫やシニア猫なら半日以上、成猫なら丸1日以上絶食状態が続くと、体に重篤な影響を及ぼす可能性があります。

食欲不振がみられる際には、いつから食べていないのか、受診の必要性があるのかなど、注意深く観察しましょう。キャットフードを変えてみたり、容器をきれいにするなど、すぐにできる対策を早めに行って様子をみるのも大切です。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です