猫がご飯を残すのはなんで?猫がご飯を食べやすくなる方法!

猫がご飯を残す理由

猫にフードを与えても、残してきちんと食べてくれないと心配になってしまいますよね。猫がフードを食べないのは、なぜなのでしょうか。

もともと、小分けで食べる習性がある

現在のように飼われるようになった猫は必ずしもそうではないのですが、もともと野生の猫は食事を小分けにして摂る習性がありました。そのため、現在でも餌を小分けにして少しずつ食べたがる猫が多いのです。

もともとの習性なので猫が小分けにしてもきちんとフードを食べてくれるようであれば、さほど心配する必要はありません。しかし、何日もフードを残してしまうようであれば体調を崩していることもあるので、猫の様子をしっかりと観察しておきましょう。

飽きた・気に入らない

フードに飽きたり、新しいフードが気に入らないような場合には、猫も食欲が落ちてあまり食べなくなってしまうことがあります。そのためには、飽きたり気に入らずに食べてくれない場合には、何か変化をもたせて猫の食欲を満たすことが大切です。

ふりかけなどを使用してたまに味を変えてあげると、猫も食欲を刺激されて、食べてくれるようになる場合があります。

猫がご飯を食べてくれるようになるには?

猫がなかなかご飯を食べてくれないと、栄養がきちんと補給できているかどうか不安になってしまうものです。きちんとフードを食べてもらうためには、どのような対処をしたらよいのでしょうか。

病気の場合

猫が病気で食欲が減ってしまっている場合には、まずは専門家である獣医に相談しましょう。自分であれこれ悩んでいてもどうすることもできないので、プロに任せるのが得策です。

キャットフードを猫が食べない場合には、きちんとその時の様子をチェックしておき、具体的に獣医師に伝えることで、より的確な対処をしてもらうことができます。

キャットフードが食べにくい

小柄な猫も多いですが、フードが体に対して大きいとどうしても食べにくく感じてしまうものです。近年ではフードの改良も進み、小粒で猫が食べやすい形状に工夫されているものもたくさんありますが、大きめの形状のものもたくさんあります。

フードをどうしても食べてくれないという場合には、フードを切り替えてみるか、ふりかけなどをかけて味を変え、猫の食欲をそそるように工夫してみると良いでしょう。ただ、やりすぎると猫がわがままになる場合もあるので、注意が必要です。

食欲がない

夏場の暑さや冬場の寒さなど、猫が人間以上にストレスを感じやすいので気をつけなければなりません。単に食欲がないことで、フードの食いつきが悪くなる場合があります。

食欲がない場合には無理に食べさせるのもよくありませんが、かといって食べてくれないと心配になるものです。暑さで食べてくれないような場合には、冷たいジェラート状のおやつなどを一緒に入れてあげるなど、猫が好んで食べてくれるように工夫することが大切です。

猫がご飯を残さないために気をつけること

猫にしっかりとご飯を食べてもらいたいという場合には、いくつか工夫すべき点があります。ここからは、そのポイントについて紹介します。

ご飯の与え方に注意

ご飯の与え方を工夫することで、猫がご飯を食べてくれるようになる可能性があります。猫にご飯を与える際には、2〜3回に分けてあげるようにすると良いでしょう。一度にたくさん食べることは少ないので、1回で大量に与えるのはあまりおすすめできません。

また、適切なカロリーもしっかりと把握しておくことで、猫のフード食べ過ぎなどの問題も回避することができます。しっかりと猫の体調管理をすることで、フードの適量もわかってくるでしょう。

おやつは控え、好みのフードを与える

猫がなかなかフードを食べてくれないからといって、代わりに食いつきの良いおやつばかりを与えているという人も多いでしょう。しかし、嗜好性の高いおやつを与えすぎると、猫がおやつしか食べなくなってしまうので、さらにフードの食べ残しが増えてしまいます。

おやつは猫が好むように味や風味が強めに作られているので、猫もフードよりも食い付きが良くなりやすいです。フードを食べなければばおやつがもらえると猫が感じてしまうと、さらに食べなくなるので気をつけましょう。おやつはあくまで嗜好品なので、与えすぎに注意が必要です。

体調を管理しておく

猫の体調管理をすることも、大切なポイントの一つです。猫がフードを食べない時に、どうして食べないのかある程度見当をつけることができれば、動物病院に行って医師に説明しやすくなります。

現在の状態や普段の食欲との差などを細かく観察しておくことで、医師にも具体的な症状が伝わりやすく、適切な処置をしやすくなります。

猫の体調を知るためには、やはり毎日しっかりと様子を見ておくことが大切です。違和感がないかどうかはきちんと確認できるようにしておきましょう。

猫が残してしまったご飯はどうすれば良いか?

フードを与えていても猫の食い付きが悪いと、どうしても残ってしまうものです。猫がフードを残した場合には勿体無いと感じることもあるでしょうが、残したものをそのまま保管しておくのはやめましょう。

もったいないからといって次の日の食事に使い回しをしたくなる気持ちもわかりますが、フードは袋から出すとどんどん酸化して品質が低下していきます。特に水分の多いウェットフードは傷みやすいので、食べ残した場合には速やかに処分しましょう。

食いつきの良いオススメキャットフード

ここまで猫がフードを残す理由や対策について紹介してきましたが、できれば猫が残したくなくなるようなフードを選びたいものです。ということでここからは、食い付きやよい猫のおすすめフードを紹介します。

カナガン

カナガンキャットフードは、チキンや海藻などの素材を使用し、猫の体に必要な栄養素をしっかりと補給することができます。さらにカモミールやクランベリー、マリーゴールドなどの植物成分を配合しているのもポイントです。クランベリーにはビタミンCが豊富に含まれているので、体を健康的に保つのに効果的です。

ナチュラルチョイス

ナチュラルチョイスは、全製品に品質の良いチキンやサーモンを配合しているのがポイントです。ミートシリーズやフィッシュシリーズ、スペシャルケアシリーズから選ぶことができるので、猫のアレルギーや好みに対応しているものを選ぶことができます。

穀物フリーなので体に負担がかかりにくく、食べやすい形状になっているので小さめの猫でもストレスなく食べることが可能です。

ナウフレッシュ

新鮮さを命として作られているこのフードは、市場で販売されているような新鮮な素材を使用しているのが大きなポイントです。オメガ脂肪酸が豊富なので、体内の脂肪を燃焼させて肥満になりにくい体へ導くことができます。

アカナ

田舎の広大な土地でのびのびと育った動物のお肉を使用したこの商品は、猫の理想的な食事のバランスを考えて作られています。合成添加物もほとんど使用していないので、体にかかる負担を軽減することができます。

かぼちゃなどの食物繊維を含む食品を使用しているので、お腹の働きもスムーズにする効果が期待できます。

オリジン

オリジンのキャットフードは、子猫用やフィッシュ、チキン、ダイエット用など様々な種類が用意されています。ビタミンやミネラルなど、栄養素のバランスも良いので、体にしっかりと栄養を補給することができるのも嬉しいポイントです。

まとめ

今回は、猫がフードを残してしまう理由や食べさせるためのポイントについて紹介してきました、猫はもともと食事の回数を増やして小分けにして食べる習性があるので、出してもすぐに食べてくれないという場合でもそこまで心配することはありません。

しかし、単に嗜好性の問題などで食べてくれないこともあるので、その場合には味を変えるなどの工夫が大切です。猫に人気のフードもいくつかあるので、悩んだらそちらを購入してみるのも良いでしょう。 正しく給餌して、猫を健やかに育てましょう。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です