猫がご飯を隠すのはなぜ?砂をかけるしぐさは猫の習性なの?

猫が自分のご飯を隠してしまう行動をとる場合があります。飼い主さんとしてはこの行動の意味を知ろうとしますが、正しい解釈をしてあげてください。例えば、ご飯を隠しているのは、後からゆっくり食べたいからという悠長なとらえ方は間違っているのです。ご飯を隠す=食べたくないという強い意思表示が底に潜んでいることを、何よりも感じておいてください。

猫がご飯を隠す理由

猫がこちらを見つめてじっと何かの意思表示をしているようなしぐさを見せるときには必ず何かを隠している時だと言われています。例えばまだ食べていないフードボールを隠そうとしている場合には必ず、次のような理由が隠されているのです。

〇今はお腹がいっぱいで全部は食べられない

〇後から食べようと思って隠しておきたい

猫はこのように考えてご飯を隠す、という行動に出るのです。猫との生活が初心者の場合には戸惑いますよね。次から次へと猫が起こす行動に不可思議な気持ちになりつつも全部を食べてくれないことに若干の不安を覚えてしまうのは無理のないことです。

犬のように目の前の食事を完食するわけではない

そもそも猫はマイペースです。目の前のご飯をそのタイミングで完食してしまおうなどと、思うタイプの動物ではないのです。自分の食べたい分だけ食べて、あとは後から食べようなどとあり得ないほどに自分にストイックに生きているわけです。飼い主さんにすれば食事を残す=いけないこと、と言う解釈をしたくなるのは当然です。心配性の人ならばどこか病気になっているのでは?とついいつい、飛躍してしまいます。ただ猫の場合には野生の習性が残っているために起きる行動だと解釈しておいてください。・

今は食べたい分だけが必要で、多く盛ってある食事は不必要、と考えられる生き物が猫なのです。お腹が空いていないから食べないということ以上に、自分で食べる分量を決めている節もあるのです。そもそも、少量のフードに時間をかけて食べるという習性の方が根強いのです。衛生上、食べ残したご飯を早く片付けてしまおうと飼い主さんが動くと急に威嚇をする場合もあるほどです。そのうち食べ残したものを隠すようになるというわけです。常に機敏に動き回り元気な様子を見せている場合には、特に心配をする必要もありません。

食べる前に砂をかけるしぐさをするのは?

いわゆるエアー砂かけをしている様子を初めて見たときには衝撃を受けるものです。排泄物以外に砂をかけるというのは、見た瞬間には異常な行動に映るものです。それでも猫側にもきちんとした理由が存在するわけです。ご飯に砂をかけるという行動は、もうお腹がいっぱいで食べたくないという意思表示です。猫は自分が砂をかけた食事がもう、食べられないものとは判断していないのです。

それよりも食べたくないから砂をかけて一旦食事時間を終わらせているという解釈の方が正しいのです。猫の心理は深いところで常に深いところで物事を考えているようにも見えます。ただそれは至って普通の行動であり、まじめな行動でもあるのです。

猫が砂をかける仕草をしたらどうすれば良い?

お腹がいっぱいという気持ちが理由の場合には特に問題はありません。それでも、猫が砂をかける仕草を頻繁にしているという場合には、体調面で不安な部分があるのかもしれません。そこを見逃さないようにしたいところですが、猫の場合には、なかなか複雑です。

〇ほとんどの食事を残しているのに砂をかける場合

〇1日程度何も食べていないのに砂をかける場合

これは、何らかの病気にかかっている可能性があるとして対処してください。ひとまず動物病院を受診することが賢明でしょう。砂をかけることには、自分の気持ちを表現するということが多いのです。ストレスを感じている場合にも、ご飯に砂をかけることが多くなります。その頻度を見極めて対処することをおすすめします。

具体的な改善策

一度の食事量が多い可能性があります。まずは適量を計ることが大切です。細かな数字まで一応適正量にして与えるようにしてみてください。そして香りの良いキャットフードなどに少し変更して様子をみてください。何を与えても食事を隠す、という場合には、やはり病的な理由が潜んでいると考えても間違いないでしょう。

猫はある程度、食欲にムラがあるものです。そこを理解したうえで、余り飼い主さんが神経質になることは避けてください。あくまでも砂かけ行動は習性であることが多いことも知っておく必要があります。

猫は綺麗好きだから説

猫が自分の排泄物を隠す、ということで砂をかける場合には、綺麗好き説が、まかり通ります。ただ食事の器に向けて砂をかけるというのは、綺麗好き云々とはかけ離れたところに理由があると知っておいてください。つまり、砂をかける=自分の主張です。猫によっては一度の食事量が微々たるものという子もいます。決して食事を汚そうなどと思っている場合ではありません。

それよりも今はいらないから後から食べようという意味で、食事を隠す、という意味合いの方が大きいのです。砂をかける=隠しているということにつながります。また、頭脳明晰な猫の場合には、常に食べているキャットフードに飽きたということを意思表示している場合もあるのです。そこには、「もういらない」という強い気持ちが込められている場合も多々あるようです。

頻繁に食事に砂をかけている場合

あまりにも食いつきが悪く毎回、食事を隠すようなしぐさや砂をかけているような場合には、キャットフードを変更することも考えてみてください。猫の砂かけ行動には、意外な意味が込められていることがわかります。トイレをした後に砂をかける時の気持ちにも近いのですが、食事の場合には、何らかのサインでああることがほとんどです。

困った猫の場合には、食べ残したご飯に砂をかけて隠すことで、飼い主さんが別のご飯を準備してくれるかもしれない、という淡い期待を寄せている場合もあるのです。これは全く、見当違いのことを猫がしていることになります。猫には何でも貯食するという行動があります。ご飯についても、今は食べないけれども後から食べようという心理が働く場合もあるのです。食べきれないから砂をかけて隠す、という理にかなった行動を猫は行っているつもりなのです。飼い主さんに対しての強い拒絶や、食への拒否と言う解釈とは少しだけ違うことに、気づいてください。人間が考える以上に、猫の習性は根強いものであり砂かけ行動にも深いわけが存在するのです。そこを徐々に理解するだけでも、食事に砂をかけても、「もうお腹がいっぱいなんだね」と温和に解釈できるようになるものです。

まとめ

ご飯を隠す場合や砂をかけるというのは、猫特有の自己主張です。もしも、猫が一口も食べずにいきなり砂をかけているような場合には、そのキャットフードが嫌いということを意味するのです。気に入らないから、自分の視野から消しているという場合もあることを知っておいてください。食生活の中でムラを常に感じている飼い主さんも多いのです。なかなか治らない場合も多いのですが、病気になっているかどうか?という判断を獣医さんにしてもらうだけでも安心感が持てます。猫の習性か?それとも猫の病気なのか?は素人には判断できないことですので、あまり独断で行動を起こさないようにしてください。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です