猫がご飯の時に鳴くのはなんで?うるさい猫をしつける方法!

猫の中には、ご飯を要求するように鳴く猫がいます。普段はほとんど鳴かない猫が急に大きな声でしつこく鳴く場合にはどうすれば良いのでしょうかご飯を要求しているときに鳴くのは、ある程度は癖のようなものです。目くじらを立てて叱りつけるような必要もありません。それでも、気になる飼い主さんもいるので、対策を考えてみました。

猫が鳴く理由

猫が訳もなく鳴くということはあまりありません。猫の気持ちになって考えると、やはり何かを要求しているときや、飼い主さんに訴えている場合や、威嚇をしているときにはどうしても鳴いてしまう場合が多いのです。ここには個体差もかなり生じています。猫の生まれ育った環境や性格がすべてに反映されるわけです。

猫だってたまには鳴く、という穏やかな解釈が出来る飼い主さんは、問題ありませんがあまりにもご飯の時に鳴くのが気になるという場合も多いのです。よく考えると、そこには意味が必ずあるのです。意味なく何かに対して猫が鳴くというのは、ありえないことと捉えてください。伝えたいこと、主張したいことがある場合には、鳴き声となって表にでてしまうということを理解しておいてください。犬のような無駄吠え的なものは、猫にはほとんどないと考えても間違いではありません。暇だから鳴くというようなことは、ないのです。

猫の鳴き声の意味は?

猫によっては食事の時間が体内時計でかなり正確にわかっている場合があるのです。飼い主さんが食事の準備に取り掛かろうとすると、まるで掛け声のように。鳴き始める猫がいます。飼い主さんにすれば、きちんと準備しているのに何でそんなに鳴くの?と思ってしまうはずです。それでも、要求モードが高まってくると猫は小さな声ではなく甲高い声で鳴くようになります。感情が高ぶるという状態は、鳴き声のトーンがどんどん上がっていく状態で把握してあげてください。猫も徐々にエキサイトしてしまうものです。

それにつられて飼い主さんが、猫に対して注意をしたり、食事の準備を急いだりする様子を、猫は静観しているのです。悪気はどこにもありませんただ、自分が大きな声で鳴くことで飼い主さんが自分のために動いてくれていることを、学習しているのです。猫の観察力は素晴らしく高く、飼い主さんの行動パターンまでお見通しという場合も多いことを、知っておいてください。しつけで抑えるようなことは、ほぼ不可能です。それよりも、状況に応じて食事の内容を考え直すようなことの方が賢明です。

猫の鳴き声がうるさい時の対策

ただ猫の鳴き声を黙らせようとするのは、間違っているのです。飼い主さんとしては、まずはなぜ鳴いているのか?を知っておいてください。お腹が空いているので最初は小さな声でアピールをしているとします。飼い主さんがそれを無視して食事を与えなかった場合には、どんどん鳴き声はエスカレートする一方です。これはある意味、仕方のないことではないでしょうか?できれば先回りして、日々の鳴き声のパターンを飼い主さんの方が学んで、鳴かないように行動するということで、対抗してみてください。

猫は自己主張をする生き物です。その手段で一番手っ取り早いのが、鳴くという行動です。何かを訴えているから鳴いているのに、飼い主さんが「うるさいな」と感じてしまう場合もあります。猫の過剰な行動を冷静に判断をして、飼い主さんが適時、働きかけることで、猫は鳴かなくなるものです。一度試してください。正確な時間に食事を準備する、適度に甘えさせるということを繰り返すうちに、今以上の満足を得るようになります。可愛がり過ぎることと、愛情をもって接することとは違います。猫のためになる方法で、対処することが絶対に必要です。

猫との微妙な駆け引き

猫も日々の暮らしの中で飼い主さんとの絆を深めています。鳴き声がうるさいという理由で、気持ちを理解せずにいきなりしつけだけを強く行うのは、猫にはストレスを与える結果になります。猫がツンデレな態度をとると思う前に、飼い主さんもツンデレな態度を猫に取っていないかどうか?を考えてみてください。

猫の気持ちにも気づいてあげられる飼い主になれれば、それほど強く猫が鳴くということも避けられるのです。特にご飯を上げる時に大きな声で鳴くというのは癖のようになっている行動パターンです。食事時間に一度でも大きな声で鳴いている場合には、今後も同じような行動を起こす可能性が大きいのです。まずは猫側の気持ちになって考えて飼い主さんとしてどうあるべきか?考えてみることが必要です。

猫の鳴き声をしつけで予防する方法!

猫に犬のようなしつけをすることは、なかなか困難です。それよりも、猫の鳴き声に対処する方法としては正しい食事内容かを見直すことです。常に猫の満腹感に対処していくという方法が適切だと思います。食べ過ぎると肥満傾向になってしまいます。食べる量が減ると栄養が偏ります。いずれも猫の健康リスクを高めるだけですので、まずは今食べている食事量をチェックしてみることから始めてください。

あまりにも毎回、食事時間になると大きな声で鳴くという場合には食事の回数を分けるという方法も効果的です。1日のトータル食事量を細かく分散させてみるのです。そうすることで猫は、常に満腹を感じやすくなります。これを一度試してみてください。

空腹感が強いと鳴き声も強くなる

「お腹が空いた~~」と声を出せない代わりに大きな声で鳴いていると考えてみてください。そしてお腹が空き過ぎていると興奮状態に似た心境になるようです。猫なりに、精一杯の自己主張と気持ちを飼い主さんに向けて発信していると考えるのが妥当でしょう。飼い主さんを困らせてやろうなどという、感情ではないことだけを信じてあげてください。

猫にも気持ちが常にあるのです。ついつい我慢しきれず鳴き声になってしまう瞬間も多いわけです。そこを理解することは、猫と暮らすうえでとても重要なポイントです。うるさい猫をしつけるというよりも、鳴かないように飼い主さんが先回りする方が健全です。

猫の鳴き声アプリ

あまりにも猫の鳴き声が不可思議で、なかなか理解に苦しいという場合には便利な機能を使ってみてください。スマホにダウンロードするだけで、猫の鳴き声を分析できるような機能のあるアプリです。調べたい言葉を入れるだけで、その時の心情を表す鳴き方を再現してくれるという優れものです。ちょっとした息抜きにこのようなアプリを使うことも、猫との生活の中には必要なことです。

つまり、猫と話が出来るようになれば良いな!という飼い主さんの願いを少し叶えてくれるような機能です。強く鳴くときにはどんな心情が隠されているのか?が瞬時にわかるような機能的なものです。時にはこのような文明の利器にも頼りつつ猫を理解しようとする飼い主さんの努力は涙ぐましいものだと思います。猫にもその気持ちは伝わるものです。猫も飼い主さんのことを絶えず気にしているものです。

まとめ

猫がご飯の時に鳴くのは当たり前です。中には食事の最中でも、食事を横取りされまいと鳴いている猫もいるほどです。食事の時間に鳴く猫というのは、食に貪欲で本当に空腹に耐えかねている猫と言えます。ここを理解したうえで、適切に対応してあげられる飼い主さんでいることが理想的です。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です