猫がご飯をこぼすのはなぜ!?ご飯後に汚さないための方法!

猫に食事を与えると驚くほどに食べ散らかす!ということがあります。この対策に悩む飼い主さんのための情報をまとめてみました。猫がご飯の後に床や周囲を汚さないような方法があれば!と誰もが思うことに注目してみました。

猫がご飯をこぼす理由

そもそも、猫は一心不乱にキャットフーを真剣に食べるタイプではありませんそれよりも、よそ見をしたり遊び食べをする場合が多いのです。飼い主さんにすれば、集中して食べてほしいところですが、なかなか思うようにいかないのが猫の食事状態なのです。それは散らかそうと思って食べているわけではありません。猫の中には、首を左右に振りながら食べる主性があるタイプの子も多いので、ドライフードの場合には広範囲に、食べ散らかすという結果になってしまうのです。綺麗好きな飼い主さんには、驚愕の食べ方に映る場合も多いのですが、これが猫の習性の一つだと理解するほかありません。

自分の猫の食べ方が下手で困る、と悩む飼い主さんも多いのですが、実際には上手に食べる猫の方が少ないのです。食べ散らかしは当たり前!よそ見も、遊び食べも日常茶飯事と言う場合がほとんどですので、あまり気にしない方が飼い主さんのためにも良いと言えます。それでも、ご飯を食べた後にいつもお掃除をするというのも実際には大変なことだと思います。そのためにも対策をしていきましょう。

猫がご飯で汚してしまわないための方法

猫はわざと器の外側にフードをこぼしながら食べて、後からまた味わえば良いという考えを持っています。飼い主さん的には、掃除が大変でもっときれいに食べてほしいと思うのが本音です。ただ、猫は顔回りがとても敏感です。フードがひげに少しでも当たるだけで、すぐに首を振ってフードが顔回りにまとわりつくのを嫌います。その結果、キャットフードがあちらこちらに飛び散るという結果になります。

ひげには何もつけたくない、と言う綺麗好きな猫の習性には逆らえません。そうなると飼い主さんとしてはフードボールの大きさや角度などを考え合わせて食べやすい器を与えてあげる必要があるのです。猫側に何か改善を求めたとしても、それは難しい問題です。上手にご飯を食べないということにはいくつか理由があるからです。

〇キャットフードの大きさや硬さが年齢に合っていない

〇器の高さが猫の体高と合っていない

〇キャットフードが嫌い

まずはこの3つをチェックしてみてください。何か一つでも当てはまる場合には、早急に改善をして少しでも後片付けが楽になるように工夫をしてあげましょう。あくまでも機能的に食事が食べづらい場合を想定しいてみました。中には、病的な理由でご飯を吐き戻している場合も考えられますので、あまりにも食べ散らかしているような猫の食事には、観察が必要です。どんなふうに食事を敷いているのか?を飼い主さんが知ることが肝心です。

猫が少しでも食べやすいように

食事のしやすさというのは飼い主さんが対処してあげるべき問題です。フードボールを脚付きのものに替えるなど、その猫の需要に沿って改善してあげてください。急に食器を変えてしまうことで妙なストレスを感じる猫も多いので、猫の性格なども配慮しつつ対応してあげてください。ウエットフードを少し混ぜるだけで、ドライフードが食べやすくなる場合もありますので、いろいろと試してみるのも良いでしょう。

猫がご飯を吐き出している時

猫が食事を上手に食べない、思っていた人も、実は吐き出していると知ったときにはショックを受けるものです。ただ、猫はよく吐く行動を見せるものです。病的なものかどうか?は獣医さんに相談をして体調をチェックしたうえで判断をするべきでしょう。例えば、食べているキャットフードの素材や添加物に過剰な反応を示して、キャットフードを吐き出しているという場合も考えられます。年齢相応のキャットフードを与えることで、ずいぶんと改善される場合がほとんどです。

また、食べ方にもよりますが異常に早食いをしてしまう猫もいます。一度に多くのキャットフードをかきこむように食べてしまうので、結局は丸のみが原因で吐き戻してしまうのです。とにかく、猫が食事をしている様子を見て、原因を探ることも必要です。

キャットフードをひっくり返してしまう時

荒々しくフードボールをひっくり返してキャットフードをまき散らしてしまう場合があります。猫はその時には、どんな気持ちで行動を起こしているのでしょうか?猫が食器をひっくり返して困るという悩みは、結構多いようです。まずはフードボールを重量感のあるものに変更して、食べる場所も見直す必要があります。猫は静かで人通りの少ない場所でゆっくりと食事を摂ることを好みます。

例えばリビングの真ん中や家族が集まる場所にフードボールを置いていませんか?これでは、場所が気に入らないと主張しても仕方がありません。まずは食べさせる場所を考えて、フードボールをひっくり返さないようにするように配慮をしてあげてください。

今は食べたくない

猫にとって食べたくないフードは、そのままひっくり返して「今はいらない」と主張をしている可能性があります。それにしても器をひっくり返すのは、驚きの行動にとらえられる場合がほとんどです。それは猫の習性として、ある程度は仕方のないことでもあります。後片付けや衛生的なことを考えたときには、やはり食器を変更するなど、一つずつ、対処するほかありません。

案外と違うフードに変更をすることで、目先が変わり丁寧にたべるようになるかもしれません。すべては仮定の話ですが猫の場合には、予想不可能な行動をとりことが多いので、飼い主さんも一喜一憂している場合ではありません。猫の習性をきちんと理解をしたうえで、対処すればよい結果に、つながるものです。

昔はこぼさなかったのに

明らかに、若い頃は食事をこぼすことがなかったのに最近は食べこぼすことが多くなった、というのは加齢が原因です。どうしても歯が弱りこれまで通りの食事も上手に食べられなくなっている場合が多くなります。口からこぼして食べるようになっている時には、ドライフードからウエットフードに替えるなど、対策を練ってください。また、加齢に伴わない原因としては、口腔内に炎症が起きていることが考えられます。

そのような場合には、一度きちんと動物病院で診察を受けて、猫の口腔内をチェックしてもらいましょう。何か原因があるかもしれません。そして食べやすいキャットフードに変更をすることで、対処してあげてください。機能面が弱ってくることで、食事を上手に食べられなくなる場合もあります。常に猫の様子には気持ちを向けて、食事時間には介添えをしてあげなければいけないときには、そっと手を添えてあげましょう。

まとめ

猫によって子猫時代から成猫になってからも、キャットフードを食べ散らかすタイプの子もいます。ある程度は、食の習性として受け入れるほかありません。食事用のナイロン製マットを敷くなど、随時対処してください。加齢や病的なことが原因の場合には食事内容を見直し、器などにも配慮が必要です。ケースごとに、飼い主さんが適切に対応をすることである程度は改善できることも多いので、あきらめずに対処してみてください。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です