猫がご飯を食べ過ぎてしまうのはなぜ?ダイエットをする方法!

食欲がある猫を見ていると安心・・・!と思ってしまうのですが実は、その食欲が過食に繋がっている場合があることも見逃さないようにしてください。まずは正しい食事の与え方や適性の量を飼い主さんが知ることから始めてください。

猫の適正なご飯の量は?

愛猫が食べているキャットフードの裏面に必ず記載されている適量や体重に応じた給餌量を守れるようにまずは、飼い主さんがしっかりと意識を持ってください。欲しがるだけ与えるというのは、絶対に健康リスクを高めます。大人になった猫の場合いは、おおよその計算式としては次の通りです。

カロリー計算については体重×80カロリーを目安にしてみてください。猫の長生きを願う飼い主さんの気持ちはどなたも同じです。ただ食事の量をきちんと守れるかどうか?と言う点はとても重要なポイントです。猫が過食気味になっていることを見過ごして、適量を超えた給餌を続けていると、たちまち肥満猫になってしまいます。1日のご飯の適量を常に意識した食生活を続けてください。猫が自分で節制をするようなことは不可能です。ここで努力をすべきは飼い主さん方なのです。

エネルギー量・具体的な計算例

現在3キロの体重の猫を例に挙げると次のような計算ができます。特に激しい運動を必要としない猫の安静時にどの程度のエネルギーが必要かを計算することに意味があるのです。

30×愛猫体重+70で求めてみましょう。→30×3キロ+70=160K

Calという数字に計算されます。これはおおよその目安ですので去勢避妊手術などを行っている場合には、キャットフードの表に従って計算をしてください。

猫がご飯を欲しがる時の対処法

猫はあっという間に、過剰な食欲のために肥満体型になってしまうものです。これは既に適正量をオーバーした過食が原因となっていることがほとんどです。猫の年齢が若齢の場合には、成長段階として多くのエネルギーが必要になることはどの飼い主さんも理解をされていることと思います。それでもあまりにも多くの食事を要求するような場合には、別問題になります。異常な食欲というものには猫の年齢を度外視した、対応が必要になります。子猫が欲しがる量というのは、それほど多い量ではありません。欲しがる分だけ与えてもそれほどの、影響は考えられません。それよりも、しっかりと食べて満足をさせる方が先決です。

成猫が消化器に問題を抱えている場合

栄養をしっかりと吸収できない場合には、常に猫は空腹を感じるようになります。そのために甲高い声で鳴いてご飯を要求するようになるのです。これが直接の過食に、つながります。そうならないためにも、健康チェックを怠らずにあまりにも強い食事の要求が続いている場合には肝機能や膵臓の異常を疑って一度、動物病院で相談をする方が良いでしょう。

過食気味になることに加えて、便の状態が常に不安定になっている場合や嘔吐が多くなっている時に腎臓などにも影響が出ていることが考えられます。過食は猫にとっては大きな問題です。飼い主さんだけで解決できることは少ないので、動物病院できちんとチェックをしてもらい食事指導を仰ぐようにしてください。

猫が肥満になってしまうと・・・

猫の体重が増加してしまうと足腰への負担が増大します。結果的に動きが鈍くなりさらに、体重の増加はとどまるところを知りません。やがて背中側の椎間板にも影響が出てしまい。骨格全体に問題を抱えることにもなります。そればかりではありません。心臓に負担をかけることになり、首の周りに脂肪がつくことで気管や気道が圧迫されるようになるのです。これは呼吸器にも大きな影響を与えます。

肥満になって良いことは何一つありません。それほどシビアに考えて、対応すべき問題なのです。そのあたりをよく考えて対応をしていきましょう。まずは次のことを飼い主さんとしてはチェックしておいてください。

〇猫の肋骨の場所がわかるかどうか?

〇真横から見てお腹が出ていないかどうか?

〇真上から見て腰にくびれがあるかどうか?

ここまでのチェックは愛猫のお手入れをしながらでも十分に可能なことです。できれば愛猫の体重を自宅で計測できることが望ましいでしょう。

去勢手術後は猫の食欲が増す?

去勢や避妊手術をした後に太りやすくなるのは、事実です。手術によって生殖器からエネルギーの消費が激変します。その上、ホルモンの作用でこれまで以上に食欲が増すのです。この悪循環であっというまに太ってしまうというのが、よくあるパターンなのです。そこで、避妊去勢手術を受ける前から、術後の食生活の準備を始めておく必要があります。

理想的にはたんぱく量が多くカロリーと脂質を抑えたキャットフードフードを選ぶようにしてください。また魚類に多く含まれているDHA、EPAをキャットフードから摂取できることも望ましいことです。そのためにも、去勢、避妊後専用のフードを準備しておくと便利です。例えば若齢で避妊去勢手術をした場合いは、下部尿路疾患にかかりやすくなる場合があります。尿の量を健康的に維持するたえにはミネラルのバランスを重要視したキャットフードが必要になります。

いきなりフードを変えるのはストレスの元

去勢避妊後にキャットフードを変えることが理想的ですが、まずは抜糸が終わることを待ってからキャットフードを術後専用のフードにすることをオススメします。猫がストレスに感じることを避けるためにも慌てて変えないようにしてください。まずは術後すぐの状態から抜糸までの間は、これまで通りのキャットフードを食べさせてください。この時に、過食気味にならないように気を配り、回数を小分けすることも一つのコツです。・

術後は傷の痛みが出る場合もあるので、食事はスムーズに好きなキャットフードのまま推移する方が安全です。食欲が減ってしまうような場合には、動物病院での手当てが必要になります。いずれの場合にも、新たなキャットフードは去勢避妊後の、猫の状態が落ち着くまでは手を加えないようにしましょう。基本的に術後1カ月を経過してから、新たな専用フードに移行できれば良いというスタンスでいてください。

ストレスで過食症になる?

ストレスというのは猫にとっても大敵です。急な引っ越しや猫の頭数が増えたときなどに、適時対応ができなくなります。それによってストレスを抱えてしまい、過食に走ってしまうことも多いのです。まずはそうならないためにも、環境の変化などを余儀なくされる場合には、特に配慮をしてあげましょう。ただのストレスと見逃していると、あっという間に過食が当たり前の習慣になってしまい、健康リスクを高めます。

まとめ

去勢や避妊手術をした猫の体は確実に変化をしています。結果的に運動量が減ることで食べた分だけ身についてしまう可能性が高まるのです。その上、ホルモンの流れも変わりますのでますます、体重管理には気を配る必要性が出てくるのです。そのあたりを配慮して、術後1カ月をめどに、去勢避妊手術後の専用キャットフードに切り替えることをオススメします。その際には、体重管理に加えて、避妊去勢後の尿路疾患に配慮したもの(雄猫)が特に必要です。メーカーによっては雄と雌で術後のキャットフードを分けて販売している場合もあります。避妊去勢用のキャットフードの内容を飼い主さんがきちんと見極めて与えるようにすることが何よりも肝心です。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です