猫が好むウェットキャットフード!ドライを食べれなくなる?

ウエットフードは様々なメーカーからリリースされているため、購入したことのない飼い主は、どれから選べば良いのか悩みがちです。

そして、「ウエットフードばかり食べてドライフードを食べなくなっちゃった」という悩みもよく聞きます。

今回の記事を通してウェットフードへの理解を深めて、上手な与え方を覚えましょう。

ウェットキャットフードとは

ウェットフードとは?その概要を簡潔にまとめました。

水分量が多く野生の食材に近い

ウェットキャットフードの水分量は75%以上となっており、ドライフードより圧倒的に多いです。

野生で生息しているネコ科の動物は、鳥や魚などの動物を狩りしています。

狩りした動物の肉は新鮮で水分量が多いため、ウェットキャットフードの食感は、野生の食材に近いのです。

ウェットキャットフードも主食になる

キャットフードをチェックすると「一般食」や「副食」と書かれているのを見かけます。

これは、「おかず」や「おやつ」のようなものです。このようなキャットフードを主食で与えていても栄養を管理しきれるとは限りません。

キャットフードは、出来る限り主食であるべきなので「総合栄養食」と書かれているキャットフードを与える必要があります。

そこでおすすめなのが、ウエットキャットフードです。

ウェットキャットフードは総合栄養食が多く、与えるだけで水と栄養のバランスが維持できます。

総合栄養食は、※AAFCOのような栄養基準局のチェックをクリアしているため、栄養価と新鮮度が高く、安心して与えられるのも魅力なのです。

※ペットフードの栄養基準やラベル表示のガイドラインを設定している検査機関。

ウェットキャットフードのメリット

動物性タンパク質、腎臓に良い、etc。ウェットキャットフードには、次のようなメリットがあります。

動物性タンパク質を多く含む

猫はもともと肉食の動物なので、野生の動物を食べており、動物性タンパク質を好んでいます。

そのため、キャットフードも多くの動物性タンパク質を含んでいるのが理想です。

しかし、全てのキャットフードが動物性タンパク質を含んでいるとは限りません。

特に、穀物類を多く含んでいるキャットフードは動物性タンパク質のパーセンテージが少ないです。主にドライフードに見られます。

その一方、ウェットキャットフードは、動物性たんぱく質がたっぷりです。

魚や動物の肉が1番多く使われているため、食いつきが良くなります。

ドライフードに比べると栄養バランスの良いため、飼い猫の健康を管理しやすいのも魅力です。

水分を多く含む

前日している通り、ウェットドライフードの水分含有量は75%以上となっており非常に高いです。

猫の好みに近い食べ心地を提供できるだけではなく、水分摂取を同時にできるという利点があります。

水分摂取が苦手な飼い猫に与える際にもも適しているのです。

腎臓に良い

飼い猫がよくかかる病気に

・慢性腎臓病
・猫下部尿路疾患

などがあります。これらは腎臓に関する病気で、特に若い猫はかかりやすいです。

このような病気を抱えている飼い猫には、食事療法食が必要になります。そこでオススメなのが、ウエットキャットフードです。

ウェットキャットフードは腎臓に優しいため、与え続けることで改善できますし、予防もできます。

安い

ここまで紹介してきたように、ウエットキャットフードは非常に質の良い商品です。

そのため、ドライキャットフードよりも高いと思われることが多いですが、意外とそうでもありません。

猫の嗜好や飼い主のお財布事情と照らし合わせて、長く与えられるものを選んでください。

新鮮

ウェットキャットフードは、ドライキャットフードのように大きな袋で1パッケージではなくて、一食ずつ小分けにされていることが多いです。

毎回新鮮なキャットフードを与えることができます。

未開封での長期保存が可能

未開封でも長期保存できます。ただし、賞味期限はチェックしておいてください。

ウェットキャットフードのデメリット

太りやすい、食いつきが悪くなる、etc。ウェットキャットフードには、デメリットと言わざる点もあります。

高カロリーで太りやすくなる

ウェットキャットフードは、栄養価が高い一方で、高カロリーです。大量に与えると太ります。

ウェットキャットフードを与える際は、一食ぶんの量を守りつつ、飼い猫の年齢(ライフステージ)に合わせたものを選んでください。

保存できないので1日で食べきる

ウェットキャットフードは、一度開封するとあっという間に鮮度が落ちます。一食、あるいは1日で食べきるのが理想です。

ドライフードが食べれなくなる

ウェットキャットフードの味を一度覚えると、ドライキャットフード受け付けなくなる場合があります。

ウェットキャットフードを与えつつ、メインはドライフードという方針の場合は、たまに与えた方が良いです。

ウェットキャットフードを与えるときに気をつけること

ライフステージ、保管方法、etc。ウエットキャットフードを与えるときは、気をつけることがたくさんあります。

ライフステージに合った商品を選ぶ

前述している通り、ウェットキャットフードは、飼い猫のライフステージに合わせて選んでください。

難しいのは、年齢の異なる猫を多頭飼いしている場合です。

そのような場合は、全ての年齢に対応しているウェットキャットフードを選んでください。

開封後残ったものは処分する

前述している通り、ウエットキャットフードは鮮度が重要なので、開封後余ったぶんは処分してください。

処分するのがもったいないくらい余ってしまった場合は、密閉容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

それでも、何日も鮮度が持つわけではありません。できれば、その日のうちに食べきるのが理想です。

涼しい所や湿気が少ない所で保管する

ウェットキャットフードは生ものに近いため、直射日光を避けて、涼しい所で保管してください。

要冷蔵というわけではないので、常温保存で構いませんが、湿気が多いところは避けるようにしましょう。

おすすめウエットキャットフード

初めてウエットキャットフードを導入する飼い主は、以下に紹介する商品から使ってみてはいかがでしょうか?

どのウェットキャットフードも味や鮮度栄養に定評があり、リピーターが続出しています。

アニモンダカーニーオーシャン

上質なサーモンとツナを主原料にしており魚のたんぱく質が豊富です。

低カロリーに仕上げられているため、肥満防止やダイエット中の猫におすすめとなっています。

黒缶パウチまぐろとかつお

マグロとカツオの赤身肉を主原料にしています。

総合栄養食としてのポテンシャルが高くて、DHA、EPA、鉄分、タウリン、ビタミンEなどがたっぷりです。

ナチュラルバランス

化学薬品の部類を一切使用していないため、安全性の高さに定評があります。

ターキーやチキン、魚を主原料にしているためアミノ酸とタンパク質がたっぷりです。

尿を弱酸性にするクランベリーが配合されているため、子猫のうちからは炊いておくと病予防になります。

ロイヤルカナン

低カロリー開発になっているため、太り気味の猫に与えるにふさわしいです。

それでいて、タンパク質はたっぷりなので、筋肉量が減ることはありません。

ニュートロデイリーディッシュ

少量パックになっているため、食べ残しが少なく、鮮度を保ちやすいです。
少量パックで使いやすい!

穀物を一切使用していないため、猫の消化に向いている点も見逃せません。タンパク質豊富で低カロリーなので健康志向の強い開発になっています。

まとめ

今回は、ウエットキャットフードに焦点を当てました。知ってるようで知らない概要がたくさんあったと思います。

ドライキャットフードも悪くはありませんが、猫本来の食事を与えたいのであれば、ウエットキャットフードがおすすめです。

利用したことのない飼い主は、これを機に購入してみてはいかがでしょうか?

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です