猫のご飯が足りないアピールにはどう対応してあげれば良い?

猫が満足感を得られずにいつまでもご飯を欲しがる様子を見せた時。飼い主さんとしては一度キャットフードの内容を宇も直すチャンスだと思ってください。適正量を正しく給餌できているか?また体重管理の方はどうなのか?なんどを考え合わせて、猫のご飯が足りないアピールに対応してあげてください。簡単に言えば足りていないからアピールをする、と言う解釈で良いのです。これは飼い主側が対応をするべきことです。

猫のご飯が足りない

猫はお腹が空くと飼い主さんに催促をするように鳴きます。しかも高い声で飼い主さんの顔を見上げながら切なそうに泣くので、。とても特徴的です。そしてすり寄ってきてご飯を要求するようになります。この場合には明らかに、キャットフードが猫の中で枯渇している状態です。考え方によっては、このアピールを無視する、という方法もありますが、猫の健康を感が合えたときに、まずは、ご飯を与える回数を改善するなど、今出来る対処方法を考えましょう。飼い主さんの都合で、ご飯の回数が少なく、五一度に与える量が多いということはないでしょうか?もちろん、飼い主さんのライフスタイルにもよりますので、ある程度は猫の方にも合わせてもらわないといけない部分もあります。

それでもご飯が足りないと連日催促をするようでは、やはりご飯の与え方に問題があると言えます。最近は自動給餌機なども販売されていますので、できれば一度の量を減らして回数を増やすという給餌方法に替えてみれば良いと思います。猫は一度に多大量のご飯は食べられないものです。しかも、一気にその回数のご飯を何とか食べようという意欲にもかけています。与えた分だけ食べることはないので、回数を増やす方が猫の空腹を減らすことにもつながるのです。

カロリーをチェックしながら回数を増やす

猫はご飯の与え方でもストレスを感じる時があります。やはり山盛りになったキャットフードは、飼い主さんが思うほど嬉しいものではありません。見ただけで嫌気がさすというタイプの猫もいるのです。気まぐれにゆっくりと食べる量だけをその都度阿多あえて、1日トータルのカロリー量を消化できていれば良いのです。そこは、しつこくご飯の催促をさせずに済むという利点もあるのです。

猫の適正なご飯の量は?

与えているキャットフードのラベル裏面に記載されている適量というものを必ず守って与えてください。適当に与えてしまうと過食や、足りない場合には催促を助長してしまう結果になるのです。とにかく、カロリーから猫のご飯の量を計算する方法を覚えておくと便利です。ここでのポイントは猫の暮らしぶりよって若干、計算が変わるという点です。例えば成猫の場合には単純に体重×80カロリーで計算します。室内で運動量が少ない猫の場合には体重×70カロリーで算出すれば良いのです。

猫が要求するままご飯を与えてしまうと、あっという間に肥満を招いてしまいます。それを避ける意味でも、7歳以上のシニア期には体重×60カロリーで計算します。6か月に満たない子猫の場合には、逆に体重×200カロリーという計算式になります。つまり猫によって1日摂取カロリーは様々です。この部分を見落とさないようにしてください。

猫が適正量以上にご飯を欲しがる時

猫とのコミュニケーションが、給餌の時以外にはほとんどない、という飼い主さんも実はいます。仕事柄、日中は留守番をさせていて朝と夕方のご飯の時間にだけ、触れ合えるというような場合には、猫の気持ちの中にも甘えが生じても仕方がありません。つまり、ご飯を与えてもまだ欲しがるという場合には、ご飯が不足していることに加えて、このチャンスを逃すと飼い主さんと触れ合えないという気持ちになっているのです。そのようなことがないように、十分にスキンシップを取るなど、猫の気持ちに寄り添える飼い主さんでいてあげてください。

量が足りていないだけであれば、たとえば少し追加するだけで、満足をするはずです。何度ご飯を与えても、欲しがる場合には心の問題もかかわってくると考えておいてください。ひとまず、回数を多く与えるように改善をしてみてください。ますはそこが肝心です。何回もご飯をもらえるという喜びは、一気にストレスを解消します。同時にご飯が足りてないという要求を軽減させることにもなるのです。そして飼い主さんの時間の許す限り、ねこじゃらしなどで遊んであげることも考えてみてください。猫の気持ちになって行動をすると、きっと猫も飼い主さんの愛情を感じるはずです。

なぜご飯を欲しがるのか?

エネルギー代謝が出来ていない場合や、猫の体格や体重に見合った分の栄養が足りていない場合いは、すぐに改善をしなければいけません。本能的にいつまでもご飯を欲しがるのは、体の中が枯渇しているからなのです。十分なたんぱく質や脂肪やミネラル分が体内に供給されていないことが、猫には察知できるわけです。それが一番の原因で、いつまでもご飯を欲しがるという結果に繋がってしますのです。多くの猫が、1回の食事をきれいに食べるわけではありません。遊び食べをし、結局は残してしまうことが余りにも多いのです。それが結果的にご飯を欲しがることにも直結しているのです。

猫にはご飯の食べムラが強い場合もあります。たいていの場合には、一度に多くの量を食べることが困難です。そこで、結局は空腹になってしまい、ご飯を要求する結果になるのです。それを未然に防ぐためには、4回から5回に分けてご飯を与えるという方法を取れば、必ず猫のご飯への要求は改善されます。要求をすることで飼い主さんがその都度対応することに慣れてしまっている場合もあります。特に空腹でもないのに、常に空腹のふりをするような巧妙な猫も中にはいるのです。それほどまでしても、飼い主さんに、構ってもらいたいという健気な猫もいることを知っておいてください。

留守番をさせる猫のご飯が足りなくならないようにするためには?

最近は飼い主さんが外出中でも、自動で給餌が出来る機会が半浴びされています。まずはタイマー式の場合には、1日に何回かあらかじめ設定した時間に、一定量のキャットフードが器に流れてくるような仕組みになっています。また、遠隔操作型の場合はスマホアプリを使うことでどこにいても、ご飯をリアルタイムに与えることが可能になります。これは、なかなか優れた商品だと思います。もちろんコストの方もかかりますが、猫にお留守番をさせる機会が多い場合には、自動給餌機を設置することを検討してみてください。必ず役に立つはずです。

留守番の時間にもよりますが、平置きの餌をそのままにして長時間、留守をすることは衛生面でも心配になります。どうしても多くの量をフードボールに入れてしまいがちです。それよりも、少量を回数多く与えられる方が猫は嬉しいものなのです、。

まとめ

猫が際限なくご飯を欲しがるのには、理由があります。栄養が足りていない場合には本能的にいつまでも何回でもご飯を欲しがるものです。そこを飼い主さんとして理解をしたうえで接していくことが肝心です。猫にもいろんな対策を講じた後でも、まだ欲しがるような場合には、「これでおしまい」ということを覚えさせて、回数を増やすことでストレスを軽減できるような方法でお世話が出来るように、工夫をしてあげてください。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です