猫はご飯の好き嫌いが激しい?わがままな猫のしつけ方!

猫の食生活を考える時に肝心なのは、猫には食材(キャットフード)に対しての好き嫌いがあるということです。しかも、猫によっては激しい好き嫌いを示すタイプの子もいます。あまりにも飼い主さんが猫にばかり合わせていると、食に対してもわがままな猫に成長してしまいます。これを何とか改善するための方法を考えてみました。

猫が好き嫌いをしてしまう原因

猫は食に対しての好き嫌いが激しい生き物と理解しておいてください。子猫時代にはミルクを飲むことがメインですので、飼い主さんが強く感じるほどの好き嫌いを示すことはありません。徐々に離乳食が始まりドライフードを食べるようになった段階で、いきなり好き嫌いの好みを主張するようになるのが一般的な流れです。猫には好きな味があるのでしょうか?実はかなり好みがはっきりとしているのです。

猫は甘いアミノ酸系の味を好む傾向があります。人間の子供のように何でも食べさせるというしつけ方法は猫には通用しません。そもそも猫は気まぐれな性質を持ち合わせています。そこで、食生活にあまで強いわがままが出てしまうと飼い主さんの方が困惑するのです。子猫時代から、食が細いタイプの猫には、ウエットフードを与えて比較的味のはっきりとしたフードを好むような猫に成長している場合も多いのです。

好きなものだけ食べられるという間違った認識

猫の中には、自分の気の向くまま好きなものだけ食べていればいい、と勘違いしてしまっている場合も多いのです。その上、人間の食べ物をむやみに与えている場合には、ますます食べ物に対しての好き嫌いを主張するようになります。人間用の食べ物のほうが、猫にとってははるかに、美味しく感じられるからです。それは今すぐに、改善すべき習慣です。

猫が食べてくれるのであれば、という気持ちから根負けしてしまい、どんどん新しいキャットフードに替えて猫に合わせた食事を提供するようになってしまいます。つまり、猫の方が優勢になってしまうのです。これは猫にとっても、飼い主さんにとっても悪循環でしかありません。ここを何とか乗り越えて「与えられたものを食べる」という習慣を根付かせてあげてください。忍耐も必要な時間ですが、猫のためを思えばこそ、正当な対処の仕方だと言えるのです。

好き嫌いがある猫の対処法

猫の偏食は子猫時代にある程度、直しておかないと成猫になってからの矯正は、なかなか困難なものです。そこを良く考えて好きなものだけ与えるというスタンスを見直してください。最初は猫の方に反抗されることも辞さない態度で、毅然と接してください。猫の健康を考えるときに、どうしても幅広い食材を食べる必要性があるからです。基本的には子猫時代から好き嫌いの少ない猫に育てることを目標にしてください。また、成猫になってから譲渡された場合などには、猫が好むご飯はどのようなものか?ということを飼い主さんが学習をしたうえで、食生活を改善してあげましょう。

偏食気味の猫には、出来るだけ水分を含んだキャットフードを与えてあげましょう。ドライフードの上に、飼い主さんが手作りしたスープを掛けるなどのひと手間も、猫が喜ぶきっかけになります。時間的に難しい場合には、グレインフリータイプのウエットフードをトッピングに使うなど、方法はいろいろとあります。

人肌の温かさを目安に

ほんの少しだけでも温かいフードというのは食欲をそそるものです。食のわがままを持つ猫に対しては、温かいトッピングは効果的です。そして常に新鮮な状態で保存しているキャットフードを与えるようにしてください。少しでも劣化が進んでいるようなキャットフードを与えると風味が落ちていることに、猫の方が気づきます。これは非常に残念なことですので、気を付けて保管しておいてください。

食器についても、食べやすく猫が嫌わない素材のものを準備して落ち着いて食べられるような環境を整えましょう。猫は些細なことで食事をボイコットするような体質を持っています。そこに偏食が重なるとますます、厄介なのです。まずは身近な部分から食生活を改善するように飼い主さんの方も努力をしてください。

猫がわがままにならないように日頃から気をつけること

日頃から一度決めたキャットフードをしばらく食べさせるという努力を怠らないようにしてください。つまりドライフードにスープを掛ける、ウエットフードを混ぜるというひと手間を掛けることでいったんは対処していただきたいと思います。それ以外には、猫が好むような、ふりかけ類を使うなど工夫をしてみてください。嗜好性の高いウエットフードだけを与えると、どうしても他のキャットフードを熱心に食べようとする意欲にはつながりません。基本的に、猫の食へのわがままに付き合うことは出来るだけ避けてください。それよりも、飼い主さんが先回りをして、食べやすいフードを工夫するなど、先手を取るというスタンスで向き合ってください。

猫の偏食が続くと体調不良になる場合があります。普段から食生活をある程度、柔軟にこなせていないと「それしか食べない」という状況は、未曽有の災害などが起こった場合には、かなり困難な状況に追い込まれてしまう結果にもなります。これを何とか避けるためにも数種類のドライフードを食べられるようにしておくことと、トッピングに喜んでもらえるようなウエットフードを見つけておくことで、まずは対処してみてください。

おやつをあげてはいけないのか?

おやつとキャットフードを比べると、やはりおやつは美味しく作られていることがわかります。キャットフードは残すのに、おやつは欲しがるというのは一番避けたいパターンです。まずはキャットフードを満足に食べない猫には、おやつは避けるという方針でかんがえてみてください。飼い主さんが良かれと思って、おやつを大量に与えてしまっている可能性はありませんか?それが原因でキャットフードを食べないという場合には、問題です。おやつばかりを欲しがる場合には、まず、キャットフードを見直してみてください。そしておやつの量を減らすことから始めると何らかの改善が見られるはずです。

食欲が低下している時ほど、飼い主さんは何でも良いので食べてほしいという思いになります。そこで、ついついおやつを与えてしまうという手段に出るのです。それが猫にとっては逃げ道になるようですが、最終的には悪循環になることを知っておいてください。おやつを好きなだけ与えていると、猫のおねだりはエスカレートする一方です。基本的には副食というものですので、メインの食生活が成立していない状態ではおやつは不要という考え方も多いのです。そこは飼い主さんの判断の上でおやつの在り方をもう一度考えてみてください。

まとめ

好き嫌いの激しい猫に対応するために、キャットフードは大量購入を避けるようにしてください。そして湿気を完全に避けられるように保管方法も密閉容器に入れ替えるなど、工夫をしておいてください。常に数種類のキャットフードのサンプルなどを手元に置いておくと、猫の好き嫌いにも対応できる場合が多いのです。何種類かのキャットフードを試すというのは、珍しいことではありません。まずは安定して食べるキャットフードに出会えるように原材料などを飼い主さんが吟味して、対処するようにしてあげましょう。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です