猫がご飯中に喋るのはなぜ?「うまいうまい」の本当の意味!

猫が何か独り言を喋りながらご飯を食べている光景を見たことがありますか?その猫にもよりますが結構、その猫も寡黙にご飯を食べているというよりも、何か呟くような声を出しながら食べているものです。これは「うまいうまい」と食事を称賛しているのでしょうか?実際はどうなのでしょうか?

猫がご飯中に喋ると話題

実は猫が食事中に出している鳴き声とも喋り声とも判断できないものは、唸り声では?という考え方があります。猫が野生時代だったころには、狩りで得たものを自分一人で貪るという習性がありました。極度の空腹時には、絶対に横取りされまいと必死になって唸り声を上げながら食べるという習性は、野生の名残です。では家庭猫が同じようにご飯の最中に喋っているのも一応、威嚇の一種と考えられます。猫は食事の最中に「うまいうまい」という気持ちで喋っているのではなさそうです。

それよりも、ただ食べているだけであり、出している声はどちらかと言えば周囲に対しての警告に近い意味があると考えられています。今ご飯を食べているからこっちに来ないで、というような意味を持つ声だと判断されています。

興奮している場合も

猫がそのキャットフードがお気に入りの場合には、あまりの美味しさに思わず声が出ている可能性もあります。そんなときには「おいしい」という気持ちが声に漏れ出ている可能性も高いのではないでしょうか?猫は興奮をすると、ついつい声に出てしまう場合が多い動物です。キャットフードを前に声を出している場合には興奮をしていることも、考えられます。なんとも愛らしい姿に飼い主さんはまた癒されるのです。

ただ一つ気を付けないといけない声があります。普段から喋りながら食べるようなことをしない猫が何となく気になる声を出しながら食べている場合です。たいていの場合には、口の中に違和感があることがおおいのです。猫が口内炎を起こすと飼い主さんが想像している以上に、辛い状態になっていると考えられます。痛みから首を傾けて噛もうとしているときもあります。普段とは明らかに違う態度を示しながら食事を摂っている場合には、単なる興奮や喜びとはかけ離れた感情で食事をしていると考えておいてください。

猫がご飯中に喋っている理由

猫が美味しい、幸せと感じながら喋っている時には瞳に輝きが増しています。まずはここを、見逃さないようにしてください。美味しいフードに出会えた時の幸福感は飼い主さんには伝わってくるものです。この場合には「おいしいおいしい」と話している可能性も高いのではないでしょうか?それでも内心にはもう一つの気持ちが込められていることをご存じでしょうか?

結果的に美味しいと感じながら、もしかすると横取りされるかもしれないという気持ちが常に働いているのです。ご飯を食べながら言葉を発することで優しく威嚇している!?というわけです。これは良く起きる現象で、不思議なことでもありません。寡黙に食べている猫は完全に安心しきった環境で自分だけのご飯をゆっくり食べるという状況に落ち着いているわけです。何とか声を出しながら食べるという器用な技は、美味しいと感じながらも周囲に喋り声を発信するという猫ならではの方法なのです。

唸り声にしたらかわいいのはなぜ?

ちょうどお腹が空いている状態で、美味しいご飯が目の前にあればとても猫の気持ちは忙しいのです。嬉しい、それでも横取りされたたくない、そんな感情が混在することでついつい、いつもより高めの声で可愛く唸っているように聞こえてしまうのです。唸りたいけれども、キャットフードも美味しいという複雑な心境を表すと高い声で唸ってしまうというわけです。

猫の鳴き声一覧

ゴロゴロ・・猫が喉を鳴らしているウ時の様子です。これはとても心が安定している状態です。飼い主さんに対して甘えたいという感情を示しています。

グルグル・・猫が目を細めてこの声を出しているときには、甘えたい感情の時と同じです

にゃーんにゃーん・・必ずこの声を出すときには飼い主さんを見上げていませんか?これは要求をしている時の鳴き声です。ご飯をおねだりしているときや、飼い主さんを遊びに誘っている時と考えてください。これは猫の出す声の中で一番愛らしく心を奪われる鳴き声だと言われています。

にゃおーん・・いつもよりワントーン低めの声でこのように鳴くときには発情期の猫だと思ってください。この声も独特で意外に声が大きいのでわかりやすいはずです。

ギャン・・これは痛みを感じた時に出る声です。何かぶつかった場合や挟まれたときなどに濁ったトーン出る声だと覚えておいてください。

ギャオーッ・・これも低く強めの声で、相手を威嚇する時に使う場合がほとんどです。脅威を感じているときですので、短く強い感じが印象的です。

猫には個性があります。これよりももっと細かな鳴き声を出す猫もいます。おおむね挙げた鳴き声が代表的なものです。猫の気持ちも声のトーンの高低に表れやすいと考えておいてください。出来るだけ猫の鳴き声を正確に判断して対応できると、猫とのより良い関係性にまた一歩近づけるのではないでしょうか?

猫のご飯中にちょっかいを出すと・・

当たり前のことですが、食事中に周囲から干渉されることは、猫が嫌うことの一つです。特に神経質なタイプの猫は、食事中ちょっかいを出されただけで、キャットフードをひっくり返してもう食べないという態度を取ることも多いのです。それほどに繊細で、周囲の、ちょっかいなどには敏感に反応するのです。この猫の習性をきちんと把握した状態で、接するようにしてください。飼い主さんが悪意などない状態で、食事中に出す手も、猫には脅威に映るのです。

猫の気持ちを考えた行動をとるようにしてください。また同居している猫が同じように、ちょっかいを出すようなことをするだけで、猫は激しく威嚇する場合もあります。ちょつと肩が触れただけでも、食事中の猫は特に過敏になっていると理解しておきましょう。

猫の鳴き声アプリ

猫の鳴き声を人間が理解できるとどれだけコミュニケーションが円滑になるだろう!と考えるのは、どの飼い主さんでも思うところです。その猫の鳴き声を翻訳するアプリがスマホで入手できることをご存じでしょうか?最初に、人猫翻訳機というアプリをダウンロードしておきます。そして知りたい猫の気持ちを入力します。「腹がたつとき」などの入力に従ってそれに対応した鳴き声が聞こえるようになるのです。いつも出している声がどんな気持ちなのか?ということを探るときには最適なアプリです。

逆に猫に気持ちを伝えたいときには、飼い主さんお声をアプリに聞き取らせてそれを、猫語に翻訳するという使い方もできるのです。同時に猫の気持ちと飼い主さんが伝えたい気持ちを翻訳できるアプリはかなりの優れものだと思います。いろんな会社から開発され絵いますので、使い勝手の良いアプリをダウンロードして日常使いするのも、猫との生活を楽しくする一つのスパイスになります。

まとめ

猫が食事の最中に何かを喋るというのは、一度は経験することではないでしょうか?そしてその気持ちを的確に理解して、猫とのコミュニケーションをさらに深めるために、猫の鳴き声アプリなどを活用しながら、少しでも飼い主さんと猫の距離が近くなることを願うところです。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です