猫がご飯をひっくり返す時の対策は?おすすめグッズを紹介!

猫はすぐにご飯の器をひっくり返します。それには何か理由があるのでしょうか?何を思って器をひっくり返すのか?ということを探っていきます。もしかすると意図的にひっくりかえすのではなく、仕方なくひっくり返っているという可能性も高いのです。猫の性格によって、器をひっくり返す頻度も随分と違います。

猫がご飯をひっくり返す理由

猫が器をひっくり返すのには、いくつか理由があります。まずは、食べているキャットフードが満腹になって、もういらないという意思表示で器をひっくり返す場合があります。しかも、ご飯を残した場合には何らかの方法で隠したいという習性も猫にはあるのです。この2つの理由から、前脚でひっかいてしまいす。結果的にひっくり返すということになります。一見、激しい仕草のように見えますが、猫にもきちんとした理由が存在することを知っておいてください。

また猫にも自分だけでこっそりご飯を食べたいという気持ちがあるのです。その気持ちが高揚してしまうと前脚で引っ掛けて床に撒いてしまいます。これを見ているとまるで気性の荒い猫の所作のようにも思えます。それでも、猫にも事情があって、ひっくり返すという行動に出てしまうのです。まずは猫の習性や気質を十分に理解したうえで、お皿の置き方や下げるタイミングなどを見計らっておきましょう。

猫がご飯をひっくり返してしまう対策

飼い主さんは猫の様子を見て、器を良いタイミングで下げるようにしてください。それを逃すと、どうしても、器をひっくり返してしまうことになります。毎回、器をひっくり返すというのは、猫にとっては日常的なことであっても飼い主さん的には後始末が大変なことになるのです。まずはひっくり返されないような対処をするほかありません。もしも、猫が器をひっくり返すたびに飼い主さんが、大騒ぎをしているような場合、猫も勘違いをしてその声を聴いて興奮している可能性もあるのです。くれぐれも、騒がないようにして片づける習慣をつけてください。猫は飼い主さんの動向を、つぶさに観察しているのです。

〇器が気にいらない場合・・確実に毎回、ひっくり返します。猫専用のフードボールに替えてみるなど対策をしてあげてください。色がついている食器やデザインが凝っているようなものは、あまり重宝しない傾向があります。それよりも、シンプルで機能的なものを選ぶようにしてください。

〇後から食べようとしている・・猫はそう考えていても、結果的に器をひっくり返しているのですから。素早く下げるほか方法はありません。ある程度食べて、遊び食べが始まったらそっと、食器を下げるようにして遊びに誘うなど、気を紛らわしてください。そうすることで、食器のひっくり返しを未然に防げます。

掃除が楽なように敷物を活用する

キャットフードを入れる器の下に、広めのトレイや布を敷くなど後片付けが簡単になるように対策を考えるのも良い方法です。そのほかにはある程度、重量感のある器に替えるなど、ひっくり返されないようにする方法を考えてみてください。すべてをかわいいデザインのもので揃えるのも素敵ですが、キャットフードを毎回ひっくり返されることは飼い主さんにとっては結構なストレスに、つながります。

あらかじめ食器の下に敷物を活用することでそのまま。ゴミ箱などに捨てられるという利点もありますので、機能面を重要視した猫の食器回りの準備が必要にもなります。

猫がキャットフードを食べやすい皿

猫専用の食器を購入するまでの間は、簡易な入れ物で食事を与える飼い主さんも多いのです。ただ、それを長く続けてしまうと猫が簡単にひっくり返すことになってしまいます。出来る限り、猫がキャットフードを食べやすいように考案されたお皿を使うなど、工夫をして、みてください。まずは猫の大きさや体高などを考慮して選ぶことが基本です。目安になるのは猫の頭の大きさです。子猫と成猫とでは頭の大きさも倍ほど違います。そこで、猫の頭よりも一回り程度大きなお皿が理想的です。この大きさであれば髭が邪魔になって食べにくいということは考えられないからです。

あまりにも大きすぎると今度は食べづらいという問題が発生してしまいます。適度な大きさを目安に、探してあげましょう。そして重さについても、ひっくり返されることを考えると、安定感のある重さもものが良いでしょう。猫が多少、前脚を掛けてもこぼさないで済むようなタイプのものを選んでください。

食器の素材を十分に吟味する

プラスチック製の食器は飼い主さんとしては扱いやすくお値段もお手頃なので、ついつい購入してしまうところです。ただ汚れが落ちにくく傷がつきやすいというデメリットがあります。その上、ひっくり返される可能性が高いのです。でじゃ。ステンレスはどうでしょうか?猫は臭いに敏感ですのでステンレス特有の匂いや質感が苦手という場合もあります。衛生的で汚れ落ちも良いのですが、猫が一度でも嫌がった場合には、使用するのを控えた方が無難です。:

理想的には陶器の食器を使いたいところです。扱いには十分に注意を払う必要がありますが重さがあるので猫がひっくり返すこともありません。まずは素材を選んで猫の頭の大きさを考慮した広さのある器を購入するようにしてください。体高がない猫の場合には器が深いと食べづらいという欠点もあります。このあたりにも留意しながら、適切な食器を愛猫のために選びましょう。

オススメのキャットフード皿

ペットショップなどで一番見かけるタイプは脚台が一体になっている陶器製のものです。食べやすく倒れにくいということで、人気が高い商品です。白を基調にした、すっきりとしてデザインのものが多いのも特徴です。また、プラスチック性でも重さがある作りイン合っている食器があります。傾斜が付いているので猫が食べやすい広口になっているのです。猫の大きさや食べっぷりによって、器もいろんなデザインものから選んであげるようにしてください。

オススメの猫用餌台

食器台を使ってその上に、フードボールを置くという方法もあります。猫が背中を丸めて食べることがないように高さの合うものを選んであげましょう。猫の体型によって3段階に調節できるところも便利な商品です。ステンレス製の餌台の場合には、シンプルで場所を取らないというメリットがあります。ただ、音が気になる猫にとっては、やや不向きだと言えます。

オススメのキャットフード皿の下に敷くトレイ

猫の食器が滑らないように滑り止めシートを敷く人も多いようです。またランチョンマットのようなデザインで滑り止め効果のあるものならば、万が一、猫がキャットフードを必繰り返しても掃除が楽です。いずれにしても、フードボールなどの下には、何かを敷いておく方が良いでしょう。最近は100円ショップでも、間に合う滑り止め機能の高いマットなども購入できるようになっていますので活用してください。

まとめ

猫が特に敏感で食器にまで気を配る必要がある場合には、一度決めた食器を変えるのは困難になります。そこを見据えて、最初から長く使える素材のフードボールなどを選ぶ必要があります。猫にとって食器はとても重要なアイテムです。慎重に選んでご飯の時間が少しでも楽しく、効率よくなるように工夫をしてあげてください。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です