猫のおやつは手作り?市販?オススメの手作り方法と注意点!

猫にとって一番大切なのは総合栄養食と言われるキャットフードを主体にした食生活です。あるいは手作り食として栄養バランスに富んだ食事を飼い主さんが準備することが必要です。これ以外におやつの存在をどのように捉えるのかは、飼い主さん次第です。愛猫とのコミュニケーションの一つとして、猫におやつを与えるという飼い主さんがほとんどです。中には猫のおやつは手作りという人もいます。実際に猫の手作りおやつについてもご紹介していきます。

猫にもしつけが大事です。例えばトイレの失敗が減ったときや、爪切り歯磨きを上手にできたときなどにはご褒美として、おやつを与えることは効果的です。自宅でブラッシングをした後にもおやつを与えると、次もおとなしくグルーミングをさせてくれるようになります。

猫におやつは必要なのか?

最近はとても美味しくできて嗜好性も高い、おやつが販売されるようになりました。キャットフードよりも魅力的な味をしているおやつを多用していると、困ったことに肝心なキャットフードを食べなくなる恐れますので用心をしておいてください。では猫にとっておやつは本当に必要なのかどうか?ということを考えてみました。

まずは、猫を満足させるためのおやつという捉え方ではありません。飼い主さんと猫との時間の中でコミュニケーションの一部として、活用してください。そこで大事なのは、主食とおやつをバランスよく考えるということです。おやつは不必要という考え方ももちろんあります。それでも、愛猫が楽しみにしているおやつは、リラックスできる時間帯に飼い主さんからもらうということに意味があるのです。

おやつの役割を真剣に考える

猫に対してコミュニケ―ションを取るときに与えるおやつは、猫にとっても気分転換になります。大好きな飼い主さんからもらうおやつは、とても美味しく感じられ猫にとっても私服の時間になるはずです。ただ一つだけ注意をしなければいけないこともあります。どうしてもおやつに依存してしまう猫もいるということです。手作りのおやつ、天然素材の指南のおやつ、どちらにしてもキャットフードに比べると随分の魅力的に感じてしまうものです。おやつはあくまでも臨時的なものです。そこを猫にどう理解させるのか?がとにかく肝心な部分なのです。

飼い主さんが、おやつとご飯は別のもの、と割り切っていてもどうしても、猫はおやつの方が美味しいと思い込んでしまう場合があることです。もっと欲しいと催促をするようになり、やがて主食の食欲にまで影響するような場合には、おやつの素材が害になってしまうわけです。そのあたりの兼ね合いが、実際のところは難しいと言わざるを得ません。

市販のおやつは猫の健康に悪い?

市販で大量生産されているおやつにはどうしても着色料や添加物が入っている場合があります。美味しく作るために避けられない部分でもあるのです。それが心配という場合には、飼い主さんが手作りをするという方法もあります。とにかく、アレルギーや基礎疾患のある猫に市販のおやつが、悪い影響が出る場合も想定できますので特に慎重に構えてください。

体調が悪い時や投薬中、闘病中の場合には特に市販のおやつは控えておきましょう。もしも食欲が落ちている場合でも市販のおやつに食いつく場合も多いのです。それでは主食を食べなくなるきっかけにもなりますので、よく考えておく必要があります。まずは、健康な状態のときで何かのご褒美として与えるものがおやつ、という定義を飼い主さんの中で持ち合わせることが重要ポイントです。

おやつは時々もらうから嬉しいもの

毎日の主食とは違っておやつには、特別感があるものです。毎日たくさんのおやつを与えるのは本末転倒です。おやつには常に特別感を持たせて2日に1回などの割合で、与えるようにすると猫も、おやつを新鮮に感じるようになり、気分転換にもなるわけです。それが効果的な与え方であり常に、おやつを常備して与えてしまうことで、特別感が薄れてしまうのです。

主食の邪魔にならないように、控えめにその時だけに少量与えるようにすることを、飼い主さんの中で決めておいてください。それがおやつと猫の良い関係性です。おやつをもらえることが当たり前にならないように、飼い主さんの方で配慮できることが一番望ましい形です。

猫のおやつは手作りできる?

材料さえ揃えば簡単に、おやつを作ることができます。例えば市販もされている「鶏肉のジャーキー」などは、とても簡単に作れますので、試してみてください。作り方は次の通りです。

〇ささみの筋を丁寧にとって適度な長さに切っておく。

〇耐熱の皿に並べて電子レンジで加熱する。この時にささみの色が変わる程度で止めておく。

〇200℃のオーブンで片面10分ずつ焼いてできあがり。

市販のものよりも無添加で新鮮なおやつを手作りすることが出来るのです。ジャーキー類が一番、猫にとっては嬉しいおやつの種類だと多くの飼い主さんは考えているようです。手作りするなかでは、気軽に作れるのでご褒美や記念日としてジャーキーを焼くというのは、猫にも飼い主さんも嬉しい瞬間になるのです。

猫のおやつを手作りする時の注意点

素材についてはあまり凝ったものを選ぶ必要はありません。鶏肉やマグロに限定して無理のない範囲でおやつを手作りするようにしてください。そしてネギ類、カカオ類、ブドウ類、ナッツ類、キシリトール類は完全に排除して、絶対に口に入らないようにしてください。そして、ついつい与え過ぎてしまいますので少量から初めて猫の便などに異常が出ないように、チェックをしておいてください。

猫のおすすめおやつ

猫に与えるおやつの基本は無添加で安全であることです。市販のおやつの中でも特におすすめなものをご紹介します。

フリーズドライのささみ

こちらは国内産のものを使用しているものが多いのも特徴です。生の鶏肉を特殊な加工法で瞬間凍結させて商品化しているものです。200グラム程度で2000円以上とコストは高めですが。安心安全な素材で作られていますので安心してあたえられるという利点があります。

無添加の削り節

無添加で原材料が鳥の胸肉のみというものが販売されえいます。鰹節のような雰囲気ですが鶏肉のみが使われていて猫が喜ぶおやつの一つです。

無添加の鰹節

魚の鰹を削った商品で鶏胸肉のバージョンと同じです。食感がとてもパリパリとしていながらも、口の中に入れるとふんわりと溶ける感じが猫には最適なおやつです。

フリーズドライのチーズ

減塩のチーズをフリーズドライにした商品でサクサクとしたチーズおやつは好評です。

基本的に天然素材をフリーズドライにしたものが扱いやすくとても便利です。その上安全性も高く、猫に安全なおやつを与えるという基準で考えたときには選びやすいおやつです・防腐剤や保存料が使われていない分、保管方法にも気を遣う必要があります。

割れ煮干し

猫には気に入ってもらえるおやつとして、国産の小魚を乾かして作った天然のおやつはいかがでしょうか?カルシウムや鉄分、ビタミンなどを豊富に含んだものですので、猫に与えるおやつとして、最適です。

まとめ

ご飯とおやつは全く別のものです。そこをしっかりと認識したうえで、安全におやつを与えるように心がけてください。それが猫の健康を守ることに直結するからです。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です