猫にとって安全なおやつとは!?おやつを与えすぎるリスク!


猫は、おやつが大好きです。 飼い主がおやつの袋を手に取った瞬間に、足元に擦り寄ってきます。

その眼差しが可愛くて、 ついついおやつを与えすぎてしまう飼い主も多いことでしょう。しかし、おやつの与え過ぎは 禁物です。

与え過ぎると、肥満や病気になるリスクがあります。 今回の記事を通して、上手なおやつの与え方を覚えましょう!

1. 猫のおやつは栄養バランスのことを考えるといらない

キャットフードには、ドライフードとウェットフードがあります。

ウエットフードは補助食としての側面が強い一方で、ドライフードは総合栄養食としての側面が強いです。

日頃から 、ドライフードを中心に食事を与えていれば、猫に必要な栄養は十分確保できます。

おやつを与えすぎると、栄養過多に なったり栄養が偏ったり するため、おやつは猫にとって 必ず必要なものではないのです。

それでも、猫におやつをあげる理由や目的はちゃんと あります。 それは、次の章で説明しましょう。

2.猫におやつを与える目的


しつけ、コミュニケーション、etc。猫におやつを与える目的は 以下です。

しつけ

「トイレでうんちしてくれない」
「 病院を嫌がる」
「 シャンプーに応じてくれない」
「 しつけてどうやってやるんだろう?」。

こんなふうに 悩んでいる飼い主 は、多いことと思います。

このような場合は、しつけのごほうびとして、おやつを使うと 効果が出やすいです。

猫がしつけ を乗り越えた後に おやつを与える 習慣を作ると 、 だんだんお利口さんになっていきます。

コミュニケーション

飼育してまだ日が浅い猫は、飼い主に なかなかなついてくれません。

飼育してから結構日が経つのに、「まだ なついてくれない(泣)」という悲しい事態も 時にはあります。

このような時は、コミュニケーションの一環として 、おやつを 与えてみてください。

猫は、味覚よりも嗅覚が優れた動物なので、 おやつをもらうときに、人間の手の匂いも嗅ぎます。

それをきっかけに「 おやつをくれるこの人は 安心できるかも?」という 認識を覚えさせられるため 、距離が縮まりやすくなるのです。

歯磨き

硬いおやつを与えることで、 歯磨き効果 が期待できます。 ドライ製法されているおやつor デンタルガムあたりがおすすめです 。 またたびなんかも良いですね。

猫はまたたびが大好きなので、与えるとずっと噛み続けます。

これらのおやつは 虫歯予防や口臭予防 に 効果絶大なので 、ぜひ利用してみてください。

3.猫にとって安全なおやつとは?

前述したように、猫におやつを与えるメリットは ちゃんと あります。

だからといって、どんなおやつを与えても良いわけではありません。

安全なおやつを与えるためには、以下のポイントを 抑える必要はあります。

無添加

香料や着色料などの 添加物を含むと、 食いつきの良い香り& 見た目 を 演出できるため、添加物は積極的に利用されています。

しかし、添加物は発がん性やアレルギーのリスクがあるため、好ましくありません 。 

与えた瞬間に発症するわけではありませんが、何年にもわたって与え続けると体がじわじわと侵されていきます。

気付いた時には手遅れになりかねないので、気をつけましょう。

低カロリー

冒頭で記したように 、総合栄養食 のドライキャットフード を 主食で与えていれば 、おやつを与える必要はありません 。

それにプラスしておやつを与えると栄養過多になってしまうので、おやつは低カロリー が理想です 。

ささみや白身魚を主原料にしているおやつなら、 カロリーは少なめなので、 ちょっと多めに与えても心配ないでしょう。

4.猫に安全におやつを与えるための注意点

与えすぎ、子猫、etc。 猫に安全におやつを与えるための注意点は以下です。

あげすぎてはいけない

いくら猫が美味しそうにおやつを食べているからといっても、与え過ぎは厳禁です。

猫はすぐに贅沢を覚えるため、おやつ以外は食べなくなります。その癖が一度ついてしまうと、下痢や肥満になる可能性が高いです。

それらの病を治すためには、 療法食を与えなければいけませんが、それも食べたがらなくなるので、負のスパイラルに陥ります。

子猫に与えるのは望ましくない

子猫のうちから おやつを与えていると 肥満に向かって一直線です。デブ猫は避けられません。

おやつは、 味が濃かったり、添加物が含まれているものも多いため、 小さい体にとっては毒です。

どうしても 子猫におやつを与えたい場合は、 子猫用のおやつを選んでください。 キャットフードも子猫用のものを選んで、 栄養バランスをとりましょう。

5.猫のおやつは手作りできるのか?

市販のおやつは、高カロリー&添加物入りが多いため、 定期的に与えるのはちょっと勇気が要ります。

そんな時は、 おやつを手作りしてみてください。 意外と簡単にできるので 料理下手な人でも大丈夫です!

使ってはいけない原料教えておこう

おやつを作る前に、使用してはいけない原料を知っておきましょう。

穀物類は、使ってはいけません。猫は、 穀物の消化を苦手にしているため、消化不良を起こします。

普段与えているキャットフードにも、穀物が含まれていないことを確認しておいてください。

過剰なタンパク質も危険です。猫は、肉食動物なので、タンパク質が大好物 。「だったら与えても大丈夫でしょう?」 と思うところですが、 アレルギーに注意!

・ 鶏肉
・豚肉
・牛肉
・ 赤身魚
・白身魚
・卵

など、様々なタンパク質が含まれていると、どれかが アレルギーになることがあります。

「 健康に良いから」と様々なタンパク質を 投入するのではなく 、なるべく 1つに絞りましょう 。

鳥のささみがおすすめ

おすすめの食材は、鳥のささみです。 低カロリー高タンパク質なので 、一般的にキャットフードにも積極的に利用されています。

シンプルに茹でて、与えるだけでも◎。

叩いて平らにしたささみを オーブンで焼いてから冷ますと、手作りジャーキーの出来上がりです。

ミキサーで 細かく刻んで、お団子にして茹でると おしゃれになって◎

鳥のささみひとつとっても いろんな与え方ができるので、工夫してみましょう。

6.猫にオススメの安全なおやつ


以下に紹介するおやつは、安全性に定評があります。

グリニーズ猫用

歯磨き効果が高いおやつとして有名です。米国獣医口腔衛生協議会の お墨付きをもらっているため、 信頼性の高さにも定評があります。

主原料は、100%自然素材を利用しているため、 アレルギーや添加物の心配はなし。

一粒あたり 1.5kcal以下 となっており 、総合栄養食の邪魔をしない点も魅力です。

複数の 味が 用意しているため、飼い猫の趣向に合わせて選べる点も◎。

ビルバック C.E.T.

フリーズドライの魚を主原料にした デンタルガムです。 猫好みの嗜好 に合わせているため 、食いつきの良さ に定評あり。高い 歯磨き効果を提供します。

ママクックフリーズドライ

高原但馬鶏を フリーズドライで瞬間冷凍させています。 栄養と旨味 が逃げていないため、 おやつとは思えない 鮮度の良さが魅力です。

主食の食いつきが悪い時に少し混ぜてあげるのも◎。

主原料の調達、加工、包装に至るまですべて国内製造なので、 外国産に 抵抗がある飼い主 にもオススメです。

7.まとめ

今回は、猫のおやつに焦点を当てましたが、いかがでしたでしょうか?与え過ぎは禁物なのが分かってもらえたと思います。

猫のおやつは手作りも簡単です。 健康を第一に考えてあげるのであれば、手作りにもトライしてみてください。



お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です