猫がおやつしか食べなくなる原因は!?そのリスクと対処法!

猫用のおやつは様々販売されています。色々購入して、飼い猫に与えている飼い主も多いことでしょう。

だけど与え過ぎは禁物です。おやつしか受け付けない体質になり、十分な栄養を摂取できなくなります。

その結果、大変なリスクを背負うことに…。

1.猫がおやつしか食べてくれない理由

偏食、ドライフード、鮮度、etc。猫がおやつしか食べてくれない理由は、以下です。

偏食

同じものばかり食べている偏食の人っていますよね?おやつばかり与えると、猫も同じ状態になります。

偏食の人は、栄養が偏り不健康になってしまいますが、それは猫も同じです。

総合的な栄養を摂取するためには、ドライフードが必要不可欠なので、おやつはドライフードの補助食として与えるようにしてください。

ドライフードの味が嫌い

ウェットフードとドライフードだとウエットフードの方によく食いつく傾向があります。

ウェットフードばかり与えているとドライフードの味が嫌いになるので、気をつけてください。

それは、おやつも同様です。

おやつはドライフードよりも濃い味に作られているため、おやつばかり与えているとドライフードが味気なく感じてしまいます。

ドライフードが受け付けなくなった場合は、おやつの量を減らしながら、ドライフードの製品を変えて、味を変更する試みをしてみましょう。

ドライフードに、おやつやウエットフードを少しだけ混ぜて与えるのも効果的です。

ドライフードの鮮度が落ちている

猫は、人間の6倍の嗅覚を持っていると言われており、匂いに敏感です。ドライフードの鮮度が落ちていると、すぐに気づきます。

そうすると、「ドライフード=美味しくない食べ物」と認識して、おやつばかり欲するようになるのです

ドライフードの鮮度がすぐ落ちる場合は、保存方法が良くないかもしれないので、見直してください。

訳あり品を購入する時は、賞味期限やパッケージ破れなどにも気を配りましょう。

2.猫がおやつしか食べてくれないリスク

肥満、栄養不足、猫がおやつしか食べなくなると、以下のようなリスクがあります。

肥満

おやつは、カロリーが高く作られている為、食べ過ぎると肥満になる人が多いです。それでは、猫も変わりません。

猫のおやつもカロリーが高いので、与え過ぎは禁物です。猫のおやつを選ぶ時は、なるべく低カロリーで高タンパクな物を選びましょう。

おすすめは、ささみを使ったおやつです。添加物も少なくて、猫お好みの栄養を存分に含んでいます。

ささみを使ったおやつは手作りも簡単なので、自宅で挑戦するのもありです。

ささみの筋を取って、薄く割いた後にオーブンで焼けば、手作りジャーキーが完成します。完全無添加で健康的です。

栄養不足

おやつで猫に必要な栄養を補給するのは不可能です。おやつばかり与えていると、間違いなく栄養不足になります。

特に、子猫のうちからおやつを与えるのは注意です。おやつしか受け付けなくなる確率が高くなり、成長に影響します。

十分な栄養を補給するためには、ドライフードが必要不可欠です。

ドライフードを受け付けない場合は、ウエットフードを与えるのも悪くないですが、できればドライフードを与えてください。

ウェットフードよりもドライフードの方が栄養価が高いからです。

ウェットフードが好みな場合は、ドライフードと混ぜて、少しずつウエットフードを抜きましょう。

偏食の原因

猫が偏食になる原因のほとんどは、おやつかウェットフードです。

前述しているように十分な栄養が補給できるのはドライフードしかありません。おやつの与え過ぎは、偏食不可避なので、気をつけてください。

3.主食と間食の違い

主食と間食の違いを理解していますか?ここを理解しておかないと、上手なおやつの与え方はできません。

主食

主食は、人間でいうところの3食にあたります。要するに、朝昼夜のご飯です。

猫は、1日3食与える必要はありません。ドライフードを1日2食与えていれば、猫に必要な栄養は十分取れます。

ウェットフードをメインに与えている場合は、2食だと足りないかもしれません。

だからといって、ウェットフードばかり与えるのはオススメできないので、なるべくドライフードと併用してください。

間食

おやつは、間食に食べるものを示します。人間でいうところの3時のおやつです。

人間だって、おやつを1日に何度も食べるのは良くないので、猫にあげるおやつも必要最小限でなくてはいけません。

1日に1回与えれば十分です。食間ではなく、食後に与えても構いません。

言うことを聞いた時に、ご褒美として与えるのもおすすめです。ご家庭に合わせたタイミングを見つけてください。

4.猫がおやつしか食べてくれないときの対処法

猫がおやつしか食べてくれない時は、以下の対処法を取りましょう。

おやつを我慢させる

おやつしか食べてくれないのであれば、おやつを我慢させます。

どうしてもお腹が空けば、今まで避けていたキャットフードも渋々食べるようになります。

キャットフードを食べるようになったからといって、すぐにおやつを解禁してはいけません。

たまのご褒美にあげるくらいに留めておきましょう。

ドライフードを食べやすくする

おやつを抜いてもなかなかドライフードを食べない場合は、以下の対策を取ってください。ドライフードが食べやすくなります。

砕く

ドライフードの1粒を細かく砕くと食べやすくなります。砕く時は、ハンマーやミキサーを使うと簡単です。

キャットフードは、砕き過ぎてはいけません。砕きすぎると噛まなくても丸呑みできるため、咀嚼力が低下します。

子猫やシニア猫に与える場合は、特に気をつけましょう。

ふやかす

キャットフードをふやかして、ウェットフードのような食感にする方法もあります。

ふやかす場合は、ぬるま湯を使いましょう。熱湯を使うと火傷してしまいます。

それだけではなく、キャットフードに含まれている栄養が熱で破壊されてしまうので、与えたところで意味がなくなってしまいます。

キャットフードをふやかした時のお湯は、飲ませてください。キャットフードの栄養がお湯に逃げているので、捨ててはいけません。

ふりかけ

猫用のふりかけが売られているので、それをドライフードにかけるのも効果的です。

魚や貝、肉など、特定の風味が強くなっているため食欲をそそります。しかし、かけ過ぎは禁物です。

製品パッケージに書かれている使用量を守りましょう。

猫の好みのドライフードに変える

与えているドライフードに食いつかない場合は、味が好みじゃないのかもしれません。

そういう場合は、別のドライフードに変更してみてください。それだけで簡単に食いつくことがあります。

猫は味の好みがうるさい動物です。動物肉が多めなのか?魚肉が多めなのか?なども影響するので、原材料のチェックもお忘れなく。

5.猫におやつを与えるときの注意点

カロリー、わがまま、etc。猫におやつを与える時は、以下の注意点を守ってください。

1日の量を守る(1日に必要な総カロリーの20%未満)

おやつは高カロリーなので、1日の量を守ってください。1日に必要な総カロリーの20%が目安です。

成猫が1日に必要なカロリーは、体重1kgあたり80kcalと言われています。仮に体重が3kgの場合は、1日240kcalということです。

つまり、3kgの猫に与える1日のおやつは、48kcal前後ということになります。

猫のわがままに付き合わない

猫は、味の好みがうるさくて、性格的にもわがままです。

おやつばかり与えていると、調子に乗って、おやつしか受け付けなくなります。

態度が横暴になり、トイレやシャンプー、病院などのしつけがいい加減になることも珍しくありません。

おやつの与えすぎが原因で、このようになっている場合は、おやつは団子厳禁!

猫がどんなに甘えたり、わがままな態度をとっても、厳しい態度で対応しましょう。

6.まとめ

猫におやつを与えすぎると、様々なデメリットがあることがわかりましたね。

しかし、きちんと適量を守っていれば、このようなデメリットは避けることができます。

おやつは絶対NGなものではありません。適切な量を把握して上手に与えてあげれば、飼い主とのコミュニケーションもアップします。



お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です