猫のおもちゃで人気はおやつ入りのボール?オススメを紹介!

猫の興味を引くおもちゃって様々販売されていて面白いですよね。

色々買い揃えるのも良いですが、すぐに興味を示さなくなってしまうものもあるため、なるべく無駄な買い物はしたくありません。

そこでオススメなのが、おやつボールです。

おやつはカロリーが多めなので太るのが気になりますが、おやつボールなら運動しながらの間食になるので太りにくいですよ。

1.猫におやつボールで遊ばせる目的

一人遊び、デンタルケア。おやつボールで遊ばせる目的は、いろいろあります。

一人遊びをしてもらう

猫は、一人遊びが大好きです。一人遊びをする理由は、諸説ありますが、その中の1つに狩りの練習があります。

野生の猫は、狩猟して生きているため、狩りのうまい下手は死活問題です。

現代の飼い猫にとって、狩猟は必須ではありませんが、先祖のDNAが引き継がれているため一人遊びをします。

おやつボールは、中におやつが入っているため、食事と遊びを同時にできるところが狩猟に似ているのです。

コミュニケーション

猫との仲を深めるためには、一緒に遊んであげることも大切です。そのコミュニケーションの一環として、おやつボールが役に立ちます。

猫とコミュニケーションをとるためには、おやつも重要です。おやつで気を引くことで、猫がリラックスして、飼い主に懐いてくれます。

デンタルケア

猫は、歯周病になりやすい動物です。歯周病が進行すると歯や顎の骨が溶ける場合もあるため、歯磨きは必ずやらなければなりません。

しかし、猫は歯磨きを嫌う傾向にあります。

そこで役に立つのが、デンタルケアに特化したおやつボールです。ボールに噛み付くことで、歯石を取り除いてくれます。

おやつボールの中に硬いおやつを入れておけば、それをガリガリ噛んだ際に、歯石を取り除く効果も期待できるのです。

歯磨きのしつけがうまくいかない時は、ぜひ利用してみてください。

2.猫がおやつボールで遊ぶメリット

留守番、運動不足。猫がおやつボールで遊ぶメリットをまとめました。

運動不足の解消

昔の飼い猫は、外を自由に歩いていたため、運動不足になることはありませんでした。

その一方で、現代の飼い猫は室内飼いがメインなので、運動不足になりがちです。そのため、肥満になる猫が増えています。

そこで、おやつボールの出番です。遊びながらカロリー消費できるだけでなく、療法食に食いつく効果も期待できます。

肥満気味の猫は療法食を与えなければいけないのですが、味気ない食事が多いため、なかなか食いつきません。

しかし、おやつボールで遊ばせてお腹を空かせておけば、食いつくようになるのです。

留守番

お留守番している時は、猫も退屈です。寂しさからストレスをためることもあります。

それを解消させるために、おやつボールを利用するのです。おやつボールがあれば、いつまでも一人遊びして、退屈しません。

夜に寂しくて泣く猫のしつけ

夜に寂しくなって泣く猫もいます。

飼い主が家にいるときはかまってあげても構いませんが、飼い主も寝ないといけないので、いつまでも構うわけにはいきません。

夜に留守番させている時は、鳴き声が近所迷惑になる可能性もあるため、しつける必要があります。

そこでおやつボールの出番です。おやつボールで一人遊びすれば、寂しさも解消されます。

3.猫はおやつボールを使ってくれるのか?

おやつボールに様々なメリットがあることがわかりましたが、気になるのは「そんなにおやつボールに興味を示すのか?」ということです。

猫にも好みがありますから、興味を示さない場合もあるかもしれません。しかし、それは稀なケースでしょう。

猫は音がするものや動くものを追いかける習性があります。これは、野生の猫も現代の猫も変わりません。

きっと、おやつボールで遊んでくれるはずです。しかし、猫は飽き性な一面もあるため、長続きするとは限りません。

おやつボールに飽きてしまった場合は、場合は別のおもちゃを使ってみましょう。

4.猫が好んでくれるおやつボールの特徴

おやつの匂い、音が鳴る。猫が好むおやつボールの特徴をまとめました。おやつボールを購入する際の参考にしてください。

おやつの匂いがわかるおもちゃ

猫の嗅覚は優れているため、おやつの匂いが分かるおもちゃに強い興味を示します。

おやつボールに小さい穴が開いているタイプは、匂いを強く感じられるのでおすすめです。

おやつが手に入る仕組みが単純のおもちゃ

ボールの中におやつが見えていれば、猫は「どうにかして手に入れよう!」と、一生懸命遊びます。

しかし、なかなかおやつが出てこないとなれば、飽きてしまうのは時間の問題です。

そんなことにならないように、転がせば簡単におやつが出てくるおやつボールを選んでください。

音が鳴るおもちゃ

猫は、音がなるものに興味を示すため、音が鳴るおもちゃでよく遊びます。

ただし、大きな音が出るおもちゃは注意です。

夜中に遊ばせると飼い主が寝不足になる可能性があります。近所迷惑になり、トラブルになる可能性も否めません。

夜中だけは、音が鳴りにくいおもちゃに変更した方が良いかも?

自動で動くおもちゃ

飼い主が、リモコン操作して動かすおもちゃがあります。

猫が強い興味を示すため、おすすめのおもちゃなのですが、留守番には向いていません。

そこでオススメなのが、自動で動くおもちゃです。このタイプのおもちゃは、センサーで動くようになっているため、留守中の一人遊びに向いています。

狩猟をしている気分になれるので、猫の本能をくすぐるおもちゃです。

5.猫にオススメのおやつボール

猫におすすめのおやつボールをまとめました。購入を検討している方は、参考にしてください。

プチトリートボール

おやつやキャットフードをボールの中に入れて、取り出そうとして遊ばせるおもちゃです。

転がすと比較的簡単におやつが出るようになっているため、猫を飽きさせずに遊ばせることができます。

耐久性に優れているため、肥満気味の猫が乗っかっても大丈夫!強めにかじっても簡単には壊れません。

じゃれ猫おいしく遊ぼーる

柔らかい素材で作られているため、フローリングで使っても大きな音が出ないのが魅力です。

ご近所への配慮もバッチリ!静音性を最重視するなら、おすすめのおもちゃとなっています。

転がした時に出てくるおやつの量を調整できるのもポイントです。入れているおやつが簡単に全て出てきてしまうと、それはそれで飽きてしまうので、程よい調整を見つけて長く遊ばせましょう

6.まとめ

今回は、猫のおもちゃのひとつとして、おやつボールを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

とてもユニークな商品でしたね!単に猫におやつを与えるよりも、こちらの方が楽しそうで良いかもしれません。

おもちゃボールはおしゃれなデザインが多数販売されており、インテリア性も抜群です。

お部屋の景観を崩さないため、購入しやすい点もメリットとなっています。そのまま購入すると楽しいですよ。

おもちゃボールを導入する際は、使う場所が安全か確認してください。

夢中で転がしているうちに、家具や壁にぶつかってしまいます。階段から落っこちて、骨折するリスクもゼロではありません。

このような点に気を付けておけば、おやつボールは楽しいアイテムになるでしょう。

今まで使ったことのない方は、検討してみてはいかがでしょうか?

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です