猫におやつのあげすぎは要注意!?食べすぎてしまう危険性!

猫におやつを与えることは悪いことではありません。しかし、与えすぎると危険です。

肥満や偏食の可能性が高いため、ほどほどにしなければいけません。

となると、どれくらいの量が良いのか判断が難しいところ。今回の記事を通して、猫に与えるおやつの知識を深めてください。

1.猫におやつをあげすぎる危険性



猫におやつを与え過ぎると肥満や偏食になるリスクがあります。

偏食する

偏食とは、偏った食事生活になり、栄養が偏ることを言います。おやつばかり与えていると、その味が癖になり、好き嫌いするようになるのです。

その結果、主食であるキャットフードを受け付けなくなります。それについては後述しましょう。

肥満になる

人間が口にするおやつは、甘く作られているため、糖質が多め。食べ過ぎると肥満になります。

それは、猫のおやつも同じです。暇は猫にとって重要なトラブルなので、避けなければなりません。

猫の肥満については、詳しく後述します。

主食を食べなくなる

猫の主食は、あくまでもキャットフードであるべきです。ウェットフードよりもドライフードをメインに与えてください。

ドライフードは栄養バランスに優れているため、これさえ食べていれば、猫の健康が悪くなることは原則ありません。

ところが、おやつばかり与えていると、その味に慣れてしまい、キャットフードを食べなくなります。

おやつは毎日与えるのではなく、何日かに一度与える程度が丁度良いです。


2.特に猫の肥満に注意



前述した注意点の中で、特に気をつけなければならないのは肥満です。

昔の猫のは、外で放し飼いするのが通常だったため、よく運動していましたが、今の猫は室内飼いが基本なので、ほとんど運動しません。

今の猫のダイエットが苦手なので、気をつけてください。

もし、肥満になってしまった場合は、飼い主の独断でダイエットさせるのはやめましょう。

猫の栄養摂取を考慮しながらダイエットさせないといけないので、闇雲に食事の量を減らせば良いわけではありません。

医師の指示に従って、療法食を与えるようにしてください。

3.猫におやつをあげすぎないための対策<

前述したように、おやつの与え過ぎは猫に害を与える可能性があるので、あげるべきではありません。

しかし、全く与えないのも可愛そうです。おやつを与えすぎないための対策を知っていれば、与えても構いません。

おやつの給与量を守る

おやつのパッケージに記載されている給与量を必ず守ってください。

ちゃんと確認していない飼い主って、意外と多いですよね?でもそれはナンセンス!守らなければいけません。

それとは別に、飼い主によるカロリー計算も行えるとベストです。

1日あたりのおやつの摂取カロリーは、猫が1日に必要な摂取カロリーの20%以内に納めるべきだと言われています。

健康的な成猫は、1日に必要な摂取カロリーは、体重1kgに対して80kcal程度です。

体重3kg前後の成猫が、1日に必要な摂取カロリーは、240kcalになります。

それの20%が猫に与える1日のおやつカロリーです。つまり、48kcal以内ということになります。

ただし、この計算は健康的な猫の場合です。年齢や体格、運動量で摂取カロリーは変わるので、この限りではありません。

状態に合わせて調整しましょう。判断がむずかしい場合は、病院で相談を。

嗜好性が強すぎるものを与えない

猫は、好き嫌いの嗜好性が強くて、食いつくおやつもあれば食いつかないおやつもあります。

飼い主からすると、よく食いつくおやつを与えたいところですが、与え過ぎは禁物!そればかり食べるようになり、偏食に陥ります。

猫のわがままに応えない

猫は、犬ほど飼い主に忠実ではありません。

自己中心的でワガママな一面が強いため、トイレやご飯のしつけを守らなくなるなどの態度を見せることがあります。

こういう時におやつを与えてはいけません。自分勝手に振る舞ってもおやつをもらえると思ってしまいます。わがままを見せるようになってきたら、おやつはストップしましょう。

4.猫がおやつを欲しがったときの対応

おやつの与え過ぎは禁物ですが、猫が擦り寄っておやつを欲しがってきた時は、飼い主が甘くなってしまう瞬間です。

だけど、そこで我慢!猫がおやつを欲しがった時には、次の対応を取ってください。

無視する

決しておやつを与えてはいけません。心を鬼にして無視しましょう。

だけど「無視するのは可哀想」と思う場合も多いと思います。そういう場合は、おやつをあげるのではなく、かまってあげてください。

一緒に遊んであげるなどすることで、おやつへの興味をそらすことができます。

5.猫の正しいおやつの与え方

猫におやつを与える上手なタイミングがあります。それは、しつけやコミュニケーションです。詳しく説明しましょう。

しつけのためにあげる

猫は、犬ほど飼い主に忠実ではないですが、それでも多少のしつけは必要です。

例えば、トイレや一人遊び、シャンプーなどが挙げられます。猫のしつけがうまくいかない場合は、おやつを使うのが効果的です。

上手にできた時だけおやつを与えると、言うことを聞くようになるので試してみてください。

コミュニケーションのために上げる

飼い猫が飼い主になつかない場合は、コミュニケーションが足りないのかもしれません。

もっとスキンシップを測って、なついてもらってください。その時におやつを使うと効果的です。

「おやつをくれる人」という認識を与えるだけではなく、飼い主の匂いをより強く覚えるようになります。

食欲不振の時にあげる

猫が食欲不振になった時は、それでも何か与えなければいけません。その時に、おやつを与えるのもありです。

しかし、おやつは栄養が偏りやすいため、積極的に与えるべきではありません。

なるべく、栄養過多にならないおやつを与えてください。

鶏ささみはローカロリー&高たんぱく質

おすすめは、鶏ささみを使ったおやつです。

鶏ささみはローカロリーなので、少し与えすぎたとしても太りません。そして、高タンパク質である点にも注目です。

猫に必要な栄養が様々ある中で、一番重要なのはタンパク質と言われています。

なぜなら、野生の猫は狩猟をして、生きた動物を食べ、動物性タンパク質を摂取しているからです。

ささみなら、食欲不振の猫でも、体作りのベースをサポートする事ができます。

無添加の手作りおやつに挑戦

おやつを購入する時に気をつけたいのは、添加物の有無です。

着色料や香料などが入っていると、発がん性のリスクがあります。

市販のおやつが心配な場合は、手作りしてみてください。一番簡単に作れるおやつは、鶏ささみのジャーキーです。

市販の鶏ささみを細く裂いて、オーブンでこんがり焼くだけ。

たったこれだけで、香ばしいササミジャーキーが完成します。是非試してみてください!

6.まとめ

いかがでしたでしょうか?猫の食いつきが良いおやつですが、与えすぎてはいけないことがわかりましたね。

しかし、絶対に与えてはならないわけではありません。今回紹介した注意点を押さえておけば、おやつは与えても大丈夫です。

カロリーや栄養が心配なら、最後に紹介したように、鶏ささみで手作りするのもおすすめ。

簡単に作れるので、挑戦してみてください。鶏ささみは、スーパーやコンビニで安価に購入できるため、お金もかかりません。

継続的に与えることを考えると、手作りの方がリーズナブルです♪

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です