キャットフードの療法食はどう選ぶ?おやつの上げすぎ注意!

飼い猫が可愛いがあまり、キャットフードやおやつを与え過ぎていませんか?

飼い猫の健康を保つためには適切な食事量でなければなりませんが、守るていない飼い主が多いようです。

飼い猫が体調を崩した時は、療法食を取って回復に向かわせてあげましょう。

療法食とは?

療法食とは何かピンと来ていない飼い主も多いと思うので、まずは療法食について説明したいと思います。

栄養バランスや有効成分が調整されている

療法食とは、食事療法として利用されるペットフードのことです。特定の病気に合わせた療法食が数多く販売されています。あくまでもペットフードなので、お薬ではありません。

病気治療や症状軽減が目的

前述したように、療法食は薬ではないため、療法食だけで病気を完治させるのは難しいです。あくまでも、症状軽減が目的となっています。

そのため、飼い猫の具合が悪いからといってむやみに療法食を選ぶのは危険です。

症状によってはお薬が必要になるので、療法食は獣医師の指導のもと使うようにしてください。

医師の診察がなくても購入できる

前述したように、療法食は獣医師の指導を仰ぐのが理想ですが、購入は獣医師の診察がなくてもできます。

あくまでもペットフードとして販売されているため、処方箋も不要です。

今まで意識していなかった飼い主は、ペットショップやホームセンターのキャットフード売り場をチェックしてみてください。

意外にも様々な種類が売られていてビックリしますよ。

療法食を利用するときの注意点

栄養過多、症状把握、etc。療法食を利用する際は以下の注意点を意識してください。

健康な猫に与えると栄養が偏ってしまう

療法食は、猫の病気の症状に合わせて適切な栄養調整がなされています。いわば、人間の病院食と同じです。

そのため、病気の猫にとっては健康的な栄養バランスでも、健康な猫にとっては栄養が足りなかったり偏る可能性があります。

「病気予防のために与えてはダメなの?」と思う飼い主もいるかもしれませんが、健康ならば与えてはいけません。

健康な猫に与えるキャットフードは、「総合栄養食」と記載されているものにしてください。

総合栄養食は、猫が日常で生活していく上で必要な栄養が総合的に配合されているキャットフードです。

病気予防として与えるのであれば、総合栄養食が適しています。

具体的な症状がわからなければ正しく与えることができない

腎臓、肝臓、心臓、お腹、糖尿病、アレルギーなど猫がかかる病気は様々あります。

療法食を与えようと思っている飼い主は、一度キャットフードのパッケージの裏をチェックしてみてください。病名が書かれているのが確認できるはずです。

療法食は、その病気に合わせた特定の栄養配合がされているので、療法食なら何を与えても良いわけではありません。

具体的な症状が判明してから与えなければならないのです。

「うちの子はよくお腹を壊すから、今回も同じだろう」と判断するのも気をつけましょう。

今回に限っては、別の病気を併発しているかもしれません。療法食を与える前に必ず、獣医師に診察してもらいましょう。

間食をすると栄養バランスが偏ってしまう

療法食を与える時に問題となるのが間食です。療法食中は、おやつNGとは限りません。

しかし、与えすぎると療法食で整えた栄養バランスが乱れてしまうため、調整は必要です。

おやつの有無や与えて良い量は獣医師と相談して決めてください。

「最近調子が良いから少し多めに与えても良いだろう」という飼い主の勝手な判断もNGです。

おやつの量を変更するタイミングも獣医師と相談しましょう。

療法食で解決できること

ここまで紹介してきたように、一言で療法食といってもその種類は多々あり、解決できる病気の症状は様々です。

療法食を利用すれば、次のような症状を改善できます。

・下部尿路疾患
・腎臓病
・肝臓病
・心臓病
・腹痛
・糖尿病
・食物アレルギー
・肥満
・歯石

いかがでしょうか?このように、療法食使用の目的は細分化されています。

肝臓病の軽減に、歯石用の療法食を使用しても意味がないのです。獣医師の判断を仰いで適切な療法食を選びましょう。

療法食の正しい選び方

ここからは、療法食の選び方をより詳しく解説していきます。一言で言えば「動物病院や獣医師の指示を仰ぐ」ことが最も重要です。

動物病院で処方、診察してもらう

飼い猫の体調が良くない場合は、必ず動物病院で診察してもらってください。

動物病院に行けば、獣医師が適切な疾患を導き出してくれます。その上で、医学的根拠に基づいた療法食を選択してくれるので安全性が高いです。

猫の年齢や体重に合わせた食事分量やおやつの分量、食いつきが悪い時の対処方法など、様々なアドバイスをしてくれるのも魅力となっています。

療法食と一緒にお薬を処方してくれることも多いため、回復に向かうスピードは早いです。

「一度、動物病院に通って診てもらったから、後は同じ療法食を与え続ければいいや」

「何度も通うと通院代もかさばるし」

などと思い、通院をやめてしまう飼い主がいますが、これは注意!

症状の変化に応じて、与える療法食を変更する可能性は十分考えられるので、必ず定期的に通うようにしてください。

かかりつけの獣医師の診察を受ける

定期的に通う動物病院は、毎回同じ動物病院にしましょう。動物病院にも人間と同じくカルテが存在しています。

同じ動物病院に通い続ければ、かかりつけの獣医師がカルテを見て診察してくれるため、完治が早いです。

いつも診ている症状と違う変化があればすぐに気付いてくれるため、その他の病気の併発も早期発見できます。

そうすると、それに見合った新しい療法食の提案やお薬の処方もしてくれるため、飼い猫の健康を適切に守ることができるのです。

子猫やシニア猫は、特に体調を崩しやすくて食事の分量調節が難しいため、コンスタントに通院するようにしましょう。

おすすめの療法食

次に紹介する療法食は、動物病院でもおすすめされることが多いです。特定の病気に特化した栄養価が高いだけではなく、原材料の品質にもこだわっています。

ドクターズケア

ドクターズケアは、動物病院専用に開発されたキャットフードなので信頼度が高いです。

開発における全ての工程を国内工場で行なっており、着色料や合成酸化防止剤を使わない製造にこだわっています。

天然の甘み成分を配合しているため、通常食と変わらない食いつきがあるのもポイントです。

ヒルズ

ペットフード業界の2大メーカーと言われている「ヒルズ」は、世界で初めて療法食を開発したメーカーです(ちなみにもう1つは、後述するロイヤルカナン)。

猫の食いつきを良くするために、ウエットフードにも注力しており、多くのリピーターを獲得しています。

ヒルズの猫用療法食は、一般のお店で購入できるものと、動物病院専用のものに分かれているのが特徴です。

ロイヤルカナン

ロイヤルカナンは、ヒルズと並ぶペットフードメーカーの大手です。信頼の高さから、動物病院でも推奨されています。

ペットショップ用、動物病院用、ブリーダー用など様々なキャットフードに着手しており、療法食の品質にも定評ありです。

まとめ

今回は、療法食としてのキャットフードに焦点を当てましたがいかがでしたでしょうか?

療法食で病気を完治できるとは限らないもの、今まで通りの食事を与えるよりも、完治のスピードは速くなります。

療法食を与える際は、動物病院で獣医師の指示を仰いで適切な与え方をしてくださいね。

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です