猫が可愛いのはなぜなのか?愛される理由と魅力の秘密に迫る!

プレミアフード”モグニャン”購入は↓↓↓

猫が可愛いのはなぜ?

日本人にとって、犬と並んで最も身近な動物である猫。ペットとして飼っている人も多いと思います。しかし、猫はなんでこんなにも可愛いのでしょうか?猫の可愛さ、その秘密に迫ります。

猫の目

猫に見つめられるとつい、何でも言うことを聞いてあげたくなってしまいますよね。私たちはそんな猫の目のどこに魅力を感じているのでしょうか。

まん丸な目

猫の目はビー玉のようにまん丸で、見ているとつい惹きつけられてしまいます。また、目から猫の気分を読み取ることもできます。気分の良いときは、満足げに目を細め微笑むような表情をしています。

また、眠いときには、垂れ目のようになり今にも溶けてしまいそうな目をします。眠気が増すと、瞬膜というものが目を覆うのですが、それが白目をむいているようなのでつい笑ってしまうかもしれません。そして、興味を引くものを見つけたときには、目を膨らましたり、細くしたりしてピントを合わせようとし、音が出る方向に頭を動かして探します。その様子も非常に愛らしいです。

魅力的な色

猫には品種やその成長過程位によって、様々な種類の目の色がありますがどれも魅力的な色をしています。ほとんどの子猫の目の色は、キトンブルー(kitten=子猫)と呼ばれる綺麗な青色をしています。成長後は大きく青、緑、黄、褐色に分類され、その中にも細かい色の違いが存在します。

また、左右の色が違うオッドアイは猫によく見られる遺伝子異常です。日本では古来より「金目銀目」と呼ばれ縁起が良いとされてきました。

猫の肉球

猫の代名詞とも言える肉球ですが、人間は肉球のどこに惹かれるのでしょうか。

その柔らかさ

肉球といえば、その特徴的な柔らかさがまず始めに挙げられるのではないでしょうか。あの、プニプニした独特の感触が病みつきという人も多いともいます。しかし、あの肉球が一体なんなのか、知らない人が大半だと思います。

肉球の正式名称は、蹠球(しょきゅう)といい、脂肪および弾性繊維でできています。年齢や環境で柔らかさは変化し、生後間もない子猫の肉球はとても柔らかく、年齢を重ねていくことで硬くなります。実はそんな肉球は多くの機能を備えていて、猫になくてはならないものなんです。

まず、肉球には獲物に気づかれないように接近するための足音を消す効果があります。また、高所から飛び降りる際に衝撃を吸収したり、滑り止めをする役割も担っています。そして、よく猫が自分の顔を手入れしているところを見かけると思いますが、肉球を舐めて湿らせブラシ代わりにしているのです。このように、猫と肉球は切っても切れない関係なんですね。

肉球の特徴といえばその柔らかさもそうですが、あの綺麗なピンク色も特徴の一つでしょう。しかし、肉球の色も様々なバリエーションがあります。色は毛の色と関連があり、毛色が薄い個体は肉球の色も同じように薄くなり、濃い個体は肉球の色も濃くなるようです。

代表的な色はピンク、チョコレートのような黒、グレーです。たまにこれらの色が混在している猫もいます。あなたの好みは何色の肉球でしょうか?「この猫の肉球は何色だろう」と猫カフェなどで見てみるのも、また楽しいかもしれませんね。

猫の毛

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

猫といえばあの、もふもふとした毛。非常に手触りがよく、いつまでも触っていたいですよね。どうして猫の毛があんなにも気持ちいいのか知りたくはありませんか?

毛並み

秘密はその構造にあります。人間はひとつの毛包から1本の毛が生えますが、猫はひとつの毛包からオーバーコート、オーンヘア、アンダーコートという3種類もの毛が生えています。この3つの毛は、それぞれ役割を持っています。オーバーコートは直射日光などから皮膚を守る働き、オーンヘアは防水や紫外線のブロック、そしてアンダーコートは体を保温してくれます。この三層の毛があの、上質の毛布のような手触りを生んでいるのですね。

良い匂い

猫の体からする、あのなんともいえない良い匂い。ミルクやバターの匂いに似ているという人もいれば、天日干しした布団の匂いに似ているという人もいます。なぜ猫はこんなにも良い匂いがするのでしょうか。

まず前提として、猫はとても綺麗好きな動物です。彼らは暇さえあれば毛繕いをしています。また、元々体臭が少なく獣臭さはほとんど感じられません。

加えて、猫は日向ぼっこがとても好きです。日向ぼっこによって、臭いの原因になる皮膚の細菌やカビを退治し、毛並みをサラサラに保つことができています。また、猫にとって毛繕いは体調のバロメーターにもなっています。毛並みが悪くなったなと感じたら、動物病院で相談したり、キャットフードを変えてみることをお勧めします。

猫の鳴き声

猫は鳴き声も可愛いらしいですよね。実はあの鳴き声は、鳴き方によって猫が人間に伝えたいことが異なります。驚きですよね。朝に短い声で鳴いているときはおはようと、訴えるように鳴くときはエサが欲しいときや構って欲しいとき、また長めに可愛らしく鳴くときは甘えているときなど、鳴き声を使い分けて自らの感情を表現しています。

そのため、よく鳴く猫は甘えたがり、あまり鳴かない猫は飼い主に依存しない傾向があるとされています。また、猫は撫でられるとゴロゴロという音を発します。この音は安心しているときや満足しているときなど、リラックスしているときに出る音のようです。

そして、興味深いのは、この周波数には人間の赤ちゃんの泣き声と共通点があることです。赤ちゃんも不快を感じた時に泣きますが、人はそれを聞いて「何か世話をしてあげないと」と思います。そのため、猫が発するゴロゴロに対しても、無意識に人は世話をしてやりたいという気持ちになるそうです。

猫のボディの柔らかさ

持ち上げると、指の隙間からこぼれ落ちそうになるほど柔らかい猫の体。いつまでも触っていたいくらい気持ちいいですよね。それではなぜ、猫はこれほどまでに柔らかいのでしょうか。それは、その独特な骨格構造にあります。猫の骨格構造は240個ものパーツから成っています。

これは、比較的柔らかい動きのできる動物である人間の200個よりさらに多いです。また、鎖骨が小さく他の骨に繋がっていないため、猫は頭が入ればどんな隙間にも入ることができます。そして、野生にいた時は完全肉所動物であったため草食動物と比べて腸が短く、それゆえに脊柱が内臓を支える必要性が低いため非常に柔らかい構造になっています。

さらに、猫は内臓を体内で移動させることができます。これらの柔らかな骨格構造や内臓移動によって、あの固体とは思えないほどの柔らかなボディを実現しているのです。


まとめ

ここまで猫のあふれんばかりの魅力と、なぜそこまでに可愛いのかについての理由について書いてきましたが、いかがだったでしょうか。今までは、「犬か猫のどっちを飼おうか」と悩んでいた方も、これで一気に猫派になったのでは?ぜひ次の休日にでもペットショップに遊びに行ってみてくださいね!

プレミアフード”モグニャン”購入は↓↓↓

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です