猫が首輪を嫌がる時はどうすれば良い?嫌がる理由と解決方法!

プレミアフード”モグニャン”購入は↓↓↓

猫を飼う際に、目印になる、鈴の音で居場所を確認できるという理由で、猫に首輪をつけてあげたいと考えている人はいるでしょう。しかし、首輪をつけることを嫌がってしまう猫は少なくないです。特に、子猫のうちに首輪に慣れることができなかった猫はなかなかつけてくれるようにはなりません。

この記事では、猫が首輪を嫌がってしまう理由、その際の対処法を詳しく説明していくので、お困りの飼い主さんは参考にしてみてください。

猫に首輪は必要なのか?

そもそも、なぜ猫に首輪をつけているのでしょうか。理由を考えることもなく、猫にストレスをかけることはしてはいけません。

猫が首輪を着用するメリット

猫の目印になる

猫は行動範囲が広いので、よく脱走してしまう動物です。自分はその子が飼い猫だとわかったとしても、飼い主以外は誰の猫なのか判断することはできないです。しかし、首輪をつけていれば、目印にして捜索を協力してもらうこともできます。

猫の居場所を確認できる

鈴などの音がなるものが付いている首輪を付けていれば、猫がどこにいるのかを把握することができます。特に、猫は足音がしない動物なので他の音を頼りにしなければ見つけるのが難しいです。

猫の首輪着用はメリットばかりではない

ここまで、首輪を着用することのメリットをご紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。猫はとても繊細な動物であるため、首をの着用を嫌がり、それがストレスとなってしまうこともあります。以下、猫が首輪を嫌がる理由を詳しく説明してきます。

猫が首輪を嫌がる理由

慣れない異物に恐怖を感じる

人間も慣れないものにはストレスを感じてしまうでしょう。猫も同様に、いきなり慣れない首輪を身につけなければいけなくなると窮屈に感じてしまいます。なので、慣れるまでには多少の時間が必要になります。また、歳を取れば取るほど異物への慣れは遅くなってしまいます。首輪の着用を考えている場合は、子猫のうちにつけてあげるようにしましょう。

首輪が合わなくて痛みや痒みがある

首輪のサイズや素材と合っていないと嫌味や痒みがある場合があります。当たり前ですが、痛みや痒みがあるものを着用することはストレスとなるので、嫌がってしまいます。

首輪が重い

デザインや装飾が凝った首輪を選んでしまうと重量が重くなり猫のストレスになる場合があります。特に、子猫のうちは筋力もないため、シンプルで軽いものを選ぶと良いでしょう。首輪を着用する目的は、”目印”、”居場所確認”であること踏まえて、猫にあったものを選ぶようにしましょう。

鈴などの音を不快に感じる

猫の聴覚は人間の数万倍優れていると言われています。人間が軽い雑音と感じるような音でも猫にとっては耳障りになることもあります。特に、金属音を嫌ってしまう猫は多いようです。猫が音を嫌がっている場合は、別の方法で居場所確認をするか、柔らかい音がなる素材のものを着用させるようにしましょう。

猫が首輪を嫌がって外そうとする行動

猫が首輪を外そうとする行動には3つあります。場合によっては、危険な事故に繋がることもあるので注意が必要です。

①首を振って首輪を外そうとする

首輪を異物だと感じた猫は、まず振り落とすために首を激しく振り回します。繰り返し行われると、首輪との摩擦で皮膚が炎症を起こし、皮膚病となってしまうリスクがあります。

②足で引っ掻いて首輪を外そうとする

猫は首輪を振り落とすことができないことに気づくと、抜き落とそうとします。抜き落とす方法の一つとして、足で引っ掻いて外そうとするでしょう。ただ、首輪は外れることはないので、引っかき傷ができたり、首輪との摩擦で皮膚病になってしまうリスクがあります。

③口を開けて首輪を外そうとする

首輪を抜き落とすもう一つの方法として、頭から抜き取ろうとします。その際に、口を大きく開けて抜き取ろうとするため、首輪が口に引っかかり猿轡状態になってしまうリスクがあります。猿轡状態になった猫は、呼吸困難や窒息死といったリスクがあります。さらに、運よく呼吸ができる状態であったとしても、猫はパニック状態になり暴れてしまう可能性があります。

このように、首輪で猿轡になってしまうのは大変危険です。飼い猫が口を開けて首輪を外そうとする行動をしている場合は、すぐに対処するようにしましょう。

猫が首輪に嫌がる時の対処法

猫は首輪に慣れるまでに時間がかかってしまいます。首輪に慣れてもらうための方法をいくつかご紹介します。

①色々な種類の首輪を試してもらう

首輪を嫌がる理由は様々なので、色々な種類の首輪を試してお気に入りのものを着用させてあげましょう。考慮しなければいけないポイントは、素材、重さ、音などです。同じ首輪で慣れるまで長時間かかったけれど、首輪自体を別のものに変えてあげるだけで着用してくれる場合もあります。

②着脱を繰り返す

首輪の着用時間が短時間であれば我慢できる猫もいます。なので、慣れるまでは数時間おきに着脱を繰り返すなどしてあげましょう。繰り返すうちに我慢できる時間も伸びていくと思います。

③着用時に褒めてあげる

猫のしつけで褒めてあげることはすごく重要です。慣れないことでも、褒めてもらえると思うだけで我慢することができます。なので、長時間の着用を我慢できた場合は、ご褒美におやつをあげたり、一緒に遊ぶ時間を作ってあげましょう

④首回りにゆとりをもたせてあげる

首回りにゆとりがないと、摩擦による痛みや、通気性が悪くなり痒みが発症したりします。ただし、ゆるくしすぎて何かに引っ掛かるなどの事故の原因となるので、丁度良いサイズ感で首輪をしてあげましょう。

猫の首輪のオススメポイント

首輪選びで悩んでしまっている人は以下ポイントを抑えた首輪を選ぶようにしましょう。

名前の記入できるもの

飼い猫も外に出てしまえば、野良猫と区別をすることが難しいです。名前が書いてあれば、誰でも飼い猫であることを判断することができるでしょう。そうすることで、行方不明になった時に保護してもらえる可能性があがります。

飼い主の連絡先が記入できるもの

首輪に飼い主の住所が書いてあれば、保護した人もすぐに飼い主の元へ届けることができます。行方不明になってしまった時に最短で見つけるためにも首輪に連絡先の記入は必要でしょう。

猫の負担が少ないもの

デザイン重視の首輪は猫に嫌われます。最近ではインスタ映えのために装飾の凝ったデザインのものが販売されていますが、普段使いの首輪としては向いていません。日常的に身につける首輪は、デザインよりも機能性で選ぶようにしましょう。

鈴の取り外しができるもの

猫にとって首輪の負担は重みや窮屈さだけではありません。首輪についている鈴の音もストレスとなります。慣れるまでは外すことができるように、取り外し可能のものを選ぶようにしましょう。

セーフティーバックルのもの

セーフティーバックルとは、一定以上の力が加わった時に外れる仕組みになっているバックルのことです。例えば、高いところから飛び降りる時に首輪が何かに引っ掛かって宙吊りになってしまうリスクを防ぐことができるので安全です。

シュシュ素材のもの

シュシュのように柔らかいゴム素材のものであれば、摩擦による首へのダメージも柔らげることができて、何かに引っ掛かった時でも、ゴムを伸ばして猫自身で取り外すことができます。

猫の首輪は子猫のうちからつけてもらおう

子猫のうちから首輪を着用させるのはかわいそうと考える人もいますが、逆で子猫のうちから着用させてあげる方がストレスなく首輪に慣れてもらうことができます。ただし、子猫の体は敏感であることは確かなので、より注意をして首輪をつけるようにしてあげましょう。

猫の首輪に鈴をつけると嫌がってしまう…

首輪をつける目的の一つに、鈴の音で居場所を確認することがあると思います。ただ、最初から首輪に締め付けられて、耳元で騒音がなるとなると猫にとっては大きなストレスとなります。そのような場合は、鈴と首輪を取り外せるものを用意してあげましょう。まずは、首輪をつけること自体に慣れてもらい、その後に鈴をつけてもらうなど、順を追って慣れてもらうことで猫へのストレスも少なくなるでしょう。

まとめ

猫に首輪は必要なのか説明していきました。首輪を嫌がる猫に困っている人は少しでも役に立つ情報を入手することができましたでしょうか。猫はとても繊細な動物なので、慎重に扱ってあげましょう。

プレミアフード”モグニャン”購入は↓↓↓

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です