猫にアルコールは死に至る!アルコール消毒も危険!?

プレミアフード”モグニャン”購入は↓↓↓

自分の猫が臭い!?アルコールで消臭しても良い?

特に、室内で猫を飼っている人にとっては、猫の臭いは気になりますよね。猫独特のあの匂いは「猫の体臭」と「トイレの臭い」に分かれます。そんな時はどんな対処方法があるのでしょうか?見ていきましょう!

猫とアルコールは相性が悪いです。時には死にも繋がってしまいます。猫にとってアルコールは猛毒なので気をつけましょう。それでは、どの程度のアルコールが猫にとって猛毒になってしまうのでしょうか。消毒用エタノールは大丈夫なのでしょうか?結論から言いますと、猫に直接吹きかけなければ大丈夫です。エタノールには雑菌を除去してくれる成分が含まれており、トイレ掃除には効果的な薬品です。ただ猫は少量のアルコールを舐めてしまってだけでも嘔吐してしまう生き物なので、くれぐれも気をつけてください。

家にあるもので簡単消臭

  • アルコールスプレー

エタノールには、「無水エタノール」と「消毒用エタノール」があります。その名の通り水をあまり含まない無水エタノールは、トイレ掃除というよりも、電化製品などの掃除に使われます。よって、トイレ掃除には消毒用エタノールの方が適しています。消臭効果のあるペット用のアルコールスプレーも売られていますので、掃除の際をそれを使うのも良いかもしれません。

  • お酢

お酢50mlと水200mlを薄めたものをかけてからアルコールを吹きかけるとさらに消臭効果が期待できます!ぜひ試して見てください。

猫がアルコールを誤飲!?絶対に与えてはいけない理由

動物にはアルコールに耐性がある動物とない動物がいます。日常的いアルコールを接収することがある人間は耐性がある動物に分類されます。また、人間以外にもアルコールを摂取できる動物はたくさんいます。その例として、オオコウモリやハネオツパイはアルコールに耐性がある動物として有名で、実はお酒に非常に強いとも言われています。

それでは、なぜ動物にはお酒を飲んでも平気な部類と死に至ってしまう部類に分かれてしまうのでしょうか。それは体内のアルコールの消化構造の違いにあるのです。

人間にはアルコールを分解する成分があり、摂取したアルコールを最終的に無害に変えてくれる成分が存在します。一方、猫などのアルコール耐性がない動物は、このアルコールを分解してくれる成分が備えてついていないため、体内でアルコールが分解・消化できずに体内に止まってしまうのです。その体内に止まったアルコールは動物たちに中毒症状を引き起こし、最悪死に至らせてしまうのです。だからこそ動物にはアルコールを与えてはいけないのです。

お酒(アルコール)を飲んでしまうとどうなる?

猫にはアルコールを分解する成分がありません。そのためアルコールを飲んでしまうと、”心肺が働かなくなる ”嘔吐してしまう” ”嘔吐物・吐瀉物が喉等に詰まり窒息してしまう” ”昏睡状態に陥っていまう” ”意識を失ってしまう” ”異常行動を起こす” ”体が震える” などの症状が考えられます。いずれも、危険な状態です。少しでも飲んでしまったら、その段階でどんな症状でも元気に見えても、病院には必ず連れて行きましょう。

猫はお酒を飲むと酔う?お酒が強い猫もいるの?

先ほど述べた通り、猫にはアルコールを分解する機能がありません。以前、猫がお酒を飲んで酔っ払ったと言う動画を見たことがありますが、それは酔っ払っているのではありません。中毒症状が出ており、意識が朦朧としていたのです。

全ての猫にこのアルコールを分解する成分は備われていないので、もちろん猫によっては強い猫もいるなんてことはありません。全ての猫にとってアルコールは猛毒なのです。お酒に酔っ払っている猫は可愛い!なんて思わず、絶対にアルコールは与えないでください。

アルコール致死量

一般的に猫のアルコール致死量は ”体重1kgに対して5.6ml” と言われています。あくまでこれは致死量なので、この量より下だったら良いと言う問題ではありません。猫の体重によって致死量は変化しますが、いずれにせよアルコールは絶対に与えないでください。

消毒用エタノールは大丈夫?

アルコールにはエタノール、メタノール、プロパノールがありますが、基本的にお酒として飲まれているのはエタノールです。よって消毒用エタノールも誤飲してしまえば猫の命を奪ってしまう可能性があります。トイレ等の掃除で使う程度なら問題ありませんが、猫が誤飲しないように気をつけましょう。

万が一飲んでしまった時の対処法

もし、猫が誤ってアルコールを摂取してしまった場合は直ちに動物病院に連れて行きましょう。診断をなるべくスムーズにするためには、誤飲してしまったものを一緒に持っていくといいです。

また 、いつ、どこで、何を、どのように飲んでしまったのかもすぐに答えられるようにしましょう。病院では主に、胃洗浄や嘔吐をさせる薬を猫に投与してくれます。すぐに猫の体内からアルコールを取り除くことが大切なので、すぐに連れて行きましょう。また、誤飲の疑いがある場合も迷わずすぐに連れて行ってください。

そもそも猫はアルコールの臭いが嫌い!?

猫がアルコールに近づいたら逃げたとか威嚇したなんて情報もありますが、実は猫は本能的にアルコールの匂いが苦手な生き物の可能性があります。猫は刺激的なは全て毒と考えている可能性がありますので、アルコールのような刺激的な匂いを無意識のうちに毒と捉えて、嫌悪感を感じているのかもしれません。

ペット用ウェットティッシュを猫に使っても大丈夫?

確かにウエットティッシュにはアルコールが含まれていますが、とても微量です。そのため、そのウエットティッシュで拭いた後のものを猫が少し舐めるくらいだったら問題はないと考えて大丈夫だと思います。また、肉球など汚れている場所を拭くのも問題ないと思います。

猫白血病ウイルス感染症とは

人間にも感染症がある通り、猫にも感染症があります。そのうちワクチンで予防できる感染症と呼ばれているものは、「猫カリシウイルス感染症」「猫ウイルス性鼻気管炎」「クラミジア感染症」「猫白血病ウイルス感染症」などがあります。

しかし、ワクチンで予防できないものも存在しており、それが「猫エイズ」「猫伝染性腹膜炎」と言われています。猫白血病ウイルス感染症はその中でも、一度罹ってしまうとしまうと厄介な病気と言われおり、一度発病してしまうと完治することがなく死に至ってしまうと言われています。

感染や発病を防ぐためにも、ワクチンを欠かすことなく行いましょう。また、免疫力が低下している猫も感染しやすくなってしまいますので、猫を複数飼育していてまだ感染していない猫がいる場合は、あらゆる場所を丁寧にアルコール消毒することをオススメします。また、飼い主もしっかりと手を洗ったり除菌したりしましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は猫とアルコールの関係性についてまとめました。酔っ払っている猫は可愛いと思うなんて簡易な考えてアルコールを与えてはいけません!ただ、アルコール除菌など全てしないほうがいいという訳ではありませんので、そこまで敏感にならなくても大丈夫みたいです。自分が強制的に与えた場合ではなくても、誤って飲んでしまうこともありますので、飼い主の方は気をつけてください。

プレミアフード”モグニャン”購入は↓↓↓

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です