猫が電気コードを噛むと感電してしまう?噛む理由と効果的な対策方法!

プレミアフード”モグニャン”購入は↓↓↓

猫が電気コードを噛んでいる様子を放置していませんか?

猫に危険が及んだり、電化製品が壊れてしまうなど多くの危険性が潜んでいます。もし、猫の電気コードを噛むという行動を放置してしまっているのであれば今すぐに対策をしましょう。この記事では、猫が電気コードを噛んでしまう理由からその対策まで詳しく説明しているので参考にしてみてください。

猫は電気コードを噛むと危険?

猫が電気コードを噛むという行動にはどのような危険性が考えられるのでしょうか?

猫が感電する

まず、心配するべきことは愛猫のことでしょう。猫には電気コードを噛みちぎってしまう力が十分にあります。なので、電気が流れている導線の部分まで噛んでしまうと感電することがあります。一般的に、電気コードの導線部分は絶縁素材で保護されています。しかし、猫が保護部分を噛み続けることで剥がれてしまうことも十分に考えられます。

軽い感電の場合は、一時的な痺れや痛みで済みますが、重症になると火傷になったり、心肺停止にまでなる危険性もあります。また、感電直後は無事であっても後遺症として残ることも考えられます。万が一のことを考えて、動物病院へ連れて行ってあげるべきでしょう。

発火して火事になる

電気コードが脱線してショートすると発火する可能性があります。発火が原因で火事になることも考えられますので十分に注意が必要です。また、傷ついた電気コードを利用し続けることで後々、発火してしまうことも考えられます。

気づかないうちに傷がついていることもあるので、自宅で猫を飼っている場合は一度確認してみましょう。

電化製品が壊れる

猫が電気コードを噛みちぎってしまうと電化製品は利用できなくなります。しかし、噛みちぎるまでいかなくとも、傷がついている電化製品を利用し続けることが心配になる人もいるでしょう。そのような、心配をなくすためにも猫が電気コードを噛まないための対策は必要となります。

猫が電気コードを噛んでしまう理由

まずは、猫が電気コードを噛んでしまう理由を理解しましょう。思い当たる理由があるならば、飼い猫のためにも解決してあげましょう。

歯が痒いから

生後半年から1歳半くらいまでの子猫は、乳歯から永久歯に生え変わる時期なので歯がムズムズして痒くなります。すると、何かを噛んで痒さを紛らわせようとします。子猫のうちに電気コードを噛まないようにしつけをしなければ噛み癖となってしまうので注意が必要です。

噛み癖がついているから

上述した通り、子猫のうちに電気コードを噛む癖がついてしまうと成猫になってからも噛み癖が取れなくなってしまいます。大人になると噛む力も強くなってしまうので、電気コードを噛みちぎってしまう危険性もあります。

好奇心で噛んでしまう

猫は好奇心が強い動物です。特に、電気コードのように細長く、適度に硬い蛇のようなものを噛んで遊ぶことを好むようです。

ストレスが溜まっているから

猫はストレスの溜まりやすい動物です。飼い主が遊んであげなかったり、慣れない環境に移されたりするとストレスが溜まってしまいます。そして、そのようなストレスの捌け口となるのが電気コードを噛むという行為です。

このように、猫が電気コードを噛んでしまうのには様々な理由があります。それぞれの猫に応じた対策をしてあげましょう。

猫が電気コードを噛んでしまう対策

猫が電気コードを噛んでしまう場合の具体的に対策方法を紹介していくので、困っている方は参考にしてみてください。

根気強くしつけをする

猫は賢いので根気強くしつけをしてあげることで改善されます。特に、子猫の時期に電気コードは噛んではいけないことを教えてあげましょう。時には厳しくしつけて、正しいことをした時には褒めてあげることは、猫を飼う上でとても大切です。

電気コードにカバーをつける

まず考えられるのは、電気コードに保護カバーをつけてあげることです。市販の電気コードでは猫に噛みちぎられてしまうので、丈夫な素材でカバーしてあげましょう。

電気コードを固定する

猫が電気コードを好む理由の1つとして、おもちゃとして遊んでいることが考えられます。細くて硬い動く蛇のようなものは猫にとって、格好のおもちゃです。つまり、線が動かないように固定してあれば猫の興味も失われ、電気コードを噛むことも少なくなると思います。

猫が届かない所に配置する

そもそも、猫の目につくところになければ噛むこともなくなるでしょう。なので、電気コードを噛む心配は完全に排除したい人は猫が届かないところに電気コードを配置するようにしましょう。例えば、高所に固定するなどが考えられます。

猫の嫌いな匂いをつける

ペットショップなどに猫の嫌いな匂いのスプレーが売っています。猫のしつけ用に販売されているものなので、安心して使用することができます。電気コードにスプレーを振りまくだけで、電気コードを噛むことがなくなったということもよく聞きます。ただ、猫によっては効果がない場合もあるので一度、効果を試してみると良いでしょう。

使用していない時は片付ける

手間にはなりますが、愛猫のことを考えて電気コードを使用しないときは片付けるようにしましょう。猫のことを考えた結果、部屋を綺麗にすることができて一石二鳥となるかもしれませんよ。

もし、猫が感電してしまったら…?

万が一、猫が感電してしまったらどのように対処すれば良いのでしょうか?

まずはコンセントを抜く

猫が電気コードの近くでぐったりとしていたら感電の可能性を考えましょう。感電している猫に直接触れてしまうと、人間も感電してしまう危険性があります。なので、まずはコンセントを抜いて電源元を断ちましょう。

その後、ゴム手袋などの絶縁素材を利用して猫を電気コードから離してあげましょう。

動物病院へ連れていく

感電の疑いがある場合は、症状の大小にかかわらず、動物病院へ連れて行ってあげましょう。一時的に元気でも、後遺症として症状が発症することもあります。

まとめ

猫が電気コードを噛んでしまう理由、その対策についてまとめましたが参考になりましたでしょうか?

放置してしまっている飼い主さんはいますぐに対策してあげましょう。具体的な対策としては、危険性を除去することか、電気コードを噛まないようにしつけてあげるかのどちらかとなります。

猫と一緒に暮らすということは、自身の生活に色々な手間が伴うことになります。しかし、それは飼い主の責任となるのでしっかりと果たせるように務めましょう。猫が安心して暮らせる環境作りをしてあげましょう。

プレミアフード”モグニャン”購入は↓↓↓

お友達にシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です